15 西風を待つ人

 

 子牙君と碧霞の家は桃の木の林の中にあった。
 白とピンクの花が目にまぶしく、まさに桃源郷といった風情を見せてくれる。

 子牙君と碧霞の家に来てから、今日で5日目。
 俺は今、初孫の|ていと竹とんぼを飛ばして遊んでいた。

「行くぞ。……それっ」

 手をこすり併せて回転させた竹とんぼが、空高く飛び上がっていく。

「うわぁ。|お祖父ちゃん《ワイゴン》、すげえ!」

 歓声をあげる丁だったが、すぐに碧霞に、
「こら! 丁! 何ですかその言葉遣いは!」
と怒られた。

 その姿に思わずほくそ笑んでしまう。碧霞がしっかりと母親をしているのが、妙におかしくってツボにはまりそうだ。
 イスに座っていた春香の方をそっと見ると、彼女も愉快そうに笑みを浮かべている。そばの嵐鳳は目をギュッとつぶっていた。

「ごめんなさい」と謝る丁の頭を撫でて、
「元気なのはいいことさ。次は丁がやってごらん」
と言い、地面に落ちた竹とんぼを拾って手渡した。

 まだ小さい手では、どうやら充分な力が加えられないようで、思うように飛んではいかない。

「う~」
とぐずりそうな丁に苦笑して、
「毎日練習してごらん。少しずつ高く飛ばせるようになるから」
と言うと、「うん」と素直にうなずいた。

 竹とんぼを飛ばすのも一つの技だ。子供の頃って、そういう何気ない遊びの技を磨くのが楽しかった思い出がある。それをぜひ丁にも体験して欲しい。

 本当は、小さい頃の春香のように、技を見てくれて「すごい!」と褒めてくれる人がいれば、なお良いんだが。
 この山中では同じような年頃の子供はいないだろうな……。

 念のため、あとで近くの竹林で竹を切り、糸巻き式の竹とんぼも作っておこう。技を磨くのとは別に、工夫をすることも大切だから。
 というのは建前で、やはり遊びは楽しくなくちゃいけないだろう。

 飛ばない竹とんぼに挫けるよりも、簡単に飛ぶ竹とんぼで楽しんで貰いたい。
 たくさん遊んで、たくさん学んでくれ。

 ……まだ戦乱がはじまる前の、平和なうちに。

 

 ここに滞在してから二日目の夜。
 俺は碧霞から頼まれていたように、夜、子牙君と酒をかわしながら、何を考え込んでいるのか尋ねてみた。
 初めは口ごもっていた子牙君だったが、酒の力もあり、ようやく打ち明けてくれた。

「師父は天命というものを信じられますか」
「天命?」

 突然、思いもよらぬことを尋ねられ、怪訝な声で問い返してしまった。

「ええ。天命です」

 天上天下を治める天帝の命令。徳のある王に国土を治めさせるという考え方だ。人であったころなら、天帝は信ぜずとも、それでも運命のようなものはあると思っていた。

 神となった今では、天帝も神の一柱ではないかと思うが……。しかし、子牙君が聞きたい答えはそういうことではないだろう。

 俺が黙っていると、子牙君は酒を一口飲んで、
「商はいにしえの黄帝直系の子孫です。しかし、今の帝辛の所業はあまりにも非道なもの。たとえそれが妲己にたぶらかされたものであっても、到底、認めがたいものです」

 中国伝説上の王である黄帝か。彼は神である三皇の次にこの地を治めたという。つまり、商にとっての天命の根拠が、直系の子孫であるということだろう。

「しかし、この周も、その祖は|しゆん王の正妃|姜原きようげんの子と伝えられています。……つまり、周もまた、五帝の子孫の血脈です」

 黄帝より二代後の王、舜。彼は農事に業績を挙げ、人々は王の|庇護ひごを感じることもないほど|ゆたかに暮らしたという。

 こう考えてみると、商は黄帝、周は舜王とそれぞれ古い血筋を保っている。そして、これを子牙君が持ち出したということは、つまり――。

「天命は商にありとせんや、周にありとせんや、か」
「……はい」

 その答えを正面から答えることは難しい。天命という哲学的|命題めいだいに正解などはないだろうから。
 しかし、俺はまた別の視点から答えることができる。すなわち、歴史という視点だ。

 彼は今年で40才。おそらく子牙君もすでに自分で答えを見つけ出しているのではないだろうか。
 ただ、その背中を押して欲しい。決意。決断するための、最後の切っ掛け。それが欲しいのだろう。

「子牙君。|まどうな。碧霞と丁のことも心配するな。……ただ碧霞には、その決意を打ち明けるんだ」

「師父……」
 目を見開いた子牙君に、俺は微笑んだ。

 

 ――周の姫昌様に仕えたいんだろう?
 その時はもうすぐそばに来ている。時代が、君を求めているんだから。大軍師・太公望呂尚を。

 きっと碧霞も君の決断を応援してくれる。2人が心配で決断できないなんて思っているんだろうけど、それは|杞憂きゆうだよ。

 なぜかって? あの子は俺たちが育てたんだ。俺と春香の、自慢の娘なんだから――。

 

「結婚したからには、相手のことを信じることも必要だ。って、過保護な俺がいえることじゃないか。言っただろ。一緒に歩んでいくのが、夫婦なんだよ」

 子牙君は、じっと俺の言葉を聞いていた。その瞳はまっすぐに俺を見ていて、すでに迷いの色は欠片も見えなかった。

 次の日から、子牙君は毎日、一人で釣りに出かけた。

 もっともここに住みはじめてから、しょっちゅう釣りに出かけていたそうで、俺もここに来たときは一緒に釣りに行っていた。
 しかし、今回は付いてはいけない。時が動き出そうとしているのだ。

