05.脱出行

 森の中を、巨大きょだいぶたあたまを持つ人型ひとがた魔物まものであるオークが集団しゅうだんすすんでいた。
 じゃまなしげみは手にした大きなナタで切りはらい、時にはほそい木を切りたおして進んでいく。

 そのオークたちの後方こうほうくろよろい一匹いっぴきのオークがいる。かおにはどこかのたたかいの切りきずあと片目かためがつぶれており、のこされた目がまっかがやいている。
 そのよこ空中くうちゅうにはぼろぼろのローブを着た不気味ぶきみ銀髪ぎんぱつの男がいていた。手にはひねくれたつえを持っている。

 男は、
「わかっているな? かならず見つけるのだ」
と黒いよろいのオークにげると、オークはうなづいて、
「ぶひぃ!」
こたえた。男はそのままちゅうけるようにえていく。
 黒い鎧のオークは背中せなかの巨大なけんはなつと、
「ぶひぃぃぃ」
大声おおごえを上げ、まっすぐにある方向ほうこうへと剣をかかげた。それにまわりのオークたちが返事へんじをして、一心不乱いっしんふらん進軍しんぐんをはじめる。
 その行軍こうぐんは、まっすぐヒルズ村に向かっていた。

――――
 森の監視かんしになった冒険者ぼうけんしゃ全部ぜんぶで八人。二人ずつペアとして四チーム体制たいせいだ。私とソアラはもう一人の男性の冒険者と一緒いっしょにBチームになった。

 Bチームの担当たんとうする監視地点かんしちてんは、村から2キロメートル地点の小高こだかおかだ。そこからなら広い範囲はんいを見ることができるから、いち早く異常いじょう発見はっけんできる。さいわいに丘までは細い道ができているので歩きやすい。

 とはいうけれど、私がちょっと集中しゅうちゅうして気配けはい感知かんちするエリアを広げればいいのよね。というわけで、さっそく実行じっこうしよう。

 ……意識いしきを集中すると、そんなに苦労くろうすることなくオークの集団しゅうだんのいる場所がわかった。距離きょりはだいたい15キロメートル。情報じょうほうより近いけれど、あの旅人たびびとげてくる間にも村に向かって進んでいたのだろう。

 それより気になるのは、オークが四〇〇匹どころじゃなくて五〇〇匹、大狼おおおおかみが三〇匹、そして、オークの中につよい力を持った存在そんざいが二つ。一つはオークキングだろうけれど、もう一つはなんだか不気味ぶきみ雰囲気ふんいき

 森の中だけど、休憩きゅうけいなんてしなさそうね。とすると村に来るのは……、明朝みょうちょうの早い時間になりそう。みんなの避難ひなんに合えばいいけど無理むりそうね。

 オークの進軍しんぐんを感じてか、森のなかの動物たちはすでに避難ひなんしているようだ。みょうしずかな森を進み、監視地点の丘に到着とうちゃくした。
 一本の木に到着し、ソアラが器用きようにロープをかけて私をっこして木の上にのぼっていく。その後に男性も登ってきた。

 ソアラは太いえだ密集みっしゅうしているところでっこちないようにロープでハンモックをつくる。どうやら男性と交替こうたい休憩きゅうけいしながら監視かんしをするようだ。

 ソアラが、
「マルコ。最初さいしょは私が監視かんしするわ」
というと、こしにつけたポーチからつつを取り出した。あれは望遠鏡ぼうえんきょうね。マルコとばれた男性は、「まかせた」といってハンモックに横になる。

 さっそくソアラが望遠鏡でっぱのすきから眼下がんかの森を観察かんさつしはじめた。う~ん。おそらくこの望遠鏡を使ってもこの丘から2キロメートルの範囲を見るのが限界げんかいね。

 私はそのそばでちょこんとすわる。ソアラが望遠鏡をのぞいたままで、
「ユッコ。ごめんね。こんなところまでれてきて。……でもあなたがいてくれると何だか心強こころづよいわ」
と話しかけてきた。くすっ。こんなに危険きけん状況じょうきょうだもんね。不安ふあんになるわよね。
 私はそっと尻尾しっぽでソアラをなでる。望遠鏡をのぞいているソアラがフフフと笑った。
 そのまま私はソアラと一緒に木の上で監視かんしをつづけた。

 その後、男性と交替し、再びソアラの交替時間こうたいじかんとなった。もう夜になっているが、満月まんげつだから森の様子がよく見える。
 マルコがパンをかじりながら、
「今のところ、まだ異常は無いようだ」
というと、ソアラも望遠鏡をのぞきながら、
「う~ん。そうみたいね。……このまま朝まで何にもないといいんだけれど」
と答える。ソアラはすでに交替前にパンを食べていて、私も少し分けてもらった。

