魔法覚え書き

 身体強化など、魔法と同じ事ができるスキルもある。違いは詠唱するかどうか。ただしジュンとノルン、一部の特殊な存在のみ無詠唱ができる。
 魔法には基本的には詠唱が必要。詠唱では、まず自分の魔力を使用することを宣言し、何をするかの目的を宣言し、呪文名を唱えることが最低限必要。イメージできれば無詠唱できるってわけじゃない。

1.属性魔法
①火魔法
 火属性の魔法
②水魔法
 水属性の魔法
③土魔法
 土属性の魔法
④風魔法
 風属性の魔法
⑤海魔法
 海を操る魔法。大津波など
⑥木魔法
 ハイエルフの種族魔法で、木や森を操る魔法
⑦歌魔法
 人魚族の種族魔法で、歌によって様々な現象を引き起こす魔法
⑧空間魔法
 空間を操る魔法。転移、結界、封印、隠形魔法など。転移魔法は王宮筆頭魔術師など、国に数人しか仕えない。 
⑨回復魔法
 怪我や病気を治療する魔法
⑩神聖魔法
 呪いなどの浄化、神聖属性の魔法、祝福によるステータスアップ魔法など
⑪付与魔法
 物品に属性などを付与する魔法
⑫誓願魔法
 神に誓いを立てたことによって使役ができる魔法
 ※エストリア王国ゾディアックブレイブ騎士団の各隊長召喚がこれに当たる。この場合、魔力消費はないが、誓いの内容から外れると使用ができなくなる。意図的に誓いに反すれば神罰が落ちる。

※属性魔法は、火魔法+風魔法=火炎旋風のように複数属性持ちの人は混合することができる。

2.無属性魔法
①強化魔法
 身体強化を行う魔法
②無属性の攻撃魔法
 魔力弾マナバレット

3.精霊魔法
 精霊にお願いして発動する魔法で、主にエルフが用いる。魔力の消費は通常の魔法の半分以下。但し、別途、精霊との契約が必要。(この場合、召喚魔法ほどの試練は必要ない)
 ファイヤーアローなどを精霊魔法で発動した場合、目標までの誘導は精霊がしてくれるので、術者の制御が楽になる。

4.召喚魔法
 契約した存在を呼び出す魔法。召喚、使役に魔力が消費される。召喚した存在が魔法を使う場合も術者の魔力を必要とする。
 召喚できるのは、精霊、妖精、幻獣。
 現世に明確な肉体を持つ、明らかに肉体寄りの存在は召喚できない。

①精霊は
 火がサラマンデル
 水がウンディーネ
 土がノーム
 風がシルフ
 時がクロノ
 闇がアーテル
 光がメーテル
 ちなみに精霊は、システム上、世界を運営する存在で精霊王はいない。普段は裏世界ともいうべき精霊界にいる。個にして全、全にして個の存在。

②フェニックス・フェリシアについて
 フェリシアは神が創った世界唯一のガーディアン。神霊というべき存在。不老不死属性。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です