8.季節廻る塔

 アーサーが目を覚ますと、そこは季節めぐとうの広間でした。
 長いすにすわっていて、となりではエリザベスがねむっています。
 そっとかたすると、「ううん」と言いながら目を覚ましました。

 その時、
「どうやら起きたようですね。」
と、遠い昔に聞いた、とてもうれしい声が聞こえます。

 2人が顔を上げると、そこには冬の女王が2人をニコニコしながら見つめていました。その後ろから、春の女王、夏の女王、秋の女王もやってきます。

illustrated by ふわふわ。り

 

 立ち上がった2人は冬の女王をじっと見つめました。エリザベスがどこかゆめの中にいるように、
「お母さん?」
とつぶやくと、冬の女王はうなづいて、
「そうですよ。……アーサー。エリザベス。大きくなりましたね。」
と2人をきしめました。
 アーサーとエリザベスの目からなみだがこぼれました。

「お母さん。お母さんお母さんお母さん!」
 何度も何度も母をび、強くきしめるエリザベス。そして、ただじいっとなみだを流しているアーサー。

 そこへ下から、
「おいおい。……私をわすれてもらってはこまるよ。」
と声がします。
 冬の女王が「あらあら、あなたったら。」とクスッと笑いながら少しはなれました。
 その足元からは、あのキツネのチャールズがあらわれました。

 女王がチャールズをき上げて、2人にほほえみかけます。
「まだわからない? お父さんよ。」

「「えっ?」」
 2人はおどろきました。
 その様子を見てキツネのチャールズが、
「ははは。まあこの姿すがただからね。」
と笑います。

 そこへ他の女王たちもりこんできました。
 春の女王が、
「よくぞやり通してくれたわ。つむぎ手のお2人さん。これでようやく春にすることができるわ」
とうれしそうにいいます。

 どうやら女王たちからたくされた指輪ゆびわは、すでにそれぞれの女王の指にはめられているようです。たった一つ、……冬の女王の指輪ゆびわをのぞいて。

 夏の女王が、
「いつまでもこうしていたいのはわかるけど。そろそろ時間なのよ。」
と残念そうに言います。
 アーサーが「え?」と言うと、秋の女王が2人の後ろを指さしました。

 ふり返った2人が見たのは、広間のかべにある大きな鏡でした。そこにはあの公園のベンチが写りこんでいます。

 キツネ姿のチャールズが2人の前に回り、
「本当は2人とずっといっしょにいたい。……けれども、お前たちにはお前たちの生きるべき世界がある。戻らなきゃいけないんだよ。」
と言いました。悲しげな表情ひょうじょうになるアーサーとエリザベスでしたが、冬の女王が後ろから2人のかたきよせました。
 そして、その耳もとで、
「大丈夫よ。私たちはいつも貴方あなたたちの心の中にいる。ずっと見守っているわ。」
とやさしく語りかけます。
 いつの間にか、2人は再びなみだを流しています。そのなみだを冬の女王ヴァージニアがぬぐい、2人を鏡の前に連れて行きました。

 鏡の前で並んだ2人がふり返ります。
 ヴァージニアが、春の女王たちが、2人に手をふります。

 チャールズが、
「悲しむことはない。……いつでも物語の中で出会える。ゆめ希望きぼうむねに行きなさい。」
と言いました。

 うなづいた2人は、手をつないで鏡の中へと歩いて行きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。