07.勇者召喚

 エドワードたちが無事ぶじかえってきてから一ヶ月がすぎたある日のこと。

 いつものように、朝食ちょうしょくの後でヒロユキとコハルと一緒いっしょ魔法使まほうつかいのおじいさんのところへ行くと、おじいさんはひどく真剣しんけん表情ひょうじょうで私たちをっていた。

 おじいさんの表情を見た二人がとまどっている。おじいさんは、だまって二人を家に入れると、
「おぬしらはもういたか?」
ときいてきた。ヒロユキが、
「何のこと?」
と聞きかえすと、おじいさんはしばらくだまっていたけれど、
魔王まおう復活ふっかつしたようじゃ。そして、どうしたわけか南の港町みなとまちロミニールが魔王軍まおうぐんにやられた」

 それを聞いた二人がおどろいている。コハルが、
「魔王軍? 本当ほんとうに?」
と言うと、おじいさんは真剣な表情でうなづいた。そこへ家のドアがノックされた。

 おじいさんが出ると、そこには三人の騎士きしが立っていた。
「マーロンどの。至急しきゅうしろへおしください。王が賢者けんじゃどのの知恵ちえをおりしたいと」
「……そうか。わかった。すぐにまいろう」
「はい。では私どもは先にもどっております」

そういって敬礼けいれいしてはなれていく騎士きし見送みおくり、おじいさんはすぐに二人に言う。
「すまぬ。二人とも。わしはこれから行くところがある。……おそらくしばらくもどってこれぬから、自由じゆうにほかの依頼いらいをしてかまわぬ」
 ヒロユキとコハルがおじいさんを心配しんぱいそうに見つめる。

「な、なあ。じいさん。まさか魔王軍と戦うなんて言わないよな?」
「そうよ。あぶないことしないよね?」
 騎士にマーロンとばれたおじいさんは、やさしくほほえんで二人のあたまをなでた。
「ふふふ。わしにまごがいればおぬしたちのようじゃったかもしれぬのぅ。……大丈夫だいじょうぶじゃよ。二人は安心あんしんしているがいい。仲間なかまもおるじゃろ?」
 二人はだまってうなづいた。

 それを見たおじいさんは、つくえの引き出しをけてがさごそと何かをさがしているようだったが、何かを手に戻ってきた。
 おじいさんはヒロユキに一本の短剣たんけんとネックレスをわたし、コハルにはふるびたつえとヒロユキとおそろいのネックレスを渡した。
 おじいさんは二人をやさしげに見つめ、
「よいか。それらはすだけじゃからな。わしが戻るまで大切に使つかってくれ。よいな?」
と言う。

 う~ん。あれは……。
 どうやらあの短剣はミスリルの短剣のようね。ヒロユキには勿体もったいないんじゃないかしら?
 それにコハルの杖も年をから作った杖みたいで、魔法使いにとってはかなり良いしなよ。ネックレスも水色みずいろ宝石ほうせきがはめられているけど、あれもマジックアイテムっぽいわね。
 そんなに二人におおばんぶるまいするなんて、よっぽど気に入られたのね。

 おじいさんと一緒いっしょいえを出て、とりあえず私たちは家に戻った

――――。
 港町みなとまちだったところはきつくされて焦土しょうどとなっていた。
 建物たてもの破壊はかいされてすみとなり、ぷすぷすとけむりが立ち上っている。きている人は一人もみえない。

 町の広場ひろばだったところに、一人のくろずくめのよろい騎士きしがいた。そのまわりにはたくさんのがいこつ兵士へいしがいる。
 騎士きしくろいかぶとの隙間すきまから、あかい光がもれている。

「ふん。たあいもない。よわっちいやつらだ」
とつぶやいた。

 そのすぐとなりの空間くうかんがかげろうのようにれて、ぼろぼろのローブを銀髪ぎんぱつ男性だんせいあらわれた。

「カロン。油断ゆだんはするな」
 銀髪ぎんぱつの男が黒騎士くろきしに言うと、カロンとばれた黒騎士くろきしは、
「はははは。バアルよ。おれをバカにしているのか? 人間にんげんなどという虫けらなぞ、何もこわくはないぞ」
大笑おおわらいした。バアルと呼ばれた銀髪の男は沈黙ちんもくまもっていたが、カロンの笑いがわるころ、
勇者ゆうしゃがいてもか?」
とぼそっと言うと、黒騎士カロンはとたんに殺気さっきだった。カロンの全身ぜんしん不気味ぶきみあかく光る。

