08.強制依頼

 次の日は、めずらしくエドワードたちと一緒いっしょにギルドにいくことになった。

 エドワードたちも、ちょっとやっかいな依頼いらいえたばかりみたいで、できたら簡単かんたん依頼いらいを引き受ける程度ていどで、少しゆっくりしたいそうだ。

 時間じかんは朝の8時。ギルドのいそがしさがひと段落だんらくするころをねらって向かうと、とちゅうから様子ようすがおかしいことに気がついた。

 フランクが、
「お、おい。エドワード。なんだあの人ごみは?」
というとエドワードもいぶかしげに、
「……もしや魔獣大暴走スタンピートか?」
とつぶやいた。

 そこへギルドの中から、受付うけつけの女性のさけぶ声が聞こえる。
「……ギルドからの強制依頼きょうせいいらい発動はつどうされました! ランクC以上の冒険者ぼうけんしゃはギルドうらの修練場しゅうれんじょう集合しゅうごうしてください!」

 リリーが、
「ランクCね。私たちもいかないと……」
と言った。

 エドワードたちの冒険者のランクはA。もちろんヒロユキとコハルは初心者しょしんしゃもいいところだから強制依頼きょうせいいらい対象外たいしょうがいとなる。まあ、今の二人に魔獣まじゅうたたかうなんて無理むり

 けれど一緒いっしょのパーティーのことでもあるので説明せつめいきに、みんなについて私たちもギルドに入り、そのまま修練場しゅうれんじょうに向かった。

 修練場に入ると、すでにそこには300人をこえる冒険者が集まっていた。私たちは修練場の壁際かべぎわ移動いどうする。もちろん私は、いつものようにコハルのそばでちょこんとすわっている。ヒロユキは相変あいかわらずのむすっとした表情ひょうじょうで、コハルは心配しんぱいそうに集まった冒険者をながめていた。

 ふむ。集まった冒険者。
 およそ100人くらいの冒険者があつままった時点じてんで、ギルドのドアから一人の男性だんせい受付うけつけ女性じょせいれて出てきた。その男性を見て、だれかが「ギルマス……」とつぶやいた。

 男性は、
「ではさっそく強制依頼きょうせいいらい内容ないよう発表はっぴょうする。……すでに知っているとおり、現在げんざい魔族まぞく軍勢ぐんぜい南部なんぶ港町みなとまちロミニールにめ込んだ。偵察ていさつしたものによれば、現在、魔族軍まぞくぐんは、ロミニールからこの王都おうとに向かって進軍中しんぐんちゅうとなっている」

 ……魔族まぞく軍隊ぐんたいが現れてから、どうも世の中がさわがしく、王都の治安ちあんわるくなっているみたい。それもそうよね。ここに向かって軍隊ぐんたいうごいているっていうんだから。

 ギルマスの男性は話をつづける。
「そこでみんなに緊急きんきゅう強制依頼きょうせいいらいだ。王国の騎士団きしだんとともに南部街道なんぶかいどうとりででの防衛戦ぼうえいせん参加さんかしてもらう。そこでふせげなければ、この王都にめ込まれてしまうだろう。……人々をまも最後さいごとりでだ」

 ギルマスの話を聞いているうちに、普段ふだんはおちゃらけている冒険者たちの表情ひょうじょう真剣しんけんなものになっていく。

 このロンド大陸たいりく東西南北とうざいなんぼくから魔族まぞくが攻め込んでいる今、人々のげる場所ばしょなどどこにもない。もしとりでを守り切れなかったら……、この国はほろぼされるだろう。んでいる人々も、多くがころされるだろう。

 自分じぶん大切たいせつな人。普段ふだんから一緒いっしょにバカをやっている友人。近所きんじょの人。……今まで当然とうぜんのようにそこにあった平和へいわ生活せいかつがなくなってしまうことだろう。

 ヒロユキはどこか思いつめたようすで、そのとなりのコハルは不安ふあんかくせていない。
 ギルマスの男性が言うには、出発しゅっぱつ明朝みょうちょう馬車ばしゃはギルドで用意よういするとのこと。それまで各自かくじ準備じゅんびをととのえるようにだって。
 それを聞いたみんなは、三々五々《さんさんごご》にらばっていった。

――――。
 家にかえってきたみんなは、一言ひとこともしゃべらないでテーブルにつく。全員ぜんいん着席ちゃくせきしたところで、エドワードがヒロユキに、
「ヒロユキ。おれたちがいないあいだ、おまえがコハルとユッコを守れ」
しずかにいう。ヒロユキはうなづいた。

