ヴァルガンド世界

ヴァルガンド世界地図

ヴァルガンド世界地図

え~っと、説明いりますよね?
第一章の舞台はエストリア王国アルです。
第二章の舞台はデウマキナ山の竜人族の町。
第三章の舞台は再びエストリア王国に戻り、フルール村。
第四章の舞台はエストリア王国ベルトニアからルーネシア。
第五章の舞台は機工王国アーク、そして、魔族自治区。
第六章の舞台はエストリア王国王都エストリアと、妖怪横丁。
第七章の舞台はゾヒテで、世界樹と大地のおへそなる大岩が舞台です。
 ※ここまででセレンを除く主要ヒロイン一人一人の背景に関わるストーリーが展開されました。
第八章の舞台は北の大国ウルクンツル帝国が舞台。
第九章では海底王国ミルラウスが舞台で、最後の主要ヒロインであるセレンが中心のストーリーとなる予定。

エストリア王国は魔法技術が高い国。筆頭騎士団はゾディアック・クルセイダーズ。
ウルクンツルは皇帝の治める国で軍事力が高いです。筆頭騎士団は、フェンリル・ブレイブ・ナイツ。
この両国の間にヴァージ大森林とデウマキナ山脈があります。この大森林と山脈は、妖精王と神竜王バハムートの庇護下にあり、国家による侵攻作戦は不可能となっています。
エストリア王家とウルクンツル帝国家の間で婚礼が行われ、両国間の関係は良好です。

機工王国アークは、機械技術が高い国でゴーレムや機械人形などがいます。筆頭騎士団は、アーク機工騎士団。魔導甲冑を着込んだ騎士団です。
アーク東部に魔族自治区があり、1000年前の人魔大戦後における協調派魔族が生活をしています。ちなみに諸国と戦った当時の筆頭魔族が魔王と呼ばれています。
グレートキャニオンって、おわかりでしょうが大峡谷です。

アークの南には大火山地帯を挟んで、ノーム大砂漠が広がっています。この大砂漠北部にあるポプリ王国を舞台にしているのが、別作品「君と歩く永遠の旅」の外伝です。

南海の大陸にあるゾヒテには世界樹があり、その世界樹を中心にハイエルフを首長にいただく六獣王による合議制が敷かれています。西部には聖なる川があり、そこに竜王が住んでいます。

地図上には書いてありませんが、天空を二つの島が飛んでおり、海底にはマーメイドたちの国ミルラウスがあります。
【2016.12】追加情報公開。天空を飛ぶ島は、1つはルネ。光の神殿があります。もう一つはテラス。幻獣たちが住んでいる島です。ルネは結界が張られ、起動も予測不能ですが、テラスは世界樹の上空を通過する軌道を取ります。
また世界最大の海溝アハティオーラなども訪れます。

流通通貨の単位はディールで、貨幣価値は実感が湧きにくいと困るので、概ね日本の東京と同程度のつもりです。ただし、武具など現実世界ではあり得ないものはこの限りではありません。

なかなか拙い小説ですが、この広い世界の旅を楽しみにしていただければ、ありがたいです。

“ヴァルガンド世界” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です