13 精霊の試練 3

「……なんだか、見ていて気分が悪くなるわね」
シアタールームで俺の隣に座っていたノルンが、吐き捨てるようにつぶやいた。
「ああ……。あれが過去の話だって事だが、人間の方がよっぽど黒いぜ」

 俺とノルンが会話をしている間に第二部の上映が終わり、部屋全体が少し明るくなっていく。
イスから立って、思い思いに伸びをして体をほぐしていると、スクリーンが再び明るくなり、時精霊のクロノが映し出された。
「お兄ちゃんたち。真実を見つめるってことは、そういうことだよ。いずれにしろ、今はもう変えることのできない過去の話だからね。……次のステージも頑張ってね。」
クロノの姿が消えると、前方のにふたたびドアが現れ、その隙間から光が漏れ出した。

 そう。クロノのいうとおり既に終わってしまった過去の話。一〇〇〇年前の人魔大戦の引き金となったエピソードなのだろう。
ミスリルの利権、ソロネとエクシアの悲劇……。そして、ヘレンそっくりなベアトリクス。運命に翻弄される人たち。

 俺たちは気を取り直してドアに向かった。

――――。
目の前にいくつもの踊り場がある。踊り場と踊り場ははしごでつながっており、踊り場にはいくつものドアが設置されている。
サクラがうんざりしたように、
「うっわぁ。もしかしなくても、あの中から正しいドアを見つけろってことですよね」
「たぶんそうだな。で、失敗したらトラップが発動するパターンだろうな」
「って、一〇〇枚くらいありますよね。……マスター。どうします?」
「開けまくるしかないだろ? 気配感知も無効になっているだろうから」
ため息をついたところでしょうがない。一つずつ開けるか……。

 一番近いところのドアの前に立つ。案の定、気配感知や魔力感知ではドアの向こうのようすはわからない。
「サクラ。罠はわかるか?」
サクラがドアを慎重に調べる。ドアの表面に手の平を当てて、神経を集中している。
目を開けて、
「……ダメですね。罠はないですが、このなかの様子はわからないです」
「やっぱりか。俺の気配感知でもわからない」
そうそう、うまくはいかないか……。
シエラが神竜の盾を構え、
「では予定通りですね」
と笑った。
みんなが打ち合わせ通りの位置についたのを確認してから、俺はドアの横に行く。振り返ってみんながうなづくのを確認してから、
「開けるぞ。3、2、1……」
カウントダウンしてから勢いよくドアを開けた。

 「うん?」
正面で盾を構えているシエラの変な声が聞こえる。見ると間抜けな表情をしていた。
そうっと開けたドアをのぞくと……。

 そこは浴室だった。床も壁も水色のタイルが貼ってある。
シャワーの音が聞こえる。浴槽でシャワーを浴びているのは……、女性型のブリキ人形だった。
「ふんふんふ~ん。…………うん?」
鼻歌を歌っていたブリキ人形が、ギギギと音を立てて振り返る。目が合うとそのままフリーズした。
「…………きゃー! ちかんよ!」
誰がだ! 
俺が怒鳴り返す前に、サクラが、
「失礼しましたぁ」
といってドアを閉めた。

 微妙な沈黙がただよう。
「今のなに?」
ノルンがつぶやいた。俺だって知らんよ。
もしかして、俺たちのやる気をそぐトラップの可能性は……、無いな。
サクラが、
「どうやら必ずしも危険なトラップでもないと。なら二手に分かれます?」
ときいてきた。
そうだな。さすがに一人ずつだと本当にトラップだった時にまずいが、二人ずつなら対処できるだろう。
「そうだな。じゃあ俺とノルン、サクラとシエラで行こう。何かあったら大声を出せよ。すぐに行くから――」

二手に分かれて、ばんばんとドアを開けて中を確認する。
ある部屋では、開けた瞬間に鉄砲水が飛び出してきたり、ミラーボールの回転するクラブになっていたり、はたまたブリキ人形の家になっていたりする。
倉庫では鋼鉄製のロングソードや動きをなめらかにする機械油を見つけたが、そのまま放置しておいた。
見た感じではサクラとシエラのペアも、問題もなく順調に調査を進めているようだ。
このままなら、それほど時間もかからないうちに、すべての部屋を調べることができるだろう。
次のドアを無造作に開く。熱気が俺の顔をぶわっと撫で、おどろいて中を確認すると、そこは劫火の燃えさかる部屋だった。巨大なファイヤーボールが飛んでくる。
やばっ! 気を抜きすぎたか。
けれどすぐさまノルンが、
「マナバリア!」
と魔法の障壁を展開する。ファイヤーボールが障壁にぶつかって四散していった。
即座にドアを閉めると、ノルンが、
「今のはちょっと危なかったわね」
「ありがとう。ノルン。ちょっと気を抜きすぎていたよ」
ノルンに礼を言うと、上の踊り場から、
「マスター! ちょっと来てください!」
と俺を呼ぶサクラの声が聞こえた。
ノルンと目を合わせてうなづく。いそいで上の踊り場に向かう。
踊り場にのぼると、一枚のドアがあいていて、そこでサクラが中を指さしていた。
「何があった?」
と言いながら近づいていき、部屋の中をのぞき込む。

 「む?」

 空っぽの部屋の真ん中に台座があり、そこにスイッチが見える。

 振り返るとサクラが、
「どうです? マスター」
とうなづく。……たしかにこのスイッチが、ドア出現のトリガーの可能性はあるな。
「あせるな。まだそうと決まったわけじゃないからな」
と言いながらもスイッチに近づいていく。
みんなが息をのんで俺の一挙手一投足に注目する。
「行くぞ」
一声かけてから、スイッチを押した。

 次の瞬間、ガラアァァンという音とともに、俺の頭にすさまじい衝撃が走った。脳天から体を貫く衝撃に思わず膝をつきそうになる。
俺の足元に転がったのは、大きな金属製のたらいだった。
ふたたび微妙な沈黙がただよう。

 「ドリフか?」
とタライを見下ろしながらつぶやくと、ノルンが、
「ドリフ?」
と聞き返してきたので、手を振って「いや。なんでもない」と答える。
俺たちの背後から、
「やった! ひっかかった!」
と声がして、複数の人物笑い声がする。
むっとしながら急いでドアから出ると、踊り場に三〇体ほどのブリキ人形が集まっていて、俺を指さして大笑いしている。
こめかみに青筋が浮かんでいるのがわかる。
俺は黙って両手に魔力を集めると、
「うらうらうらうら!」
とラッシュを放つ。拳の魔力が弾丸となってブリキ人形に襲いかかる。
次々にブリキ人形が踊り場から虚空に落ちていった。
「ププププ……」
なにも抵抗せずに、笑いながら落ちていくブリキ人形に、拳を握りしめて怒りを抑える。

 ドアから出てきたみんなが、気遣わしげに俺のそばにやってきて、たおやかな手で怒りに震える俺の拳を包むように握ってくれた。
ノルンが、
「落ち着いた? ……あなたのお陰で、ほら」
と言って指を指した先には、さっきまで無かったドアが現れていた。
俺は深呼吸を三度繰り返して、力を抜いて拳を開く。ドアを見据えて、
「どうやらここのステージもクリアのようだな」
というと、無造作にそのドアを開いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。