31 戦の跡にて

 黄飛虎将軍が戦死した。

 その知らせを聞いた俺と春香は、また一人、知り合いを失ったやるせない気持ちになった。
 あの雪山の村から周に行くまで、一緒に行動した時のことが思い出される。

 出逢った時には剣を突きつけられたけれど、武人らしく男気のある人だった。
 粗野な性格ではなくて、どちらかといえば理性的。イメージで言えば、勇敢なエリート上司といったところか。

 俺たちがここ三門峡に駆けつける前に、3人の息子が戦死してしまった。それも2人は目の前で。
 助けたくても助けられない。殺されるのを見ているしかできない。……きっとがく然としたことだろう。怒りにその身を震わせたことだろう。そして、悲しみに涙を流したことだろう。

 しかし、聞くところによると軍議の際に、こう言い放ったという。

 ――息子は立派に周の旗のもと、命尽きるまで戦った。天命のため、平和な時代のための礎となった。……父として誇りに思う。
 丞相殿。私は息子に恥じぬ戦いをせねばならぬ。この命、存分に使ってくれ!

 子牙くんは回復してからも、有効な策を講じることができない自分を責めていたという。
 黄飛虎殿の子どもたち、金吒殿、そして多くの兵を死なせてしまった。その責任を一身に感じていた。それが、黄飛虎殿の一言に救われたと言っていた。
 つづく那吒殿も、兄を殺されたにもかかわらず、黄飛虎殿と同じことを言い、命の限り戦い抜くことを誓った。その2人の姿に、武将たちの士気もあがったという。

 ああ。
 戦場の常とはいえ、もう二度とその声を聞くことができないと思うと、どこか寂しいと思う自分がいる。
 できればもう一度、じっくりと酒杯を傾けながら話をしたかった。

 安置所で、目の前で綺麗な布の上に横たえられているその遺体を前にして、俺と春香は並んで手を合わせる。

 ――黙祷。

 しばらく経ってから頭を上げて遺体を拝見すると、左の腕は半ばから切断されており、右の肩口からは致命傷になったと思われる切り傷が斜めに。そして、目には含み針だろうか、たくさんの針が突き刺さっていた。
 おそらくこの針で目をつぶされたところを、致命傷となった一撃を受けたのだろう。

「微笑んでいるね」
 春香の声に遺体の口元を見ると、柔らかく微笑んでいるように見えた。自らの死に際に満足していたのだろうか。
 凄惨な戦いの跡の残る遺体だが、その微笑みに何故かほっとするものを感じる。

 そうか。きっと心ゆくまで生きて、戦い、悔いなど残らなかったのだろう。
 人生を全うした一人の男。その生き様に自然と頭が下がる思いがした。

 |そばで俺と春香を見ていた兵士が、黄飛虎殿の最後の戦いの様子を教えてくれた。

 砦の攻略が最終段階に入ったとき、敵本隊である関所からの増援を防ぐために、黄飛虎将軍の一隊は関所前で敵と戦っていたという。

 黄飛虎に付き従っているのは、義兄弟の4人。|黄明こうめい、|周紀しゅうき、|竜環りゅうかん、|呉謙ごけんの四大金剛と|たたえられる武の者たちとその配下の一隊だった。

 それに対して関所から出てきたのは副将の|張奎ちょうけいとその妻の|高蘭英こうらんえいたち。張奎は自らの乗る黒い馬の額に、一本の角のような防具を装備させている。
 この黒い馬が……、とにかく速い。

 突撃を仕掛ける黄飛虎たちに対して、張奎は妻を従えて、
「大将軍。勝負だ!」
と真っ正面から突っ込んだ。

 今にも両者激突と思われたとき、突然、張奎の馬が一段と速度を上げた。その変化に間合いを崩された黄飛虎だったが、かろうじて槍の一撃を受け流す。
 しかし、黄飛虎の背後に続いていた四大金剛たちは、張奎の速度について行けなかった。
 すれ違い様の一撃を受けて、次々に馬から突き落とされ、後続の高蘭英によって首が|はねられていく。
 黄飛虎が振り返った時には、すでに討ち取られた四大金剛の姿があった。

 さもありなん。先ほどの攻撃はそれほど鋭かったのだ。
 相手の力量を見誤った。悔しさでかみしめた歯がギリッと音を立てる。
 すでに物言わぬ|むくろと化した義兄弟たち。ニヤリと|わらう張奎と高蘭英。

 ――熱くなるな。冷静に。奴を倒すことだけを考えろ!

