28 地竜王ガイア

 ノルンの叫ぶような念話が、あせる心を伝えてくれる。

 (ノルン! どうした!)
 (アーク軍が、何かに操られているかのように、押し寄せてきてるのよ!)
 (アーク軍が?)
 (とてもこっちにいる魔族の人たちでは守りきれないわ!)
 (わかった。俺たちも向かおう! ヘレンもいるし。……行くまでたのむぞ!)
 (急いで! お願い!)

 念話に集中して、黙り込んだ俺をみんなが見ている。
 「ジュン。ノルンでしょ? どうしたの?」
 ヘレンが心配そうに俺の顔をのぞきこむ。俺は、今の念話の内容を説明しようとしたが、先にティティスが口を開いた。
 「アーク軍が来たのね。魔族を滅ぼすために。……でも、どうやらおかしな具合になっているようね。狂死の天災ピレトに操られているわ。その数は……4万くらいかしら」
 すごいな、この人は。占いでそこまでわかるのか。
 「うぬぬ。妾の眷属を滅ぼすだと?」
 ゴスロリ少女、闇の精霊アーテルが怒りに拳を握る。こうしちゃいられない。直ぐに行かなきゃ。
 「ティティスの言うとおりだ。みんな。ノルンが待っている。……いくぞ!」
 俺が、ヘレン、サクラ、シエラの顔を見ると、みんなは真剣な顔をしていた。
 ヘレンが決意を込めた目をしている。

 「させないわ。今度こそ……守ってみせる。」

 そうか。今のヘレンはベアトリクスの記憶もあるのだろう。
 「よくぞ申した! ベアトリ……じゃなかった、ヘレンよ! 行くが良い!」
 アーテルが祭壇に上ると、ビシィッと神殿の出口を指さした。
 「アーテル様。ありがとうございました。今度こそ。止めてみせます」
 ヘレンがアーテルにお礼を言うと、続いてティティスにもお礼を言った。
 「ティティス。ここまでありがとう。もう行かなきゃいけないわ。また今度ね」
 「ええ。……また今度ね。ノルンにもよろしく」
 「わかったわ。……さあ、ジュン。行くわよ!」
 ヘレンに促され、俺たちは神殿の出口を目指して走りだした。

 廊下を走り抜け広間を通り抜ける。神殿の出口を飛び出した俺たちは、馬に飛び乗ろうとした。
 その時、一人の男性が立ちはだかる。
 「おっと。ちょっと待て」
 グレートキャニオンの谷底で出会ったガイさんだった。

 「ガイさん! こんなところでどうした? っていうか、急いで戻らなきゃいけない。止めないでくれ!」
 そういってガイさんの隣を通り抜けようとするが、ガイさんが俺の肩をつかんだ。

 「まあ待て。……そっちが、お前の探していた仲間か。運命は乗り越えたか……。よかったな」
 ガイさんはヘレンの方を見て大きくうなづいた。運命だと? なぜこの人がそれを知っているのだろう?
 俺の疑念をよそに、ガイさんは、
 「……状況はわかってる。任せろ。アーテルの奴にも頼まれてるしな。俺が送ってやろう」
 「ガイさん?……何を?」
 怪訝な顔をする俺たちをよそに、ガイさんは何も言わずに空を見上げた。
 ガイさんの体が光りに包まれ、みるみるうちに大きくなっていく。そして、そこには一匹の巨大なブラックドラゴンが現れた。
 「ドラゴン?」
 呆然とつぶやいたサクラの方を見ると、神殿の入り口に、いつの間にかアーテルとティティスがいるのが見えた。
 「地竜王ガイアよ。妾の眷属を頼むぞ」
 アーテルの呼びかけに、巨大なドラゴンが器用に右手を挙げた。
 「アーテルよ。一〇〇〇年前の悲劇を終わらそうぞ。……お前たち。私が地竜王ガイアだ。さっさと行くぞ!」
 めまぐるしく変化する状況に驚く間もなく、俺は、
 「ああ! 頼む。……俺たちをノルンのもとへ!」
 ガイアが右手を俺たちの頭上に掲げると、俺たちの体がそれぞれ光の球に包まれた。
 ガイアが谷間から大空へと飛び上がると、それに続いて光りに包まれた俺たちも空に浮かんでついていく。
 ガイアの大きな翼が風をきる。風が俺たちの周りで、びゅおおおおと音を立てる。
 ぐんぐんと空を翔けて、グレートキャニオンが眼下にものすごい勢いで通り過ぎていく。

 空を飛びながら、ガイアがシエラに話しかけた。
 「シエラよ。そなたはまだ弱い。その盾の力を完全に引き出せるようになったならば、再び我のところにくるのだ」
 「はい。ガイア様。必ずや」
 「よい返事だ。……どれ、一つそなたにも力を貸してやろうぞ」
 ガイアがそういった時、シエラの体が光り出した
 「あれ? 体が軽い?」
 「ふふふ。我の加護を加えておいた」
 「ありがとうございます。ガイア様」
 「だが油断するな。シエラよ。これから先の戦場で、いかに我の加護を与えようと、気を抜けば危険だ」

 シエラに向けたガイアの言葉だったが、俺たちもその言葉を聞いて、気を引き締める。
 そう、これから先の戦場には、狂死の天災ピレトがいる可能性が高い。奴のデスサイズは驚異だ。……そういえば、このテラブレイドならば切り結ぶことができるだろうか。
 不安を覚えつつも、俺たちの眼下には魔族の町が見えてきて、その向こうの荒野をわらわらとやってくるアーク軍が見えてきた。
 まるで軍隊アリの行軍のようだ。その進む先に……いた! 
 封印術式を解除し、光の衣をまとったノルンが俺たちを見上げていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。