「ほう? どこぞで勇者ゆうしゃ召喚しょうかんされたか……。ふ、ふふ。ふはははは! のぞむところだ。魔剣まけんダーインスレイヴのエサにしてくれよう」

 バアルはそれをだまっていていたが、
「まだだ。だが近いうちに召喚しょうかんされるだろう」
と言うと、すうっと姿すがたした。

――――。
 おしろ謁見えっけん

 玉座ぎょくざすわっている王様おうさまが、目の前のおじいさんの魔法使いに、
「よくぞ来てくれた。賢者けんじゃマーロンどの」
こえをかける。マーロンは一礼いちれいして、
「王よ。用件ようけんはわかっておる。……勇者召喚ゆうしゃしょうかんじゃな?」
 すると国王こくおうはうなづいて、
「そうだ。マーロンどのは魔王軍まおうぐん侵攻しんこうけていることをっておるか?」
南部なんぶみなととされたとは聞いたがの」
説明せつめいしよう。2ケ月前にヒルズ村が廃村はいそんとなったが、それから一週間後いっしゅうかんご国南部くになんぶ港町みなとまち一夜いちやにして滅亡めつぼうした」
「うむ。そこまでは聞いておる」

「魔王軍の侵略しんりゃくけているのは我がサウスフィールだけではない。北のノースランド、東のイースト王国、西のウェスタンロードのそれぞれが攻められておる」
 それを聞いたマーロンがおどろきの表情ひょうじょうで、
「なんと? ロンド大陸たいりく四方しほうでか」
とつぶやくと国王がうなづいた。

「とくにイースト王国おうこくはすでに国の半分はんぶん魔王軍まおうぐんのものとなった。……我が国でも港から一直線いっちょくせんに魔王軍がこの王都おうと目指めざしているのだ」
「……現在げんざいはどこまでておるのじゃ?」
 ところが国王はマーロンのいにこたえず、
「1週間後に、南部街道なんぶかいどうとりでにて魔王軍とぶつかることが予想よそうされておる。……そこをかれれば、次の決戦けっせんはこの王都となろう」
「そこで勇者召喚か……。わかった。すぐにでもりかかろう」

「すまぬ。……すでに我々《われわれ》、人間にんげんほろぶかどうかに直面ちょくめんしようとしているのだ」
「いや。あやまるのは勇者どのにするべきじゃ。……我らの都合つごう勝手かってび出すわけじゃからな」
「うむ。……たのむぞ」

 国王の言葉ことばにマーロンはふたた一礼いちれいすると、すぐに謁見えっけんを出て行く。
 それのうし姿すがたを国王はいのるように見つめた。

――――。
 王城おうじょう儀式ぎしき

 普段ふだん正月しょうがつ建国けんこくまつりのときに、かみいのりをささげる場所ばしょだ。
 円形えんけい広間ひろま外側そとがわに、おごそかな彫刻ちょうこくのあるはしらがきれいにならんでいる。
 広間のゆかには、マーロンの手によって魔方陣まほうじんえがかれていた。

 マーロンはその魔方陣の手前てまえに立ち、後ろをかえる。そこには国王や王女おうじょ騎士団長きしだんちょうをはじめとする20人の騎士きしたちがならんでいた。
 それを確認かくにんすると、マーロンは魔方陣にきなおる。

 しばらく目をつぶり、気持きもちをかせ、目をひらく。しわがれた口から、りんとした声で呪文じゅもんがとなえられる。

「いくせんもの世界せかいをこえて――――」

 ながい長い呪文じゅもんがよみあげられるにつれて、魔方陣まほうじんが光っていく。その光りが人々《ひとびと》のかおらすが、国王らは真剣しんけん儀式ぎしき見守みまもる。

 マーロンのからだから魔力まりょく湯気ゆげのように立ちのぼり、ひたいからあせながちた。

たれ! 救世きゅうせいものよ。われらのみちび加護かごけし勇者ゆうしゃよ!」

 呪文じゅもんとなえおわると同時どうじに、魔方陣まほうじん強烈きょうれつな光をはなち、儀式ぎしきが光りにつつまれた。
 2びょう、4秒と時間じかんがたち、ようやく光りがおさまると、魔方陣まほうじんの上には一人の女子高生じょしこうせいがたたずんでいた。

 ぼうのついたアメをなめていた女子高生じょしこうせいは、おどろいたかおでマーロンや国王らを見つめた。
「な、なに? ここ?」

――――。

 ここのところ、世界中せかいじゅうのあちこちから物騒ぶっそう雰囲気ふんいきがする。まがまがしい力をった魔物まもの魔族まぞくらしきものが戦争せんそうこしているみたい。

 おじいさん魔法使まほうつかいが「賢者けんじゃ」ってばれてびっくり。しかも今日きょう午後ごごに、おしろからつよ魔力まりょく波動はどうかんじて二度にどびっくりしたわ。

 ……あれは私が召喚しょうかんされた時と魔法まほうだとおもう。
 今度こんどは何が召喚しょうかんされたのかしらねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です