 ソアラはそういうが、どうやらそううまくは行かないようよ。なぜなら、もうオークたちは3キロメートル地点に近づいている。きっと後1時間もすれば望遠鏡で見える距離きょりになる。

 おや? いくつかの気配けはいがオークの本隊ほんたいとはべつ移動いどうをはじめている。これは……、大狼ね。数は、一、二……、五匹。よりによってこっちに三匹向かってきている。

 仕方しかたないわね。私は立ち上がって、ソアラのほっぺたをなめる。
「ユッコ?」
 けげんな声を上げて私を見るソアラのおでこのペシっと前足をせてから、私はロープの所に行く。じっと見るソアラに一つうなづくと、そこからえだを伝いながら下にりた。
 そのまま、「ユッコ!」というソアラを無視むしして森の中に走り込む。

 魔法まほうで自分の姿を透明とうめいにして、ソアラたちから見えないようにする。同時どうじに体内で魔力まりょくをぐるぐるとめぐらして、運動能力うんどうのうりょく強化きょうかする。静かに、素早すばやく。満月だけど木々の葉っぱにさえぎられてまっくらな森の中を進んでいく。

 気配感知けはいかんちに大狼の接近せっきんを感じたところで、木々の上にけ上がり、忍者にんじゃのように枝から枝へとんでいく。

 大狼。体長たいちょうやく3メートルで、三〇センチメートルほどのきばするどつめ武器ぶきだ。体毛もかたくて、しつわるい剣ならばかえしてしまうほどだ。

 やみのなかに大狼おおおおかみの「はっはっはっ」といういきづかいと赤く光る三対さんついの目が近づいてきた。

 ……悪いけど、すぐにわらせるわ。

 私は普段ふだんかくしている尻尾しっぽを出して、魔力を込めた。ギュンッと大狼のところに飛び込んでいき、尻尾をたたきつける。

 三匹さんびきの大狼が、木々をたおしながら真横まよこんでいく。折れた木がズウンと音を立てて地面にたおれた。
 すっと地面にりた私は、ゆっくりと大狼をいかけて近寄ちかよった。さあ、反撃はんげきしてこい。

 …………うん? なんだか静かなんだけど。

 油断ゆだんせずに進んでいくと、三匹の大狼は仲良なかよく木の下に倒れていた。目には光がない。

 だらしないわねぇ。
 私はため息をつきながら、残り二匹の気配をさぐると、森の別のところで、別の監視役かんしやくの冒険者と戦っているようだ。ただそっちは冒険者の方がけそう。
 意識いしき集中しゅうちゅうして、その戦いの場に瞬間移動しゅんかんいどうする。

 ギュンッと視界しかいが切りわり、目の前ではきずだらけの冒険者が剣をいて一匹いっぴきの大狼と対峙たいじしている。

 ぐるるるるとうなる大狼に冒険者は絶望ぜつぼうした表情ひょうじょうだ。私は無造作むぞうさに大狼に下にもぐり込んで、大きなおなかをり上げた。
「キャウン」
 おなかをられた大狼は真上まうえき上がり、私は即座そくざに飛び上がって、今度こんどはその頭をとす。ズシンという音とともに大狼は地面にたたきつけられ、地面にひびれがはしる。

 今、透明とうめいだから大丈夫だいじょうぶだと思うけれど、すぐに最後さいごの大狼のところへ瞬間移動しゅんかんいどうする。

 そこはすでに冒険者が二人とも地面に倒れていて、今まさに大狼がとどめをそうとしているところだった。

 なんだかめんどくさくなってきた私は、尻尾しっぽから雷撃らいげきはなつ。暗闇くらやみをまばゆい光が走り、大狼をつらぬく。ビリビリとふるえる大狼だったがさけぶこともできずに、プスプスとけむりを出しながらまっ黒焦くろこげになってくずれるように地面に倒れた。

 たおれた冒険者に近寄る。まだ生きてはいるようだが、すでに意識いしきはない。体のあちこちにきずっている。

 だまって回復魔法かいふくまほうをかけると、あたたかい光が二人をつつみこみ、きずなおっていく。最後に尻尾でほっぺたをビンタして目をまさせると、すぐに瞬間移動しゅんかんでソアラのいる木の下に転移てんいした。