 黄飛虎は居住まいを正した。
「俺は周の開国武成王・黄飛虎。我が槍を受けてみよ!」

 すると張奎は目を|爛々《らんらん》と輝かせて、
「おう! 俺は三門峡関副将・張奎。貴様の首を取って陛下に捧げることにしよう」

 同時に馬を走らせる両者。
 あたかも中世ヨーロッパでのランスを用いての一騎討ちのように、生と死が一瞬のうちに交差する。

 先ほどと同じく、急に張奎の速度がグンッと急に上がった。|きらめく刃が黄飛虎を襲う。
 極限まで意識を集中させる。時間が引き延ばされ、張奎の一撃がスローモーションのように見える。
 しかし自らの身体も思うように動かない。
「ぬおおおぉ」

 黄飛虎は張奎ではなく、その馬に向かって突きを放った。
 手に重い衝撃が走り、槍がどこかへ吹っ飛んでいく。張奎の槍を、身をひねり、かろうじて自らの左肩で受け止めた。
 次の瞬間、黄飛虎は地面に転がっていた。と同時に、張奎の馬もどうっと倒れ込んだ。

 すぐに立ち上がった黄飛虎めがけて、高蘭英が手にした剣で首を狙ってきた。腰の剣を抜き放ちざまに受け止めるが、相手は馬の上である。重い斬撃に身体が沈み込む。
 歯を食いしばり、受け流そうとしたとき、高蘭英の口がすぼんだと思ったら、何かが黄飛虎の目に次々に突き刺さった。
「ぐううぅぅ」
 感じたこともない痛み。奪われた視界。黄飛虎の目にいくつもの含み針が突き刺さっていた。
 しかし黄飛虎は高蘭英の剣を受け流しながら、身体をそのまま回転させ、馬の足を切り払う。

「きゃっ」と言う声を挙げて、高蘭英も馬から投げ出される。
 目をつぶされた黄飛虎には見えなかったが、高蘭英は横倒しになった馬に足を挟まれて動けなくなっていた。

 そこへ張奎が走りより、抜き身の剣で黄飛虎を討とうと襲いかかる。
 気づくのが遅れた黄飛虎は、目が見えないながらも駆け寄る足音を頼りに、左腕で剣を受け止める。切り落とされた左腕がクルクルと宙に舞い、血しぶきが上がる。

 たたらを踏んだ黄飛虎に、トドメとばかりに張奎の剣が袈裟斬りに襲いかかる。
 その剣は無情にも、黄飛虎の身体を右肩から斜めに切り裂いた。

 口からグフッと血を吹き出す黄飛虎だったが、崩れそうな足を踏ん張り、「うおぉぉぉ」と叫びながら右手の剣を突き出す。

 その剣が張奎の腹に突き刺さる。ゴフッと張奎の口から血が噴き出し、互いに寄りかかり合った。
「あ、あなた!」と高蘭英が叫び声を上げるが、二人にはその声が聞こえていない。

 黄飛虎は満足げに笑う。それを見た張奎も血を垂らしながらも口角を上げた。
「見事だ。張奎」
「貴様もな。さすがは大将軍……」
 そのまま二人は崩れ落ちた。

 黄飛虎は仰向けに転がり、天に向かって叫んだ。
「我が命を天に捧げる! 周の兵たちよ、聞け! 我を乗り越え、道を切り開けぇ!」
 これが黄飛虎の最後の言葉だった。

 その魂のこもった声に突き動かされるように、周の兵士たちが|ときの声を上げながら、怒濤の勢いで関所に向かって突撃を加えていく。
 乱戦となる戦場。動けなくなった高蘭英もたちまちに討ち取られた――。

 俺は話をしてくれた兵士に礼を言う。
 なんて壮絶な最期だったのだろうか。視覚が奪われながらも、遂には相打ちで副将を倒したのだ。

 改めて黄飛虎殿に向かって黙祷を捧げる。傷だらけの身体が、今は使命を遂げた尊い人のように見えた。

◇◇◇◇
 心の中で別れを告げ、振り向いて春香とともに三門峡関に向かった。
 すでに周軍は関の中に移動しているのだ。きっと今ごろは、途中から参戦した同盟国、盧の人たちとの打合せをしているのだろう。

 しかし、俺と春香は|外様とざまの、それも一般人だ。ここでの戦いが終われば、牧野まで行かずに豊邑に帰るつもりだった。

 遺体安置場から激戦の跡となった関までを、春香と並んで歩く。
 まだまだ多くの遺体がうち捨てられていて、あちこちに壊れた戦車、射られた矢、剣、槍が落ちている。
 兵士が歩き回り、味方にしろ敵にしろ生き残りを探しているようだ。

