5.秋の女王の城館

 純白じゅんぱくのユニコーンのセディナは風のように林をけぬけていきます。

 夏の女王の城館じょうかんを出てから、2人は一言もしゃべっていません。重々おもおもしい空気がただよっています。
 風を切って走って行くセディナのせなかで、アーサーは、
うつろの王……、か。」
とつぶやきました。その時、近くの木々の上をバタバタバタと何匹もの黒い鳥が飛んでいきます。

 エリザベスが心配そうに、
「夏の女王さまは……」と言いかけた時、となりを走っていたキツネが、
「おそらくはもう、石に」と答えました。ぎゅっとエリザベスは手をにぎりました。
 その小さなこぶしの上からアーサーが手を重ねます。「お兄ちゃん。」
「女王さまはエリザベスに指輪ゆびわたくしたんだ。たぶん、……うつろの王からこの世界を守るために。だからぼくたちはぼくたちのできることを、しよう。」
 アーサーの言葉にエリザベスはうなづいて、
「でも指輪ゆびわを集めてその先は? どうしたらいいのかしら?」
と首をかしげました。アーサーもこれには答えることができません。ただ、
「きっと秋の女王が教えてくれると思う」としか言えませんでした。

 秋の女王の城館じょうかんが近づいたのでしょうか。まわりの木々の葉が赤や黄色にまっています。そして、どこからか陽気な音楽と人々の楽しそうな声が聞こえてきました。
 セディナの走っている道は、どうやらにぎやかなお祭の方へと続いているようです。

 森がとぎれて村の広場に到着とうちゃくしました。正面に建っている女王の城館じょうかんから、周りの家々にいくつものはたをくくりつけたロープがわたされています。
 広場の中央では、ピエロのようなすがたをした楽団がくだんが陽気な演奏えんそうおこなっていて、その周りを村人たちが、そして動物たちが楽しそうにおどっていました。
 春の女王のところで見た黒いきり。夏の女王のところでみた黒い雲。すべての色を飲みこんでめてしまうような、そんなおそろしいものはここには関係が無いようでした。

 色あざやかな木々に、陽気な音楽。どこか切羽詰せっぱつまっていたような気がする2人も、ようやく人心地ひとごこちがついたようです。

 城館じょうかんとびらは開け放たれていて、だれもが自由に中に入れるようになっていました。
 セディナはまようことなく中に入り、歩き続けます。
 アーサーがセディナに、
「もう自分たちで歩くよ」と声をかけましたが、セディナはブルンッと鼻を鳴らして、美しい声で、
「ダメです。お2人を秋の女王の前にお連れするのが私の役目ですから。」
と決しておろしてくれません。アーサーもあきらめて「わかった」と言いました。
 城館じょうかんの石のゆかをカツンカツンといいながら、セディナが進みます。

 やがて、広間に出て、そこに秋の女王がいました。
 2人はセディナからおりて女王の前に行きます。
 えんじ色のケープを羽織はおってブラウンのかみをした秋の女王は、めがねの奥から2人を見て、にっこりとほほえみました。

「ようこそ。私の城館じょうかんへ。つむぎ手のお2人よ。」
 その言葉にアーサーとエリザベスは顔を見合わせます。アーサーが、
つむぎ手、ですか?」
と言うと、女王はうなづいて、
「アーサー・スペンサーにエリザベス・スペンサー。この季節めぐる国の童話のつむぎ手たちです。」
と答えました。

 女王はやさしくエリザベスの金色のかみをなでると、
「よく聞きなさい。集めた3つの指輪ゆびわをたずさえて季節めぐとうへ行くのです。そして、冬の女王の指輪ゆびわそろえば道が開かれことでしょう。――星天せいてんみやへの道が。」
 アーサーが、
「星天の宮ですか?」
と聞きかえすと、それにうなづいて、
「ええ。……この世界の物語がつむがれるところです。ですが、やがてそこへうつろの王も向かうでしょう。彼がそこにたどり着く前に、『季節めぐる国の童話』を書きつづるのです。」

 それを聞いたエリザベスがじいっとアーサーの顔を見上げました。アーサーはおどろいています。
「『季節めぐる国の童話』を書きつづる……、のですか?」
 女王がうなづきます。
「ええ。まだ最後までつづられていない物語を完成させるのです。……永遠とわに続くように。そして、それはあなたにしかできません。『つむぎ手のペン』を持つあなたにしか。」

 アーサーはおもわず上着をさえました。その手の下には、売れない小説家だった父の残したペンがあります。
 毎日、書斎しょさいでコツコツと小説を書いていたお父さんのペン。秋の女王がうなづいて、
「そうです。そのペンこそ、『季節めぐる国の童話』を書くことができる『つむぎ手のペン』です。」

 秋の女王はそのしなやかな指から美しい赤い指輪をぬき取ると、エリザベスの手のひらにのせました。
「さあ、そろそろ行くべき時間です。」
 その言葉とともに外の近いところでかみなりが落ちました。ビリビリと城館じょうかんがふるえます。
 ユニコーンのセディナがすわって、「さあ、早く乗って」と2人に言いました。
 2人が急いでそのせなかにまたがると、セディナが立ち上がりました。

 キツネが女王をふり返ります。そのキツネに女王がほほえみました。「チャールズ。……後はあなたがたにまかせましたよ。」
 キツネはセディナの前を進んで秋の女王の城館じょうかんを飛び出ました。
 すでに周りの林も、お祭りを楽しんでいた人々も石になっていました。うっすらと立ちこめる黒いきりの中に、白くなった木々や石になった人々がまるで悪いゆめの中にいるように浮かび上がっています。

 黒いきりきぬけるように セディナとキツネのチャールズが走り抜けていきました。

――――
 秋の女王は城館じょうかんの広間でうつろの王と対面していました。

 秋の女王がやさしく話しかけます。
うつろの王よ。あなたにもゆめいだくことができるといいのですけれど。」
 しかし、黒いよろいを着た王は首を横にふります。
「それはできぬ相談だ。秋の女王よ。……ゆめを失った人々の心から私はやってきたのだからな。」

 秋の女王は足元から石になっていきながら、さびしそうに言います。
「私はそれでも願っていますよ。いつの日にか、あなたが……。」
 しかし、その言葉が終わる前に秋の女王は石になってしまいました。

 うつろの王はしばらくその石像をながめながらも、
「女王よ。安心するがいい。みな、現実げんじつとらわれるのだ。この世界も時を止める。長い長いねむりにつくのだ。」
 そういうと、うつろの王はふり返り、きりの中へと消えていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。