01.ユッコ、召喚される

 私はキツネのユッコ。
 キツネとはいっても、普通のキツネじゃないよ。九尾のきつねと呼ばれる種族とはいっても、私一人しかいないのよね。森の深いところにずっと住んでいて、近くの町や村の人々から神様のようにあがめられているわ。
 もう1万年以上の昔に、この世界の魔力と呼ばれる不思議なエネルギーが集まるところから生まれたの。……だからお父さんとかお母さんっていないんだけれど、言ってみれば周りの自然とか世界そのものが私の親ということになるわ。幼いころは、この森に住む動物たちが面倒を見たりしてくれたしね。
 こうして魔力から生まれた私は、寿命もないし年を取ることもない。おまけに魔法とかごく自然に使えるし、はっきりいってケンカだったら世界で一番強いわ。次は、南の山にいる古代竜エイシェント・ドラゴンが強いかしらね。
 とはいえ、先日、その古代竜もとうとう寿命じゅみょうを迎えて亡くなったから、今では私がこの世界で一番の年長ねんちょうとなってしまった。古代竜は私と昔話ができる唯一のお友だちだったから、亡くなったと聞いたときはずいぶんと落ち込んだりもしたけれどね。

 九尾の狐ってね。九つの尾っぽがあるんだけれど、普段は森の仲間やたまにやってくる人間をおどろかさないように尾っぽは一本にしているわ。
 今は、私の育て上げた銀狼ぎんろうのフェンに森の管理を任せ、悠々自適ゆうゆうじてきに暮らしているってわけ。

 「なあ、ユッコ。今日の森はなんかおかしくねえか?」
 私の目の前には、もう大きくなった銀狼のフェンがいる。
 「う~ん。……そう言われれば、どことなく落ち着かない気がするかしら。でも、アンタは森の主なんだから、どんっとしていればいいのよ?」
 「いや、そうじゃなくてさ……。ユッコが心配できたんだぜ? こう、胸騒むなさわぎがするっていうか」
 「ぷっ。今日はやりでもふるんじゃないかしら? 私の心配なんて。ないない。大丈夫よ」
 思わず吹き出した私だったが、フェンはじれったそうな顔で私を見た。……あのう。こう見えて私はあなたの育ての親なんですけど。
 「ならいいけどさ。……じゃ、俺は見回りに行ってくる」
 そういって、フェンは振り向いて森の中へと戻っていこうとした。

 その時、私の足下の地面を中心に光の魔方陣まほうじんが浮かび上がった。
 時間が止まったような感覚をおぼえ、体が引きつる。
 魔方陣から立ち上る光の向こうに、あわててさけびながら駆け寄ろうとしているフェンの姿が見える。
 ええっとこれって……。何かの魔方陣みたいね? 転移てんいの魔方陣かしら?
 光がどんどんと強くなり、目がくらんでいく。私は急いでフェンに、
 「私のことは心配しないで、アンタはちゃんとしなさい! みんなを頼むわよ!」
と叫んだ。
 その途端とたんに光に包まれて、前後左右の感覚がなくなっていく――。

――――。
 フェンは突然あらわれた魔方陣の光がかべとなり、ユッコに近づくことはできなかった。
 「ユッコ!」とあせりをふくんだ声で叫びながら、がしんっがしんっと体当たりをり返す。
 魔力を口にためて氷の魔力弾まりょくだんを打ち出すが、魔方陣の光をやぶることはできなかった。
 氷の魔力弾を放ったフェンの目の前で、魔方陣の光が消えていく。そして、そこにユッコの姿はなかった。
 フェンはくやしそうに遠吠とおぼえを上げた。
 「うおおおお~~ん」

 森に住む動物たちはフェンの悲しげな遠吠えに何が起きたのだろうかと顔を見合わせていたが、やがて魔方陣によってユッコがどこかに消えたことを伝え聞いて、おどろき、そしてさびしがるのだった。

――――。
 わずかな浮遊感ふゆうかんに包まれ、次の瞬間しゅんかん、私は見知らぬ家の庭に出現していた。
 空中からすっと芝生しばふの上に下り立つと、目の前には十二才くらいの男の子と女の子がいる。
 二人とも、かわの服にフードの付いたコートを着ていて、金色のかみに青い目をしている。一瞬、兄弟かなと思ったけれど、顔つきからしてちがうようだ。
 男の子がつまらなさそうに、
 「ださっ! たんなるキツネじゃん! お前の召喚魔法しょうかんまほう、役に立たねーの」
と私を見ながら女の子に向かって言った。
 内心でむかっとしたけれど、女の子がけ寄ってきて、しゃがんで私を抱きかかえた。
 「かわいい! ね。ヒロユキの言うことなんか無視むししようね!」
 それを聞いた男の子が、ちっと舌打したうちして、
 「なんだよ。コハルのくせになまいき!」
と口をとがらせた。
 ふむふむ。どうやら男の子がヒロユキ、女の子がコハルという名前のようね。……状況がわからないから、キツネのふりをしておいた方がよさそう。
 そう思いながら、女の子の顔をぺろっとなめると、女の子はきゃっと言いながら、うれしそうに私の頭をなでた。
 そのとき、家の方から背の低いヒゲもじゃのおっさんが出てきて、
 「お~い。なにやっとんじゃ?」
とやってきた。身長は小学校四年生くらいだというのに、マッチョのおやじ。ドワーフだ。……とすると、ここは鉱山こうざんが近くにあるのかな。だってドワーフって、鉄鉱石てっこうせきにくべて精錬せいれんして鉄にしたり、その鉄をつかって剣や槍をつくったりする種族なのよ。
 ドワーフのおっさんはのしのしと歩いてきて、コハルのそばの私を見ると、
 「ああ~ん? なんじゃこのキツネは……」
と自分のヒゲをなでながらコハルに話しかけた。すると、そばのヒロユキが、
 「コハルが召喚したんだよ。ぷっ。風の精霊せいれいシルフを呼ぶなんて大きいこと言っていたのにさ」
小馬鹿こばかにしたように言い放つと、コハルが私を抱えて、
 「いいのよ。だって、かわいいは正義! だもんね」
と言う。
 ドワーフのおっさんは、
 「なんだと? 召喚魔法だと? 俺らのいないところで何あぶないことやってんだ! このバカ野郎やろうどもが!」
といきなりにぎりこぶしをかためてヒロユキとコハルに拳骨げんこつを落とした。うわぁ。いたそう。
 ヒロユキとコハルは二人して頭をおさえてうづくまった。ドワーフはふんっと鼻を鳴らすと、
 「そんなことより、さっさとうちに入れ。……そのキツネも一緒いっしょにな」
と腕を組んで二人をにらんだ。ヒロユキが頭をさすりながら涙目なみだめで、
 「いってぇな。わるかったよ。ゴンドー」
と立ち上がり、コハルの手を引っ張って立たせると、ゴンドーと呼ばれたおっさんのあとをついていった。
 はあ。しょうがない。私もついていこう。まだ未熟みじゅくな召喚魔法だったので、私に隷属れいぞく効果こうかはないようだけど、ここがどこかわからないし状況じょうきょうがわからないわ。
 私はため息を一つつくと、コハルのあとについて歩いて行った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。