3.春の女王の城館

 小道を歩いて行くと、寒さが少しずつやわらいで温かくなってきました。地面にはタンポポや菜の花が明るい黄色い花をかせています。

 アーサーと手をつないでいたエリザベスが、
「なんだかウキウキしてきちゃった。あ、見てウサギもいるよ。」
と草むらを指さします。先を行くキツネがふり返って、
「春の女王の城館じょうかんに近づいたからね。見てごらん。梅もさくらもももも咲いているよ。」
と言いました。

 道の先には、木々にはうすいピンクの花が満開になっています。木と木の間を鳥やリスが飛びかっていて、その下にも多くの動物たちがのんびりとごしていました。
 その中を通りぬける小径こみちをキツネと2人が進んでいきます。アーサーもエリザベスもいつの間にかほほえんでいました。
 やがて木々の枝のすき間からこぢんまりした城館じょうかんが見えてきました。

 ところがキツネがとつぜん立ち止まりました。
「どうしたの?」
とエリザベスが声をかけますが、キツネはじいっとおしろの方を見ています。2人もそれにつられて目をこらしながら城館じょうかんを見ましたが、特におかしなところはありません。

 キツネが「急いだ方がよさそうだ」と言い、川ぞいの小道を早足で進みはじめました。あわてて2人もそれについて行きます。
 途中とちゅうで息をあらげはじめたエリザベスでしたが、がんばってキツネについて行き、とうとう城館じょうかんにたどり着きました。
 大きく立派りっぱとびらには、花咲く木々や動物たちがりにされています。

「きれいなおしろだなぁ。」
 アーサーがそう言った時でした。城館じょうかんとびらがギイィィーと開いて、中からあわてた様子の女性じょせいがすがたを見せたのです。
 その女性じょせいは、頭に小さなティアラをした春の女王でした。女王は、2人とキツネを見ると、自分の指輪ゆびわをエリザベスに投げわたし、
「急いで夏の女王の下へ! すぐに立ち去りなさい!」
と大きな声を上げました。

 アーサーが「え? どういう……」と言いかけたとき、春の女王はだれかにばれたかのようにさっと後ろを向き、
「急いで!」
とふり返らずに言うと、うしとびらを閉めました。

 その時、とつぜん、周りがうす暗くなります。キツネは緊張きんちょうした声で、
「その指輪ゆびわをなくすんじゃないぞ! 2人ともこっちへ急いで!」
とあわてて手前の川べりに走って行きます。
 エリザベスは春の女王の指輪ゆびわを手ににぎり、
「一体何なの?」と言いながら、どこかおびえています。アーサーがむずかしい顔をしながら、エリザベスの手を引き、
「こっちだ!」とキツネを追いかけて城館じょうかんからはなれました。
 2人がはなれるとすぐに、城館じょうかんとびらのすきまから黒いきりがプシューとふき出てきました。

 ふり返ってそれを見たキツネが、2人に、
「走って! そこの小舟こぶねに飛び乗るんだ!」
と言います。2人とも何が何だかわかりませんでしたが、言われたとおりに川に止まっている小舟こぶねに乗り込みます。
 キツネがさんばしくいにかけられていたロープを口にくわえて小舟こぶねに飛び乗ると、小舟こぶねはスウーッと川の流れにのって動き始めました。

 2人が小舟こぶねの中から城館じょうかんをふり返ると、すっかりときりに包まれて不気味な雰囲気ふんいきになっています。周りの満開だった木々も白くなっていき、まるで黒いきりと白い木だけの白黒の世界になったようでした。一体何が起きているんだろう。2人にはさっぱりわかりません。

 そして、黒いきりが少しずつ城館じょうかんの周りの森へと広がっていっているようです。
 その光景を見た瞬間しゅんかん、とエリザベスは得体の知れない恐怖きょうふを感じて体を小さくさせました。そのエリザベスを包みこむようにアーサーがぎゅっときしめていました。
 2人と一匹をのせた小舟こぶねは、きりから逃げるように、どんどんと下流の方へ流れていきました。

――――
 春の女王は、城館じょうかんの広間で黒いよろいを着た男と向かい合っています。男は顔をかくすかぶとをしていて、その顔は見えませんでした。

「冬の女王はもう石にされてしまったのですね?」
 男はうなづきました。
「そうだ。……安心するがいい。この世界がほろびるわけではない。ただねむるのだ。」
 女王はかなしげな表情ひょうじょうで男を見ました。室内に黒いきりが立ちこめていきます。
うつろの王よ。そなたがここにいること。それ自体が私はかなしいのです……。」

 女王は足元から少しずつ石になっていきます。まるでおいのりをするように両手をむねの前でにぎり合わせる女王。首まで石になった時、「人々にゆめを――」とつぶやいて、とうとう春の女王は石のぞうになってしまいました。

 うつろの王とばれた男はしばらく石像を見つめていましたが、やがてマントをひるがえしました。
 そして、「――次は夏の女王だ」と言い、きりの中に消えていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。