 火計の犠牲者なのだろうか。炭になった遺体からは今もうっすらと煙が上っていた。
 人の焼ける|におい。タンパク質が融けた独特の、死臭ともまた違ったこの嫌な臭いが、俺の身体に染み込んでいくような気がする。

 急に春香の足が止まった。振り向くと泣きそうな表情で、
「ごめん。もう歩けないかも」
と言う。
 見ると、その身体がブルブルと震えていた。無理もない。目を背けたくなる光景がひろがっているから。
 しかし、この悲惨な戦場もまた作りだしたのは人間だ。俺たちはしっかりとこの目に焼きつけておかないといけないのだ。

 しゃがみ込み、背中から抱きついてきた春香のお尻に手を回し、踏ん張って彼女を背負う。
 死が充満している戦場のなか、春香の重さが妙に尊く感じる。かけがえのない春香の重さ。確かに生きているその生命の重さ。それを俺は感じていた。

 これからも人間は何度も戦争を繰り返す。国が興り、他国と戦争をし、侵略し、そして滅んでいくだろう。
 数多の人々の犠牲の上に俺たちの歴史が作られていくのだ。

 肩から回された春香の腕に力がこめられる。俺の背中にしがみつく春香が、小さくつぶやいた。
「ああ、夏樹……」
 かすれたような声に、俺は安心させるように、
「大丈夫。俺たちが死ぬことはない。ずっと春香の|そばにいるよ」
「うん」

 まるで濡れた子犬のような春香の様子。
 広い広い世界のなかで、俺たちはたった二人で歩き続けている。こんな|凄惨せいさんな場所でだからか、そのことが殊に強く感じる。たった二人だという孤独感というか……。

 関所の前に広がる戦場の跡。見渡す限りの焼け野原のような光景に、5つの砦が不気味に突っ立っている。
 くすぶる煙。折り重なる遺体。血の流れている大地。
 まさにここが地獄というべきであろうか。

 春香を負ぶったままで戦場を突っ切り、俺は関所の中へと入った。

 中では遺体の運び出しが一段落しているようだが、多くの兵士たちが何やら作業を続けている。
 どこへ行けば子牙くんに会えるだろうか。
 思案している俺に、春香が、
「夏樹。あそこ」
と背中から指をさした。その方向を見ると、関所の防壁上にいる子牙くんがいた。

 ここからではその表情までうかがい見ることはできない。が、どうやら向こうも俺たちに気がついたようだ。

 そばにいる兵士に何事かを言づけると、その兵士が走ってどこかへ行った。……恐らく俺たちのところに向かっているのだろう。
 案の定、そのまましばらく待っていると兵士がやってきた。その案内で俺たちは子牙くんの元へと向かった。

 俺たちの手助けはここまで。後は豊邑で吉報を待とう。
 

◇◇◇◇
 三門峡関から周軍と盧国の軍隊が整列して出発していく。山間の街道を、まるで|ありが行列を組んでいるように。
 黄土高原はここまでで、あの山脈を越えれば華北平原に出る。その先の平野部には洛邑ができ、やがて洛陽として発展していく。

 空にはまだ雲が残っているが、その間から太陽が顔をのぞかせている。まるでスポットライトのように、東へ向かう周軍を照らしていた。

 先頭を行くのは|那吒なたという一人の青年だ。その正体は帝辛の次子・|こうだという。
 かつて子牙くんとともに周に逃げてきた青年。子牙くんの結んできた人々の縁が、今、彼を支えているのだ。

 隣の春香が、
「いよいよ最後の戦いに行くのね。……見届けなくていいの?」
「ああ。俺たちはここまでだ」
「でも――」
「いいんだよ。春香」

 史実によれば、牧野の戦いではもはや戦いらしい戦いにはならない。対峙した敵軍の多くが寝返って、あっというまに戦いは終わる。
 そこまでは見届ける必要はない。
 ……それに。今はただ、碧霞のところに帰りたい。そう思う。

 そっと春香の顔色をうかがう。
 なんとか元気を取り戻してはいるが、凄惨な戦場、ずらっと並んだ戦死者の遺体を見たショックは、今もなお残っているだろう。
 今は穏やかな表情をしているが、まるで病み上がりのような弱々しい笑顔だった。

 俺の視線に気がついた春香がこっちに振り向く。
「大丈夫だよ。ね。……もう、大丈夫」
 無理をしている。それはわかっているが口には出さない。おそらく俺も同じような顔をしていることだろう。
「――そう。なら良かった」

 春香の手を取り、待たせていた馬の所に向かう。
「さあ。行こう」
「うん」

 しばらくは、いつもより甘えさせてやろう。その心が癒えるまでは。そして、俺も、甘えさせてもらおう。

 俺は春香の肩を抱いた。さあ、家路につくとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください