26.中学校3年生 受験勉強

 中体連の夏の大会が終わった。

 俺たちの中学校は地区大会の準決勝まで行ったけど、そこで惜しくも敗れてしまった。春香たち女子のチームは2回戦敗退でおわった。

 俺も春香の声援に、3点シュートを量産したが、徹底的なマンマークを受けてしまってパスが通らなくなり、あと一歩のところで相手に及ばなかった。

 こうして俺たちの中学の夏は終わり、次は高校受験の勉強の日々となった。

 今は11月2日の夜。明日は文化の日で休日なので、俺と春香は、俺の家で合宿勉強をしている。……お泊りともいうが。

 タイムリープする前は、春香は地元の高校へ、俺は隣町の寮制高校へと進学した。思えばあれが俺と春香の分岐点だったんだ。だが、今回は春香と同じ地元の高校への進学を目指している。絶対に春香と離れるつもりはない。

 俺の部屋にテーブルを出して、それぞれ問題集をせっせとこなしている。すでに夕食を終えて交替で入浴した。春香はお泊まりの時のパジャマ姿になっている。どんどん体つきも女らしくなって、こうして一緒の部屋にいるとドキッとすることが多い。

 下を向いて一心に問題集を解いていた春香が、とある問題で手が止まり、ふっと顔を上げた。

「ねえ。夏樹。ここ教えて」

「どれどれ。……ああ、これはね。ここがこうなって……」

 春香にもわかるようにノートに順番に説明していると、春香がぐいっとのぞき込んで、

「うんうん。……うん。なるほど」

とつぶやいている。

 さらさらと揺れる髪に、シャンプーのいい香りがする。目の前の春香の顔がにこっと微笑んだ。

「わかった。ありがと」

 ……はっ! 思わず見とれてしまった。

 再び問題集に取りかかる春香を見て、俺も手元の数学の問題集に戻る。

 普段から一緒に予習と復習をやっていて、ノートの取り方も予習ノートと復習ノートに分け、復習ノートはコーネル・メソッドに俺流の変更を加えた書き方を教えてまとめている。そのお陰か、バスケ部でありつつ、春香の成績は上位をキープしていた。

 もっとも暗記物は限界があるようで苦労している。しかし、英語は必ず毎日音読してスピーチの訓練もしているから、土壇場では強いはず。将来の海外旅行が楽しみだ。

 時計を見ると夜の十一時だ。

「春香さ。ちょっと休憩にしないか?」

「うん」

 そう言って春香は問題集から顔を上げて時計を見る。「もう十一時かぁ」

 その手元の問題集は、おおよそ二分の一が終わったくらいだ。この調子だと一時頃までかかるだろう。

「下でコーヒーでも飲もうよ」

と俺は行って立ち上がり、春香に手を差し出す。春香は俺の手を取って立ち上がり、背を伸ばして「ふ~う」と大きく息をついて肩を回す。俺も肩をほぐして、部屋を出て階下の台所に向かった。

 薄暗い廊下を二人で静かに歩き、キッチンに入って電気のスイッチを押す。パッといた蛍光灯の明かりにまぶしさを感じながら中に入る。

「冷蔵庫に母さんが甘い物用意してくれてるから出して」と春香にいいながら、俺はコーヒーポットを火にかける。

 棚からコーヒーミルとドリップの器具を取り出し、コーヒー豆をミルにかけた。ガガガっというミルの音を聞きながら、春香の方を見る。

 春香は冷蔵庫からシュークリームを取り出してお皿に並べ、料理をするキッチンのカウンタートップに置いた。

 俺は、ドリッパーに紙をセットして、ミルで挽いたコーヒーを入れる。

 お湯が沸いたので、ミトンで熱くなったコーヒーポットをつかみ、ドリッパーのコーヒー豆に少しお湯を落とし、そのまま20秒ほど蒸らせる。その間に春香が食器棚からカップを二つ持ってきて、電気ポットのお湯を入れて温めてくれた。

 お湯をドリッパーの中央部から「の」の字を描くように少しずつ落としていくと、ふわっと蒸気と共にコーヒーの香りが広がって行く。

 春香は俺のそばで俺がコーヒーをいれるのを見て、

「ふふんふん」

と鼻歌を歌っている。俺はドリッパーに意識を集中しながらも、ちらっと春香を見るとなんだか楽しそうだ。俺はそっと微笑んでポットをコンロに戻し、ドリッパーをサーバーから取り外す。

 二つのおそろいのカップ、――なぜか春香用のカップやら食器が用意してある、にコーヒーを入れて、「はい。できあがり」と言い、並んでシステムキッチンに寄りかかった。

「おいしい」

 一口飲んだ春香がそう言って俺に体を寄せてくる。

「ほら、シュークリームもあるぞ」といって春香にシュークリームを差し出すと、春香は受け取らずにそのままぱくりと食いついた。

「もひひひ」

とか言っている春香を見て笑いながら、俺もシュークリームをくわえた。コンビニで売っているジャンボシュークリームだけど、値段の割に大きくて俺は好きだ。

 春香が、

「やっぱり疲れたときの甘い物っておいしいね」

と言うので、うなづいて「そうだよな」と言う。

 夜中にキッチンの片隅で春香と一緒にコーヒーを飲む。二人きりの雰囲気に何とも言えない幸福感に満たされる。俺は、

「こうして春香といるのが好きだな」

と言うと、春香も「私も。すごい幸せ!」と言った。

 コーヒーが飲み終わり、

「さ、続きをやって早く寝よう」

と言って、二人で部屋に戻る。

 結局、思いのほかキッチンで時間を使ってしまったので、予定していた問題集が終わったのは夜中の一時半だった。

 勉強で使っていたテーブルを折りたたんで部屋のすみに寄せ、布団を敷く。

 二人で下の洗面所で歯磨きをして、交替でトイレに行った。

 俺はベッドに、春香は布団に潜り込む。「ふわぁあ」と大きな欠伸をした春香が、

「明日は何時に起きよう?」

ときいてきたので、

「9時くらいにセットしておくよ」

と言った。おおよそ7時間くらいは寝られる。さっきトイレに行った際に、母さん宛に「9時まで寝る」とかいたメモをキッチンに置いてきてある。

 春香が布団から、

「うん。わかった。……おやすみのチュー」

と言う。俺はクスッと笑って、布団から身を乗り出していた春香に軽くキスをする。

 春香はうれしそうに布団に潜り「ふふふん」と笑っている。俺もベッドに横になり、横を向いて春香の顔を見下ろしながら眠りについた。

――――。

 9時にセットしていた目覚まし時計が鳴った。

 目を閉じたままで手探りで時計を止める。そっと目を開いて上半身を起こし、欠伸をする。

 隣を見ると春香が枕にしがみついて眠っている。……うん。かわいい。

 俺は朝の生理現象が収まるのをまってから春香を揺すって起こす。

 春香は「う~ん」といいながら、まだ眠そうに上半身を起こして目をこすっている。長い髪の毛がぼさぼさになったまま俺の方を見て、「夏樹。おはよう」と言った。

 髪の毛が爆発している春香を見るのは、もうこれで何度目になるだろうか。

 二人で洗面所に行くと、ちょうどキッチンから朝食を終えた父さんが出てきた。慌てて春香が、

「あ、おはようございます!」

と言うと、父さんも笑いながら「おはよう。春香ちゃん」と言った。俺も朝の挨拶を済ませ、二人してそそくさと洗面所に向かった。

 二人仲良く顔を洗って髪を整えていると、そばの廊下を父さんが奥の部屋に向かって通り過ぎていった。

 トイレを済ませて俺の部屋に戻り、俺がタンスから自分の着替えを取り出していると、背後で春香が着替えを始めた。慌てて、

「お、おい!」

と言って、春香の方を向かないように固まっていると、「えいっ」という声がして後ろから春香が抱きついてきた。

「むふふん。どうだ! Dカップの感触は!うりうり~」

「ええい。やめんか! ってか、いつのまにDに……」

 背中に柔らかい感触を感じたものの、慌てて体を揺すって拘束をふりほどこうとするが、かえって柔らかい感触がむにむにと伝わってくる。……ううっ。また元気になって来ちゃったじゃないか。

 離れた春香は既に着替えを終えており、力なく崩れた俺を見ながら笑っている。首を斜めにして「どう?」ときいてきた。こいつめ! だがうれしい。

「いい。グッド!」

と言うと、にへへと笑って、

「最近Dになったんだよ。ちゃんとバストアップ体操してるからね。楽しみにしてて」

と春香がのたまった。立ち上がれない俺を見て、頬を染めて、

「……じゃあ、先にキッチンに行ってるね。ふふふ」

と笑いながら部屋を出て行った。

 最近、春香はたまに唐突にこういういたずらをしてくる。……まあ、俺もうれしいはうれしいんだが……。まだそういう関係になるわけにはいかないんだよ? わかってるよな、春香?