「……わかった」
 ヒロユキのとなりにすわっていたゴンドーが、ニッコリ笑って、
「女を守るのは男の役目やくめだ。たのんだぞ」
といって、ヒロユキの背中せなかをバシンとたたいた。

 コハルがおそるおそる、
「みんな大丈夫だいじょうぶだよね?」
とたずねると、リリーが微笑ほほえんで、
「もちろんよ。コハル。私たちは絶対ぜったいもどってくるわ。……あなたもいない間のこと、たのむわよ」
「うん。わかったわ」
 どこかまずい雰囲気ふんいきね。でもそれも無理むりはないか……。エドワードたちが戦場せんじょうに行くんですものね。

 その空気くうきやぶったのはソアラだった。ぱんっと手をたたいて、
「やめやめ! こんなくらい空気。アゲアゲで行こうよ」
と言うと、フランクが、
「そうだな。……深刻しんこくになっても仕方しかたないな」
苦笑くしょうした。

 その日は、先勝せんしょうパーティーをすることになって、ヒロユキとコハルはリリーに言われておつかいに出る。今は王都も治安が悪くなっているので、ゴンドーがついてきてくれるとのこと。……たぶん、明日からのことを考えて四人だけの時間をつくっておきたいんだと思う。
「じゃ、いってきまーす」
 リリーさんに見送みおくられて、私たちは家を出た。

 明日からのエディたちが必要ひつようとするものはとくにないので、今夜こんやのパーティーで使つかうおにく野菜やさい、おさけ順番じゅんばん予定よていになっているみたい。

 魔族まぞくが攻めてきている時期じきだから、普段ふだんはにぎやかな王都もどこかしずんだ雰囲気ふんいきだ。道行みちゆく人々《ひとびと》の表情ひょうじょうもどこかくらい。ずっと山にいた私にはよくわからないけれど、これが戦争せんそうの空気なのかな。

 八百屋やおやさんを出てお肉屋にくやさんに向かう途中とちゅう、ゴンドーが、
「ちょっとそこによるぞい」
と言い出して、大通おおどおりから路地ろじへと入っていった。
 しばらくすすむと一軒いっけんの家がある。ゴンドーはその家のドアをドンドンとたたいた。
「お~い。ばばあいるか?」
 すると中からドタドタとあるおとがして、
「だれがばばあじゃ!」
と一人のおばあさんがび出してきた。

 すぐさまゴンドーを見て、
「ゴンドー、きさま、いつも言っておるじゃろうが! わしをばばあとぶな!」
と言って、手にっている大きなつえでゴンドーのあたまをぶったたいた。

「いて。ってそれはいいんだ。ばばあ、ちょっと入れさせてもらうぜ」
「だから、ばばあとぶな!」
「いいから、いいからよ」

 おばあさんをしのけて、無理矢理むりやりゴンドーがなかに入っていく。
 ヒロユキとコハルはかお見合みあわせて、
「どうする?」
「どうするったって、入るしかないだろ?」
と言いながら、ゴンドーにつづいて中に入っていった。

 私も入ると、中ではおばあさんがイスに座ったゴンドーをにらみつけていた。
「こんなご時世じせいに、一体いったいなんじゃ!」
 てるようにいうおばあさんに、ゴンドーは、
「わりいな。マリー。おめえにたのみがあるんだ」
「……ゴンドー、おまえ何のつもりじゃ」
「ははは。俺たちな。明日あしたから南部なんぶとりでに行くんだよと」

 それを聞いたおばあさんはうでんだ。それからも二人ははないをつづけた。

 二人を見たヒロユキとコハルが、
「なんだろな。あのばあさん……」
「う~ん、だれだろうね?」
「ゴンドーの恋人こいびと?」
「え~。さすがにそれは……、あっ、でもドワーフって長寿ちょうじゅだったよね? ひょっとしてひょっとするのかな」

 ……いや、コハル。それはいと思うよ。あのおばあさん、錬金術師れんきんじゅつしみたいよ。それもうでのいい。

 さっきまで話をしていたヒロユキとコハルの声がしなくなったので、見上げると、ゴンドーとおばあさんがそろってヒロユキとコハルをにらんでいた。

 ゴンドーがぼそっと、
「お前ら、なんかへんなこと言ってなかったか?」
「そうじゃ……、だれがこのハナタレの恋人こいびとじゃと?」
 ヒロユキが「げっ」とあおざめ、コハルがガバッとあたまを下げた。
「ご、ごめんなさい。……中が良さそうだったし」
 今度はゴンドーが舌打したうちをして、
「けっ。たんなるくされえんだ」
「そうじゃ。エドワードの小僧こぞうがガキのころからのな」
 へぇ。エドワードの子どものころからの、ね。

