2人の兄妹と季節廻る国の物語

小説家になろう公式企画「冬の童話祭2017」


――季節廻る国の童話――

あるところに、春・夏・秋・冬、それぞれの季節を司る女王様がおりました。
女王様たちは決められた期間、交替で塔に住むことになっています。
そうすることで、その国にその女王様の季節が訪れるのです。

ところがある時、いつまで経っても冬が終わらなくなりました。
冬の女王様が塔に入ったままなのです。
辺り一面雪に覆われ、このままではいずれ食べる物も尽きてしまいます。

困った王様はお触れを出しました。

冬の女王を春の女王と交替させた者には好きな褒美を取らせよう。
ただし、冬の女王が次に廻って来られなくなる方法は認めない。
季節を廻らせることを妨げてはならない。

何故冬の女王様は塔を離れないのでしょうか。
何故春の女王様は塔に訪れないのでしょうか。

物語の紡ぎ手達にお願いします。
どうかこの季節を廻らせてください。

公式テーマより)


冬から春へと季節がめぐらなくなった国。
そこには人々の心から生まれた闇があったのです。
2人の兄妹が女王のもとをおとずれ、そして、季節めぐる塔へ。
小さな紡ぎ手のつづる言葉が、みなさんにもとどきますように。

illustrated by ふわふわ。り

 

なろう公式企画 冬の童話祭2017出品作品です。なろうリンク
2人の小さな紡ぎ手が織りなす、夢と希望、家族愛をテーマにしたお話です。

※文字数が約1万9000文字とあるのは、多めにルビをふったからです。
※使用漢字は小学校4年生までを基本として、それ以上の漢字は平仮名を使用するか、読み仮名をふっています。その関係で読みやすいように半角スペースを空けているところがあります。
※また国語の教科書表記ということで、 」の前の 。は省略していません。

※この作品にリンクを貼られる方は「http://yoruno-usagi.net/kisetumegurukuni/」でお願いします。
バナーはお持ち帰り下さい→

>>第1話「アーサーとエリザベス」へ