04.危機の知らせ

 村への帰り道。不意ふいに右手奥の方から不思議ふしぎな力を感じて、私は立ち止まった。

 森に入ってからずうっと周囲しゅうい気配けはい感知かんちしていたけれど、その気配感知の地図のなかに突然とつぜんあらわれた不思議な力。……気になる。

 立ち止まった私を見て、いっしょに歩いていたソアラが、
「うん? なにかあったの?」
と私を見おろした。
「クウン」
とないて、気配のする方を向く。
「あっちの方向ほうこう……」とソアラが言いながら、後ろのエドワードを見ると、エドワードはだまってうなづいた。

 ソアラはうなづき返すと、
「みんな。私はユッコと様子を見てくる。ここで待機たいきしていて」
と言い、「行こう。ユッコ」と気配のする方へと歩き出した。
 心配しんぱいそうなコハルをちらりと見てから、私もソアラを追いかけた。

 おおよそ五〇〇メートルほどすすむと、不思議な気配の正体しょうたいがわかった。そこにあったのは、
「ほこら? ……聞いたことないわね」
ソアラは首をかしげながらも、ほこらの周りにわな危険きけんがないかどうかを慎重しんちょう調しらべている。大丈夫だいじょうぶよ。私の感覚かんかくにはなにもひっかからないから。
 私はそう思いながら、すたすたと無造作むぞうさにほこらに近寄ちかよった。

 頭上ずじょうには木々のみどりが日の光をさえぎっていて、小さな石のほこらが忘れられたようにさびしくたたずんでいる。
 そよそよと風が枝をらす音がするが、ほこらのまわりには生き物の気配はない。まるで時間じかんがそのまま止まったような錯覚さっかくをおぼえる。

「あ。こら。ユッコったら、まだ安全あんぜん確認かくにんできてないのに……」
と言いながら、ソアラもやってきたけれど、ちょっとだけほこらをながめて、
「でも危険はなさそうだね。ちょうどいいからみんなも呼んできて、ここで休憩きゅうけいしましょ」
 そういってソアラがみんなをびにもどっていった。

 一人になった私はそっとほこらを一周いっしゅうしてから、正面しょうめんの石をそっとさわってみた。

 ――この感覚は……。きよらかな川の水のような、天地てんちにみちる魔力のような神聖しんせいさと安心感あんしんかんをくれる不思議な力の波動はどう
 どこかなつかしい力に、私は目をじて記憶きおくをさかのぼる。はるかな昔、まだ私という意識いしきが生まれるとおいかなたの記憶。

 そのとき後ろから、
「あっ。……こんなところに、ほこらなんてあったか?」
とエドワードの声がする。かえるとみんながならんで立っていた。
 コハルがしゃがんで両手りょうてを開き、
「ユッコ」
と私の名前を呼ぶ。そっとコハルのところに戻ると、コハルがそっと私を抱っこしてくれた。

 ――そのとき、私の脳裏のうりに何かがひらめいた。……あの不思議な力。あれは神力しんりょくだわ。

 ほこらを中心に思い思いに座り、みんなが休憩きゅうけいをしている。
 ヒロユキが、
「で、このほこらって何のほこら?」
たずねる。ソアラが苦笑くしょうしながら首を振り、
「さあて何だろうね? でもこういうのは下手へたさわらない方がいいんだよ」
こたえると、リリーがヒロユキに、
「よく言うでしょ? さわらぬかみにたたりなしって」
と言いふくめるとヒロユキがつまらなさそうに、
「ふぅん……」
とほこらを見上みあげた。

 エドワードが、
「ま、でも村に戻ったら村長そんちょう古老ころうに聞いておこう。正体がわからないと不気味ぶきみだからな」
と言うと、ソアラとリリーがうなづいていた。
 うでんでいたゴンドーが、
「このほこらの様式ようしきからいって、エルフのものでもないようだ。過去の土着どちゃくの神さまがまつってあるのかもしれん」
とぼそっとつぶやいた。

――――
 ほこらを出発しゅっぱつして村へと戻った私たちは、早速さっそく冒険者ぼうけんしゃギルドのヒルズ村の支部しぶへと向かった。

 村へと入ると、なにやら村の様子がさわがしい。
 エドワードが、
「なんだ? なにかあったのか?」
とつぶやくと、きっとするどい目をして気合きあいを入れ、
はやく行くぞ! なにかいやな予感よかんがする」
 みんなの先頭せんとうを切って走り始めた。それを追いかけてみんなも走る。

 とくに近くに危険な感覚はないけど……。
 私も、ざわつく心にどこかあせりながら、コハルの横を走った。

 冒険者ギルドの前の広場ひろばに村人たちが集まっていた。ギルドの入り口のところにギルドマスターの男性だんせいと村長のおじいさんが立っている。ギルマスはヒゲの引きまった肉体にくたいの男性で、人間の年齢ねんれいはよくわからないけど五〇さいくらいだと思う。

 ギルマスは、おれたちを見て、
「おう。お前らもどったか。ちょうどいい」
とニカッと笑った。そのとなりで表情ひょうじょうをこわばらせている村長さんが、
「ロナウド殿どの不謹慎ふきんしんですぞ」
抗議こうぎするがギルマスのロナウドは無視むしをして、両手りょうてらしてその場にあつまった人たちに注目ちゅうもくをうながした。