 自分にかけた透明化とうめいか魔法まほう解除かいじょし、えだつたいながら上に登った。

「ユッコ! よかった。……もしかしておトイレだった? 心配しんぱいしたよ!」
と私を見たソアラが私をきしめた。

 その間、マルコが望遠鏡ぼうえんきょうをのぞき込みながら、
「静かに! 今、地響じひびきと何かがひかったぞ」
と小さくさけぶ。

 それをいたソアラが、はっとしてマルコのとなりから森をながめた。

 ごめん! それ私のせい! 
と思いつつ、そしらぬふうをよそおって、ソアラのとなりに座る。

 不意ふいに私の耳にふえの音がこえる。ソアラが、
「どうやら他のチームのところにてきあらわれたみたいね」
予想よそうより早い。……撤退てったい合図あいずだ。村に戻ろう!」
 マルコがそう言うと、ソアラが私を抱っこしてそのまま木から飛び降りた。
 すぐにマルコも飛び降りてきて、ならんで村に向かって走る。
 私がたすけた冒険者たちもどうやら無事ぶじのようで、村に向かっているようだ。ちなみにオークの本隊は、もうここから2キロメートル地点。村から4キロメートルだ。

――――。
 村に戻ると、緊急きんきゅうかねがカンカンと打ちらされていた。夜中にもかかわらず人々がわらわらとうごめき、松明たいまつらされながら村の北に向かっていた。

 村の入り口でギルマスがっていてくれて、
「どうやら来たようだな。予想よそうより早いが、ぎりぎり準備じゅんびととのったところだ。お前たちもすぐに自分のパーティーの所へもどれ」
その指示しじにしたがって、ソアラと二人でエドワードやコハルのつ家まで走った。

 私たちがいない間に避難ひなんする順番じゅんばんが決まっていたようで、村人たちのれつ要所ようしょに冒険者の馬車が配置はいちされた。

 ちなみに私たちの馬車は一番後ろだ。御者台ぎょしゃだいにはゴンドーが手綱たずなにぎり、荷台にだいの後方にはエドワードとフランク、リリーの三人が陣取じんどって、後ろから来る魔物まもの警戒けいかいしている。ソアラは中央ちゅうおうで、左右の森の様子を見ている。……ま、ここらへんは大丈夫だいじょうぶよ。だって気配感知に引っかからないもの。

 私はコハルのそばで座り込むと、コハルがやさしく私の背中せなかをなでてくれた。
「ユッコ。私たち……、大丈夫かな?」
不安ふあんげなコハルの声を聞いて、見上みあげると心配しんぱいそうなコハルがこわばった表情ひょうじょうで私を見ていた。

 私は立ち上がって、コハルのほっぺたをぺろんとなでると、コハルがぎゅっときしめてくる。
 そばでは毛布もうふにくるまったヒロユキがじっと見ている。が、両肩りょうかたを抱いてふるえているようだ。そっと尻尾しっぽをヒロユキの足にきつけると、ヒロユキと目が合った。

 私は気がつかれないように、そっと催眠さいみん魔法まほうを二人に使つかう。ヒロユキとコハルは少しずつまぶたが下がり、その場で二人がうようにねむりはじめた。
 ソアラがその様子を見ていたが、気にせずに私も二人の頭のそばで身体をまるめ、そっと目をつぶった。
 馬車の振動しんどうを感じながら、気配感知で周りに魔物がいないかどうか気をつけつつ、眠ったふりをする。

 ……大丈夫。このまま無事ぶじにソルンまで行けそうだわ。

――――
 オークたちがヒルズ村になだれ込んだのは、村人むらびとたちが避難ひなんえてから三時間たったあとだった。
 すでにもぬけのからになっている村だったが、オークたちが家の中に入り込んでその場にあるものを破壊はかいしていく。まるで何かをさがしているようだ。

 オークキングはその様子を見ていたが、ふとよこを見る。すると、そこの空間くうかんがゆらぎ、ボロのローブの男が現れた。満月まんげつの光に男の銀髪ぎんぱつがキラリと光る。
 男はオークキングに何かを言うと、再びその場から姿をす。

 森からはなれた木々《きぎ》の中のほこら。
 葉っぱのすきから満月の光がんで、幻想的げんそうてき光景こうけいになっている。

 そこへローブの男が現れた。
 男はほこらへ近づこうとするが、その前に光のかべが現れた。
「ふん。こんなものでおれふせげるとでも思っているのか?」
 男は光のかべに手をえた。その手のひらから黒い光があふれ出し、光のかべにヒビが入っていく。

 パリーン。

 まるでガラスがれるような音がして、光のかべ粉々こなごなえていった。男はほこらに近づき、石のとびらひらく。
 ほこらの中には白く光る宝玉ほうぎょくがあった。
 男は、ニヤリとわらい宝玉を手に取る。

「ふははは。忌々いまいましい神力しんりょく封印ふういん宝玉ほうぎょくをついに見つけたぞ。……これで魔王まおうさまが復活ふっかつする。人間にんげんどもよ。絶望ぜつぼうせよ。お前たちの平和へいわな夜は今日が最後さいごだ」

 月の光をびて、男の目が赤く、まがまがしく光る。笑いつづける男の周囲しゅういに黒いけむりのような瘴気しょうきが立ちこめていった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。