7.星天の宮

 暗闇くらやみの中をぐるぐると光の階段かいだんがのびています。その階段かいだんを2人と一匹がけ上がっていきます。

 はあはあと息をあらげるエリザベスが とうとうすわりこんでしまいました。見上げると、まだまだ階段かいだんがありそうです。
「ご、ごめん。ちょっと休ませて。」
というエリザベスの前にアーサーが背中を向けてしゃがみます。
「お兄ちゃん?」「いいから。乗れ。」「うん。」
 エリザベスを背負せおったアーサーが階段かいだんをのぼり始めます。しかし、スピードはおそくなりました。それも当然です。2人分の重さを背負せおっているのですから。
 キツネのチャールズが2人を見上げました。
「チャールズ?」
とアーサーが問いかけます。

「次は私の番だ。2人とも……、最後まであきらめてはいけないよ。ぜったいに。」
「え?」
と2人が声をかける間もなく、チャールズは階段かいだんをおりていきます。
「行くんだ、つむぎ手よ! 君の物語をつづるんだ!」

 アーサーはぐっとこらえるようにくちびるをかみしめて、階段かいだんをのぼりつづけました。

――――
 光の階段かいだん途中とちゅうで、うつろの王がキツネのチャールズと向き合っています。

「……お前もつむぎ手だな?」
 しずかにうつろの王が問いかけます。チャールズは、
「その通りだ。うつろの王よ。」
「お前が物語を書くべきではないのか?」
 チャールズは首を横にふって、れと笑いかけました。

「私の時代はとうにぎ去っている。……それに心配はいらぬよ。私のペンを受けいだアーサーが、そして、エリザベスがきっとこの物語をつむいでくれるだろう。」

 うつろの王はうなづくと、右手をキツネのチャールズにかかげました。
「そうか。……ならばお前も石となりねむるがいい。」
 チャールズはだまって笑った顔のままで石になっていきました。
 うつろの王は、チャールズの石像の横を通りぬけ、ふたたび2人を追いかけ始めました。

――――
 とうとう階段かいだんを登り切り、そのままアーサーとエリザベスは ゆかに たおれこみました。
 2人は息を整えながら周りを見回します。

 そこは少し広めの洋風のあずまやガゼボでした。
 周りには満天の星空と銀河ぎんがが広がっています。

 はなれたところに1台のつくえが置いてあり、その上の書見台しょけんだいにどこか見覚えのあるノートが置いてあります。
 エリザベスはそのノートを見下ろして、
「これは……お兄ちゃんのノートだね。」
とつぶやきました。アーサーは予想がついていたのか、おどろく様子もなくだまってうなづきます。
 ノートの一番はじめにはアーサーの文字で『季節めぐる国の童話』と書いてありました。
 アーサーはノートを手に取り、ページをっていきます。

 その時、とうとううつろの王も階段かいだんを登り切って星天せいてんみやへとやってきました。
 エリザベスがこわがってアーサーの後ろへとかくれます。アーサーはノートを手に持ちながら、キッとうつろの王をにらんでいます。

 2人の手前でうつろの王は立ち止まり、
つむぎ手のアーサーとエリザベス。よくぞここまでたどり着いたな。」
と話しかけました。そして、ノートを指さして、
「さあ、最後の言葉を書くがいい。……だが心せよ。言葉をまちがえれば、その瞬間しゅんかんに私がお前たちを石にする。」
と告げました。
 アーサーは緊張きんちょうしながら物語の最後の部分を開きます。
 ノートに書かれた物語は、星天せいてんみやに来た2人がうつろの王と対面しているところで止まっています。

 そして、一番最後には、

 ――その時、アーサーとエリザベスは願った。「       」と。

 と書かれていました。

 アーサーにはわかりました。この空白に言葉を書き入れなければならないのです。
 しかし、何の言葉をここに書き入れるべきなのでしょうか。

 うつろの王が語りかけます。
「アーサーよ。そなたは知っているか? ゆめやぶれた人々の後悔こうかいを。余計よけいな期待をしたばかりにダメだった時のなげきを。……人々にはゆめ希望きぼうなどは必要ないのだ。」

 その時、アーサーの耳には色々な人々の声が聞こえてきました。

 ――ああ、いくら努力しても才能さいのうのあるやつには勝てないんだ。
 ――くそっ。なぜ上手くいかないんだ。あれだけがんばったのに。
 ――なぜなの? なんで、私は……。
 ――あの時、ああしておけばっ。
 ――ここが自分の限界げんかいなのか。

 ――ゆめなんて持ったばかりに。
 ――希望きぼうなんていだいたばかりに。

 アーサーは思わず耳をさえて頭を横にふります。
「わかっているんだ。ぼくだって。ゆめばかり抱いてはダメだって。現実げんじつはもっときびしいんだって。」

 うつろの王はうなづきました。
「そのとおりだ。いくら努力してもどうにもならぬことが現実げんじつには多すぎる。どうせなげくことになるのなら、最初からゆめ希望きぼうなど無い方がよい。『季節めぐる国』など無くなるべきなのだ。」

 アーサーはふるえる手でペンを取りました。
 その手をエリザベスがくいっと引っぱります。

 アーサーがエリザベスを見ると、エリザベスはニッコリ笑って、
「でもね。私。お兄ちゃんの書く物語が好きだよ。ゆめ希望きぼうがあるお話が。」
 その時、アーサーのふるえがすっと止まりました。「……エリザベス。」

 アーサーの目に力がこもります。そして、うつろの王に、
「今、わかった。お前はぼくの心から生まれたんだね。……悪口わるくちきずつけられ、つむぎ出す言葉をなくしそうになっていたぼくの心から。だから、君はぼくだ。だから、ぼくはこの言葉を君のためにつづる!」

 ――その時、2人は願った。「 うつろの王にゆめ希望きぼうを! 」と。

 その途端とたんうつろの王のよろいの内側からまばゆい光があふれ出しました。
 どんどん強くなる光が2人も包みこみます。

 2人の耳に色々な人々の声が聞こえてきました。

 ――でも、努力している俺が好きだって言ってくれた。
 ――これは上手くいかなかったけれど、その経験けいけんは無駄じゃなかった。
 ――なやんで、なげいて、苦しんでいるのは私だけじゃなかった。
 ――今度はこうしてみよう。
 ――いつも がんばれって応援おうえんしてくれる人がいるんだ。

 ――だから。

 「ゆめ希望きぼうはあきらめない!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。