 ふと気がつくと、さっきまでバタバタとしながら遊んでいた|ていが、急に静かになっていた。
 春香と碧霞も立ち上がって同じ方向を向いている。
 その視線の先を見ると、4人の男性がこちらに向かって歩いてくるところだった。

 木こりらしき男に案内をされているのは、どこか穏やかな雰囲気を身にまとっている年配の男性だった。その後ろには、文官らしき男性と武官らしき鎧の男がいる。おそらくお伴をしていたのだろう。
 こんな山中には似つかわしくない立派な服装をしているようだ。

「夏樹……」
と春香が俺の名を呼ぶ。
 俺は振り向かないままで、
「碧霞。丁を家の中に」「はい。……丁。こっちに来なさい」
 大人しく丁が俺のそばを通って、家に戻っていく。

 そうしている間に、一行は家の庭にまでやってきていた。

 木こりの男が、俺を見ていぶかしげな表情を浮かべる。
「ああっとお客さんかな? おおい! 奥さん。お師さんはいるかい?」

 俺の後ろの碧霞が、
「今は釣りに行ってるわよ。武吉さん。そちらの方は?」
「お師さんにお客さんだよ。|岐山きざんのお役人らしいんだ」
「お役人?」

 おいおい。子牙君。君はこの木こりにお師さんと呼ばれているのかい。
 それよりも、2人とも大丈夫か。……きっとあの3人は西伯侯・姫昌様の一行だと思うぞ。

 俺は黙って|抱挙礼ほうきよれいをする。
「私はこの碧霞の父、夏樹と申します。……ここへはどのようなご用件でございましょうか」

 すると、文官らしき人が口を開こうとして、年配の男性に止められた。
「通りすがりの単なる爺なれば、そのように|はいをされずともよいですぞ。
 ……ここより東の川沿いを散歩しておりましたら木こりの歌が聞こえて来たのです。ご存じありませんか?」

 姫昌様は身分を隠しながら、自ら聞いたというその歌を歌い出した。

 俺たちゃ、しがない漁師
 耳を洗って亡国の音を聞かず
 ただ昼間は水辺で歌をうたい
 夜は星空の下で釣り糸を垂らすだけ

「聞けば、山の奥に住む一人の釣り人の歌だというわけです。耳を洗ってとは、かの堯王が賢人を求める故事。少しくお話を聞きたいと思いこの山道を進んだところ、今度はこの木こりに会いましてね。
 ……もう一度、歌を聴かせてくれるかな?」

 そう頼まれると、武吉と呼ばれた木こりは、「いいぜ」と言って歌いはじめる。

 |きみは賢人を求めて、治世の道を進む
 賢人は詩歌をうたって、名君の来たりしを待つ
 春の川は悠々と流れ、草木は青々と萌えいずる
 五羽の鳳凰が鳴かんとする時を待ち、
 我、|磻渓はんけいにて金の魚を求め、一介の釣り人とならん

 ……なるほど。
 やはり子牙君は、自身の覚悟はとうに固めていたのだろう。ただ家族のことがあって、迷いを生じていたわけだ。
 詩を歌いながら一人で釣り糸を垂らす。そんな彼の姿が思い浮かぶ。

 木こりの歌の|余韻よいんを味わうように目を閉じていた姫昌様が、そっと目を開いた。

「貴方はその釣り人の|外戚がいせきに当たられるのですな。……この歌。ぜひお話をお伺いしたい」

 まっすぐに俺を見つめるこの目。真剣なまなざしが俺の心を打つ。
 しかし。しかしだ。その歌について話すのは俺の役目ではない。
 黙って再び抱挙礼をとる。

「西風が強く吹き来たりて白雲が起こり、
 |ふちに眠りし竜が目を覚ます時を告げんとす
 なれど、賢人に会うは|やすからず
 ただ身を清め、吉日を待つべきのみ」

 ――貴方が求める賢人と出会うべき時はもうまもなくです。
 けれど、|古今ここん、賢人を得るのはたやすいことではありません。
 ただ身を慎み、清め、吉日を選びまた来られて下さい。

 黙って頭を下げる俺。しばらく沈黙がその場を支配した。
 姫昌様は、「そうですか」とつぶやいた。

「|その・・・が来るのは、もうすぐなのですな……。ああ! |太公たいこう、|古公亶父ここうたんぼよ! 我らが待ち望んだ御方と、ようやく会えますぞ」

 その感嘆の声を聞いて頭を上げると、姫昌様の目尻から一筋の涙がこぼれていた。お伴の人でさえも、その様子に言葉をかけられずにいる。
 その涙を見ながら、俺も人知れず心を震わせていた。

 子牙君。
 ……君を待つ人がいる。三代もの間、待ち続けた人がいるよ。

 ――天命は商にありとせんや、周にありとせんや。

 今ではわかるような気がする。天命は西風に乗って、革命の時を告げるのだと。
 子牙君。きみがその西風なんだよ。

 

 やがて3人の来訪者は丁寧な礼をして、再び武吉君の案内を受けて山を下りていく。
 その後ろ姿は会えなかったことが残念でもありながらも、どこか幸せそうにも見えた。

 彼らを見送りながら、俺は碧霞に話しかける。

「碧霞。子牙君から話は聞いているな?」
「……うん。パーパ。聞いてる。それに今の人が?」
「そうだ。西伯侯・姫昌様。……子牙君を探し求めている人だ」
「うん」

 これからの時代が子牙君を求めている。……だが、お前たちは夫婦だ。
 未来に起きることを教えてやることはできない。けれど、夫の力を引き出すのは妻の力。お前の使命も重いんだよ。

 ……まあ、何かあったら俺たちがすぐに駆けつけるけどね。

 

“15 西風を待つ人” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です