6.石になった冬の女王

 すでに森も川も、そこに住む動物たちも石になっています。
 生き物の気配が消え、そこにはただ静寂せいじゃくがただよっています。その中をアーサーたちが走りぬけていきます。
 石の森をから飛び出ると、目の前に人間の軍隊に囲まれた美しい白いとうの姿が見えて来ました。
 キツネのチャールズが、
「あれが季節めぐとうだ。」
と大きな声で言います。

 アーサーたちが走って行くと、人間の軍隊がおどろきながらも、そのく手をさえぎりました。
 騎士きしたちの中でも立派りっぱよろいを着た 男性だんせいが立ちはだかり、
「お前たちは何ものだ。一体何のようでとうに向かっている?」
と強い口調でたずねました。

 アーサーは緊張きんちょうしているエリザベスに、「心配ないよ」と安心させてから、
ぼくはアーサー、こっちは妹のエリザベスだ。……秋の女王の指示しじで季節めぐとうに向かっている。」
 その言葉を聞いた騎士きしたちに緊張きんちょうが走り、けんをアーサーたちにきつけます。
 しかし、一番立派りっぱ騎士きしがそのけんを下げさせます。

「私はウィリアムだ。……君たちはもしかして『つむぎ手』か?」
 ウィリアムと名乗った騎士きしに、アーサーはうなづきます。そして、内ポケットから父チャールズのペンを取り出して騎士きしにかざして見せました。
 ウィリアムをそれを見るとうなづいて、
「その者たちを通せ。」
と命令しました。将軍しょうぐんだったのでしょうか。周りの騎士きしたちは言われたとおりに道を開けました。
 ウィリアムは先を歩いて、アーサーたちをとうまで案内してくれるようです。

 騎士きしたちは今にもいくさになるかのように緊張きんちょうしながら、よろいに身を包んでいます。
 ウィリアムがふり返り、
「すまんな。もうすぐでうつろの王がここに来る。おれたちは戦わねばならないのだ。」
と言いました。アーサーは、
「勝てるのですか?」
とききかえしましたが、ウィリアムは首をふります。
「いいや。勝てないな。……ただ希望きぼうはある。」
 そういってアーサーとエリザベスを見つめます。

「君たちだ。……おれたちが時間をかせぐ。だから君たちは君たちのすべきことをするんだ。女王たちからの指示しじのとおりにやりとおしてくれ。」
 ほほえむウィリアムは季節めぐとうとびらを開くと、アーサーたちが入っていくのを見守ります。
 右手をあげて、「たのんだぞ。『つむぎ手』たちよ」と言い、とびらをしめてくれました。

 とうの中は白一色でどこかひんやりとした空気がただよっています。
 キツネのチャールズが言いました。
「今のが人間の王ウィリアムだ。……さあ、行こう。時間は待ってはくれないよ。」
 2人はセディナのせなかでおどろきました。たしかにほかの騎士きしをしたがえ、立派りっぱよろいをしていましたが、まさか王さまだったとは思いもしなかったのです。

 セディナが階段かいだんをのぼり、2階の広間へと入っていきます。おくに見えるテラスの手前に一人の女性じょせい石像せきぞうがありました。
 ティアラを乗せた冬の女王です。

 その手前でセディナからおりた2人は、おずおずと冬の女王の近くまで行きました。
 そして、その顔を見た時、2人はとてもおどろきました。

「お、お母さん?」
 そう。冬の女王の顔は2人の母ヴァージニアにそっくりだったのです。2人がいくらびかけても、石になった女王は沈黙ちんもくしたままです。

 目の前に石像になってしまった母そっくりの女王がいる。それなのに言葉はとどかない。そのことにどうしようもなく2人のむねが悲しみにいたみました。
 しかし、いつまでも悲しんでいる時間はありません。テラスから見える外の景色は、どんどん暗くなっていき、まるで夜のようになっていました。

 アーサーはエリザベスのかたを ぽんぽんとたたきます。
「エリザベス。指輪ゆびわをさがそう。」
 2人は冬の女王の指を見ましたが、そこに指輪ゆびわはありません。近くのテーブルにも、どこにも指輪ゆびわが見当たりませんでした。

 エリザベスは、
「ない! ない! ないわ! どうしよう?」
とあせっています。アーサーもゆかに落ちていないか さがしていましたが見つかりません。

 その時、外で騎士きしたちが何かと戦っている音が聞こえてきました。「おお!」というたくましい声、そして、よろいけんがぶつかる音。……しかし、それらの音はすぐにしずかになっていきます。
 2人はあわててテラスに出て下をのぞきこむと、今まさにウィリアム王とまがまがしい雰囲気ふんいきをただよわせる黒いよろいの男が対面しているところでした。きっとあれがうつろの王なのでしょう。

 ウィリアム王がけんをぬき放ち、うつろの王にきつけます。
うつろの王よ。しばらく付き合ってもらうぞ。」
 うつろの王もこしから黒いけんをぬき放ちました。

 その時です。エリザベスの首からげているネックレスが光りはじめました。そのペンダントトップには母の形見かたみ指輪ゆびわがありました。
 その光を見て、エリザベスはおどろきながら、
「もしかして、これが……」とつぶやきました。

 春の女王、夏の女王、秋の女王からわたされた指輪ゆびわも光りかがやき始めました。
 すべての光がエリザベスの胸元むなもとに集まりました。そして、その光は らせん階段かいだんとなって、テラスから空高くのびていきます。
 光の階段かいだんに見とれていた2人でしたが、キツネのチャールズが、
「2人とも行くぞ。」
と声をかけ、テラスから光の階段かいだんけ上がっていきます。アーサーはエリザベスの手をとってチャールズを追いかけて、光の階段かいだんへふみ出しました。

――――
 アーサーがふと下を見ると、けんをかかげたウィリアム王が石になってたたずんでいるのが見えました。そして、そのそばで黒いうつろの王が2人を見上げています。

 ――目が合った。
 その瞬間しゅんかん、アーサーのせなかが ぞぞっと寒くなりました。漆黒しっこくの王は季節めぐとうへと近づいていきます。
 キツネのチャールズが、「とにかく急ぐんだ。この『時のらせん階段かいだん』をぬけて星天せいてんみやへ行かねばならない」と叫びました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。