 おばあさんがなつかしそうに、
「いやぁ、あんなにかわいい子どもだったのが、こんなにふてぶてしくなるとはね。時間じかんながれというのは残酷ざんこくなもんじゃな」

 ゴンドーが、
「なつかしそうにいうことか!」

 しかし、おばあさんはかいさないという様子ようすで、
「で、なんじゃたのみというのは? さっさと言え」
「……おれらがいない間。この二人をにかけてしいんだ」
 おばあさんは、「ふん」といってヒロユキとコハルにちかづいてきた。じっと二人の目をのぞき込む。

「ふむ。いいじゃろ。……二人とも明日あしたから昼間ひるまはここにるがええ」
と言って、ヒロユキとコハルのあたまをなでた。
 おばあさんがかえると、ゴンドーはだまった頭を下げていた。

 ……ふふ。お節介せっかいないい人たちばかりよね。賢者けんじゃマーロンさんといい、このおばあさんといい。
 あれ? おばあさんがわたしを見ているわね。

「このキツネ……。いやなんでもない。気のせいじゃろう」
 う~ん。おじいさんのときもそうだけど、どうも年配ねんぱいの人はかんがするどいみたいね。なんとなくだけど、私の正体しょうたいがついているのかしら?

「あ、あの。よろしくおおねがいします」
 コハルがおばあさんに頭を下げる。おばあさんがにっこりわらって、
「いい子じゃのう。まさかおぬしらのもとでこんなに素直すなおな子がそだつとはのう」
 ゴンドーが、
「うっせぇ。ばばあ」

 おばあさんがぎゅいんっとゴンドーのところにいって、げんこつをとした。
「だから、ばばあとぶな!」

 それからゴンドーは、おばあさんと少し話があるようで、先にものませてからここにるようにと言った。

 ヒロユキが、
「じゃあ、行ってくる!」
と言って、コハルと一緒いっしょに出て行く。私もゴンドーとおばあさんをかえってから、コハルをいかけてそとに出た。

――――。
「よしと。これで買い物はわりね」

 コハルがバスケットをおもそうにってヒロユキのとなりをあるいている。ヒロユキも同じようなバスケットを持って歩いている。

 ふふふ。おもそうだけど、まあこれくらいはね。がんばってもらいましょう。

 おばあさんのいえに向かって歩いていると、不意ふいに私のみみはしっている複数ふくすうの人の足音あしおとが聞こえてきた。

 むっ? 気になって普段ふだんっている気配感知けはいかんちでさぐる。どうやらひったくりのようね。追いかけているのは……、一人?

 路地ろじから二人の男がび出してきた。そのままこっちに向かってくる。
「どけどけ!」
 ヒロユキとコハルは突然とつぜんのことで、とっさにうごけないでいる。このままじゃぶつかっちゃうわ!
 私はそっと二人の前に魔法まほうのバリアをった。

 そのとき、ヒロユキとコハルの前に一人の少女しょうじょび込んで来て、男たちに立ちふさがった。
いかけっこはおしまいよ! パラライズ!」
 少女の手にパリパリと電撃でんげきがまとわりついた。目にもとまらない右ストレートの二連撃にれんげきが、見事みごとにひったくりのあごにヒットした。
「あ、が……」「ぐ」

 みじかくうめいて男たちはくずれるようにたおれこみ、そのでぴくぴくとひしている。うん。見事みごとわざね。

 私はび出してきた少女を見上みあげる。黒髪くろかみのきれいな少女。10代後半だいこうはんといったところかな。
 それよりも、ものすごいつよい力をかんじるわ。魔力まりょくもあの賢者けんじゃのおじいさん以上いじょう。……この子、いったいだれ

 少女はほこりをはらうように、両手りょうてをぱんぱんとはらうとかえってニッコリわらった。

大丈夫だいじょうぶだった?」

――――。
 今日は、おどろきの出会であいがあったわ。あの少女が勇者ゆうしゃですって! 成人せいじんしたころの女の子なのに、強い力をかんじたわ。
 でもこの世界せかいの人っぽくないのよねぇ。不思議ふしぎ空気くうきを持っているけど、なんだか仲良なかよくなれそう。
 魔族まぞくとか魔王まおうとかのつよさがわからないけど、あの勇者の女の子はもっともっと強くなれそうで、ちょっと安心したわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。