――――。

 キッチンに入ると、すでに春香がテーブルについて待っていた。

 母さんは洗濯物を干しに行っており、父さんはリビングの方のテレビを見ている。

「おまたせ」

といいつつ春香の対面に座ると、春香が笑って、

「いいのいいの。……ね?」

とすべてわかってるぞと含みを持たせて言った。

 朝食は目玉焼きにウインナー、そして、トーストだ。二人で食べていると、父さんが、

「春香ちゃん。最近、お父さんは忙しそうだね?」

と話しかける。春香はうなづいて、

「そうなんですよ。最近は土日も潰れるときもあって、別の日にお休みしたりしてるみたいで。今日も祝日だけど仕事に行っています」

「ふ~ん。それじゃあ、お母さんも大変だね。……何かあったらうちを頼っていいからね」

「はい。おじさん。ありがとうございます」

「帰ったら、お父さんに体に気をつけてって言っといて。落ち着いたら、一緒に飲みに行きましょうって」

「はい。わかりました」

 春香の父さんは事務機器メーカーの課長だ。うちの父は食品メーカーの課長で経済状況はうちの方がいい。そういえば、春香の父さんが亡くなるのはあと何年後だったか……。

 俺は春香に、

「健康診断とか人間ドックとか行ってるよね?」

ときいたが、春香はよく知らないみたいで「今度きいてみる」と言った。

 俺は春香を救い、一緒に生きるためにタイムリープしてきた。だから春香は絶対に守るし、一緒になりたい。けれど、他の人の死を安易に回避しても大丈夫だろうか?気にはなるけれど、健康診断を勧めておくくらいは問題ないだろう。

 まあ、あんまり春香を心配させてもあれだ、俺は明るく、

「仕事が落ち着いたらゆっくりできるさ」

と言うと、春香はうなづいて、

「そりゃお父さんといる時間が短くて寂しいけど、私には夏樹がいるから大丈夫だよ」

と言った。それを聞いて父さんが、

「ははは。……夏樹。頼られてるぞ。しっかりな」

と言う。俺は、ちょっと照れながら「もちろん」といった。

 それから俺と春香は朝食の片付けをして、父さんに一声掛けてから再び二階の俺の部屋に行き、受験勉強のつづきを始めた。

――――。

 午後3時になるころに、部屋のドアがノックされる。

「はいよ」

と声を掛けると、母さんがコーヒーの入った二つのカップとケーキを載せたお盆を持って入ってきた。

「お疲れ、ちょっと休憩にしたら?」

「はい。おばさん。ありがとうございます」

 春香はそう言って、てきぱきと勉強道具を片付けて母さんからお盆を受け取った。テーブルにカップとケーキを置くと、なぜか母さんもそばに座る。

「せいが出るわね。勉強は順調なの?」

ときくので、俺は、

「ああ。今のところ、志望校は心配ないよ」

と言うと「それはよかったわ」という。春香も、

「夏樹に色々教えてもらって、私も大丈夫そうです」

と言う。母さんが笑いながら、

「ふふふ。夏樹も春香ちゃんと一緒にいられるからうれしいと思うわよ」

と言った。俺は、

「もちろん。うれしいさ」

と認めると、春香は少し赤らんで「私もだよ」と言った。

 母さんはほほ笑ましそうに見て、

「春香ちゃん。夏樹をよろしくね」

と言って部屋から出て行った。

 それから二人でコーヒーとケーキをいただきながらおしゃべりしていると、何となく気分が途切れて、その日の勉強は終わりにすることにした。

 春香と二人で近くの公園まで散歩に出掛けた。

 途中の自販機で缶コーヒーを買って、公園のベンチに並んで座る。

 もう季節は初冬になり、今月中旬には紅葉が見頃を迎えるだろう。この公園も寒くなってきたけれど、近所の子供たちが元気に遊び回っている。

 俺は春香と缶コーヒーを飲みながら、その光景を眺める。春香が穏やかな声で、

「私たち、こうして年を取るのかな?」

と言った。

「そうさ。ずっと一緒にね」と答えると、春香はうれしそうに笑った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください