2.季節廻る国

 アーサーがふと気がつくと、2人はさっきまでの公園とはちがう、どこかの林にあるベンチにすわっていました。エリザベスが頭をアーサーのかたにもたれかけながらねむっています。

 アーサーがあわてて、
「エリザベス。起きて。こんなところでちゃったら風邪かぜをひいちゃうよ。」
とエリザベスのかたすります。
 エリザベスが「ううん」と言いながらそっと目を開けました。

 ほっとしたアーサーでしたが、エリザベスがきょろきょろと周りを見回して、
「ここってどこ?」
とアーサーにたずねます。アーサーは首を横にふって、「わからない」と言いました。
 だれかに場所を教えてもらわないと、2人は家に帰ることができません。

 自分たちのほかに だれかいないかと、ふたたび見回した時、頭の上から不思議な会話が聞こえてきました。
「おいおい。聞いたか?」
「冬の女王の話か?」
 2人がそうっと見上げると、そこには1羽の鳥と話をしているリスのすがたがありました。

 エリザベスがおどろいて、「ええ?」と声を上げそうになるのを、アーサーが口をさえます。
 幸いに鳥とリスは気がつかなかったみたいで、会話を続けています。アーサーを見つめるエリザベスに、アーサーは人差し指を口に当ててシッのポーズをとりました。エリザベスはこくんとうなづいて、2人は会話に耳をすませます。

リスが鳥に、「そうだよとうから出てこないんだって?」とたずねます。
「ああ。本当みたいだよ。」
「それじゃあ……。」
「冬が終わらないってことだな。」
「こまったなぁ。うちはもう7日分しか食料のたくわえがないよ。」
「どこもそうみたいだな。人間の王さまも動き出したみたいだ。」
 鳥の言葉にリスは顔を上げました。
「人間の王さま?」
「ああ、なんでも冬の女王から春の女王へと交たいさせた者には褒美ほうびを出そうってさ。」
「へぇ。上手くいくと良いねぇ。」
「ああ。上手くいくと良いねぇ。」
 そういった鳥はそっと飛びたちました。それを見送ったリスも えだを伝ってどこかへ行ってしまいました。

 エリザベスがおそるおそる。
「動物がしゃべってたよ。わたしたち一体……。」
とアーサーにたずねました。アーサーは首を横にふって、
ぼくおどろいたよ。……でもここはもしかしたら。」
と言いかけたときでした。
 とつぜん、2人の後から、
「季節めぐる国だよ。」
とわり込んでくる声がありました。

 2人はおどろいてふり返ると、そこには1匹いっぴきのキツネが2人を見上げていました。
 エリザベスが飛び上がって、
「ひゃっ! 今度はキツネがしゃべってる!」
おどろきます。すると、キツネは目を細めて、ゆっくりとしっぽをらしました。
「はははは。動物がしゃべるのが不思議かい? この国ではみんなしゃべるんだよ。」
と楽しそうに笑っていました。

 しかし、アーサーは真剣しんけん表情ひょうじょうで「季節めぐる国だって?」とつぶやきました。そう。その国の名前は、アーサーが書いていた物語と同じ名前だったのでした。「でも、ぼくの物語では冬が終わらないなんてことは……。」

 キツネはアーサーのつぶやきを無視むしして2人の前に回り込むと、
「2人ともまよびとのようだね。私はチャールズという。……ついておいで。春の女王のところへ相談に行こう。」
と言います。
 その名前に2人は思わず顔を見合わせました。なぜなら死んだお父さんと同じ名前だったからです。……とはいえ、たまたまなのでしょうけれど。
「きっと春の女王なら君たちが帰る方法も知っているよ。」
 2人はうなづくとベンチから立って、キツネの後ろをついていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。