36 エピローグ 西風の吹くところ

 朝が来た。

 鳥の声に目を開くと、孤児院の天井が見える。
 |そばにはいつもながらの春香の寝顔があった。隣の寝台には碧霞が眠っている。

 昨夜はあれから3人で話をしているうちに先に碧霞が眠りこけてしまい、俺が寝台に運んでいた。きっと一生懸命に、この一時を忘れないようにとおしゃべりをしていたのだろう。
 すやすやと眠る碧霞を眺めると、愛しさとともに、やはり寂しさが募って、しばらく彼女を寝顔を眺めていた。

 2人を起こさないように、そっと起き上がり部屋の外に出る。ちょうど大人たちが朝食の準備を終える頃だった。
 食堂に子どもたちが勢揃いしている。配膳当番なのかな。5人の子どもたちが、野菜やお米、スープの入った器を配っていた。

 すぐに2人を起こしに戻るが、昨夜遅かったためになかなか目を覚ましてくれない。
 申しわけないから、2人の分だけ取り置いてもらって先に食事をすることにした。
 カチャカチャと音を鳴らしながら、みんなと同じ朝食を取る。漬物にした野菜に蒸したお米。そして、出汁のきいていないスープ。味はあんまりだけれど、ここではこれが普通なのだろう。

 まだ寝ている2人を放って置いて、子どもたちと一緒に畑に出る。
 大きな子供たちの指示に従って、小さな子たちも雑草を抜いたりして働いている。その姿を横目に、俺は畑の外側の柵を点検して回った。たまに猪や鹿が来ているらしく、柵の木にかじりついた跡が残っている。
 けれどまあ、この頑丈さなら、まだしばらくはこのままで大丈夫だろう。

 作業を終えて建物に戻ると、ちょうど春香と碧霞が目を覚ましてご飯を食べていたときだった。
「もう~。なんで起こしてくれないのかな」
と怒っている春香に、笑いながら、
「2人とも起こしたけど、起きなかったんだよ」
と弁明しておいた。

 碧霞を見ると、どこか遠くを見るような目で俺を見ている。その頭にぽんと手を乗せて、ぐりぐりとつむじを撫でた。

 ご飯を食べ終えて食器を片づけると、もうやることがなくなり、自然と足がロバ車に向かってしまう。
 出発の準備をノロノロとしているその脇で、碧霞が突っ立っていた。

「ん~。やっぱり出発は明日にしない?」
 そういう碧霞に、
「ははは。まあ……なあ」と歯切れ悪く、なんとなく返事をする。

 別れの時なんて永遠に来なければいいのに。

 俺もそう思うけれど、それはできない。
 やがて、とうとう出発の準備が終わってしまった。

 その頃には俺と春香が帰るということで、子どもたちも見送りにやって来た。
 たくさんのつぶらな瞳に見つめられ、自然と口元がほころぶ。

「碧霞」
と名前を呼ぶと、碧霞がビクッと震えてこっちを見る。寂しそうな目で胸もとを手で押さえている。

 いよいよお別れの時が来た。それがお互いにわかっている。

「元気で、な。……我が最愛の娘」
 そう言って正面から碧霞をぎゅっと抱きしめた。耳元で「ずっと愛してる」と言うと、「うん」と小さな声が聞こえる。
 つづいて春香が、碧霞を抱きしめる。「ああ……。愛してるわ」

 2人がハグしている間に、俺は|馭者台ぎょしゃだいにのぼった。視界がにじんでくる。目をギュッとつぶって泣きそうになるのをこらえる。唇に力がこもって「へ」の字になってしまうが、|嗚咽おえつが漏れないように我慢するので精一杯だった。

 目を開いて孤児院の方を見ると、すでに碧霞は涙を流していた。

「それじゃあ、みんな。ニャンの言うことをちゃんと聞くんだぞ」
 子どもたちに言うと、元気に「はい!」と返事をしてくれた。
 最後にひと目。碧霞の姿を見る。目が合うと碧霞は泣きながらも、うなずき返してくれる。

 ダメだ。どれだけ我慢しようとしても、涙がこぼれる。
 声を振り絞るように、
「よお~し。それじゃあ、最後に仙術を一つ見せてあげよう!」
と言うが、震えた声になってしまった。

 みんなの視線が自然と俺に集中する。春香の方を見ると、春香も泣き笑いの表情を浮かべながら、うなずいてくれた。

 この年老いた姿から、元の姿に。まだ若い姿へと神力をみなぎらせて変えていく。
 視界の中で、光の欠片がキラキラと立ちのぼる。肌に艶が戻り、肉が付いていく。

 俺たちは戻る。彼女が幼子だったころの姿に。あの人形の姿に。

 碧霞が驚いた表情でじっと見ている。その口が震えながら動き、何事かをつぶやいていた。

「さらばだ。碧霞。いつまでも、いつまでも幸せでいてくれ」
 そういってロバ車をスタートさせる。
 春香が後ろを向いて、一生懸命に手を振りはじめる。

「碧霞。元気でね! 大好きよ! ずっとずっと。大好きよ! 愛してる!」

 後ろから「パーパ! マーマ!」と碧霞の声が何度も何度も聞こえてくる。その声に見送られながら、俺たちは林道を進んでいく。

 さようなら。碧霞。
 お前の幸せを、ずっと、ずっと祈っている。
 遥かな道の先で、いつまでもずっと。

 涙で濡れた頬を、風が通り抜けていった。見上げると、風に流された雲がゆっくりと空を移動していた。

 西から吹く風。黄土高原から悠久の大地を旅してきたあの風は、東のここ、斉の国にやってくるのだ。

 人は親から子へ、子から孫へと血を受け継いでいく。
 俺たちの娘も、夫と、孫と、この地でその絆を連綿と紡いでいくのだ。

 永劫の旅の途中でできた俺たちの家族。同じ時を歩むことができないからこそ、尚のこと、その幸せを祈り続けたい。

 どこからともなくパンパイプの音が聞こえるような気がした。幻聴だろうか。遊牧民の奏でるような、素朴でもの悲しく、そして、風のような音が。

 俺たちの旅は続く。遙か遠くまで、人々の営みを見つめながら。
 けれど俺は一人じゃない。隣には春香がいてくれる。
 泣きながら俺に寄りかかる春香。そのぬくもりを感じながら、俺は道の先を見据えた。

 ロバ車は俺たちを乗せて、ゆっくりと道を進んでいく。この道の先に向かって。シルクロードの先、西域に向かって――。