 その場がしずかになったところで、ロナウドの後ろにひかえていた眼鏡めがね女性じょせい。ギルマスの秘書ひしょのアイリさんが、
「それでは集まっていただいた理由りゆう説明せつめいします」
宣言せんげんした。
 だれかがゴクリとつばをむ音がきこえる。
 アイリさんのこえひびわたった。

「今から二時間前に重傷じゅうしょう旅人たびびとがこの村にけ込んできました。かれからもたらされた情報じょうほうにより、ここから南方なんぽうに五〇キロメートル地点ちてんにおよそ四〇〇ぴきのオークの集団しゅうだんがいることが判明はんめいしました」

 とたんに村人たちがざわめきはじめた。私の頭上でもフランクさんが、
「四〇〇匹だと?」
呆然ぼうぜんとつぶやいている。
 四〇〇匹か。おおいわね。片付かたづけるのに一苦労ひとくろうしそう。
 そんなことを考えていると、ふたたびギルマスが手を打った。

「みんな! 聞いてのとおりだ。規模きぼからいってオークキングが発生はっせいしている可能性かのうせいたかい。……でだ。そうすると必然的ひつぜんてきに、ちかいうちにこの村にかって進軍しんぐんしてくるだろう」

 ギルマスのロナウドのおっちゃんの言葉ことばに、何人かの女性がふらっとたおれかけた。
 誰かが、
領主りょうしゅさまに騎士団きしだん要請ようせいは?」
とたずねると、村長が、
「すでに要請ようせいはした。それと同時に北の商業都市しょうぎょうとしソルンにけ入れの要請ようせいをしている」
「ソルンに?」といかける声に、ギルマスが、

「みんなもってのとおり、この村を拠点きょてんにしている冒険者ぼうけんしゃはわずか三〇人。警備隊けいびたいと言っても村のわかしゅうでせいぜい二〇人ってとこだろう。……はっきりいって村をてて避難ひなんするしかない状況じょうきょうだ」
と言う。ふたたび人々《ひとびと》がさわぎ出した。

はたけは? いえはどうなるんだ?」
「私たちは?」「ここを捨てるのか!」

 徐々《じょじょ》にさわぐ声が大きくなっていくのをギルマスは目を閉じてやりごし、
しずまれ!」
と目をクワッと開いて大声おおごえさけんだ。さわがしかったその場に静寂せいじゃくがおとずれる。

 村長が、
「みなの気持きもちはようわかる。ずっとこの村で生きてきたんじゃ。……だがの、オークは四〇〇匹。しかもオークキングがいるとなっては、この村の貧弱ひんじゃくさくと冒険者、若い衆でははなしにならんよ。それにソルンの太守たいしゅはワシのいとこじゃ。安心してソルンにげる。これは決定けっていじゃ」

 ギルマスがつづいて、
出発しゅっぱつ明朝みょうちょう予定よていだが、オークの動向次第どうこうしだいでは夜中やちゅう、または今日きょう夕方ゆうがたになるかもしれん! 各自かくじ荷物にもつはできるだけ少なくしてほしい」
説明せつめいする。つづいてアイリさんが、
「冒険者はこのあとに集まってください。……それでは解散かいさんしてください」
と言う。

 人々がさわぎながらあわてて自分の家に戻っていく。その場にのこったのは村長とギルマスとアイリさん。そして、三〇人の冒険者だった。

 ギルマスのところに集まると、即座そくざ役割やくわり発表はっぴょうされた。
「わりいな。みんな。緊急依頼きんきゅういらいだ。この場には8パーティーがいるが、それぞれ2人から3人ぐらいずつ出してくれ」

 そのほか、ギルマスの説明によれば、ギルドで所有しょゆうしている馬車ばしゃと村で保有ほゆうしている馬車が合わせて8だいあり、うち5台を食料輸送しょくりょうゆそう。1台は村長とギルドの書類しょるい記録きろく運搬うんぱん、のこり2台を妊婦にんぷおさな子供こども輸送ゆそう使つかうとのこと。
 かくパーティーから選抜せんばつした人たちで、村周辺むらしゅうへん監視かんし食料しょくりょうや水を馬車へせる作業さぎょうをするそうだ。

 私たちのパーティーからは、フランクとソアラが行くことになった。フランクは力仕事ちからしごと、ソアラは監視役かんしやくになるだろう。私もコハルからはなれてソアラのところに行こうと思う。

 エドワードはさすがにリーダーなので行かせられない。ゴンドーとともに自分たちの馬車に荷物にもつせる手はず。そして、リリーとヒロユキ、コハルの三人は備蓄びちくしてある食料などの準備じゅんびだ。

 エドワードがフランクとソアラに、
「いいか。気をつけろよ。絶対ぜったいに生きて脱出だっしゅつするぞ」
と言うと、二人とも力強ちからづよく、
たりまえだ」「もちろん」
とうなづいた。私がだまってソアラのそばに行くと、コハルが心配しんぱいそうに、
「ユッコ……」
と心配そうにつぶやいた。ソアラが私を見下みおろして、
「ユッコもてくれる?」
と言うので、私はだまって前足まえあしをソアラのくつの上にのせた。ソアラはうれしそうに、
たのむわよ」と言ってからコハルに、
「ユッコ。りるわね」
「うん。ソアラもユッコも気をつけてね」

 それから、私はフランクとソアラと一緒いっしょにパーティーのホームである家から出て、ギルドに向かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です