09.キョウコ・カタギリという少女

――――。

 二人のおとこがヒロユキとコハルにんでいきそうなとき、一人の少女しょうじょが男をあっというまにノックアウトした。

 くるっとかえった少女しょうじょは、

 「大丈夫だいじょうぶだった?」

とヒロユキとコハルを心配しんぱいしていたが、どこにもケガがないとわかると、

 「そう! よかった」

かがやくような笑顔えがおを見せた。

 「私、片桐京子かたぎりきょうこじゃなかった……、ええっとキョウコ・カタギリよ。よろしくね」

という少女に、コハルは、

 「私はコハル。冒険者ぼうけんしゃよ」

一礼いちれいする。

 ……あれ? ヒロユキは? と思って見上げると、ヒロユキは赤くなってかたまっていた。

 キョウコがヒロユキに、

 「きみはなんていうのかな?」

微笑ほほえむと、ヒロユキがあわてたように、

 「お、おれはヒロユキだ」

返事へんじをした。

 キョウコはおもしろそうにヒロユキを見ていたが、路地ろじから衛兵えいへいが出てくるのを見て、

 「そこにのびているわ。あとはよろしくね」

指示しじを出した。

 衛兵のひとたちは、「はい!」とみじかく返事をすると、地面じめんにのびている男二人をなわでしばり上げ、どこかへれていった。

 キョウコは、くるっとこっちをみて、

 「見たところ、おつかいの最中さいちゅうかな? よし! おねえさんも手伝てつだってあげよう」

と言うと、コハルのっていたカゴをさっと手にとって、

 「さ。どこに行くのかな?」

くびをかしげた。

 コハルが、

 「え―! たすけてもらったのにわるいよ」

というが、キョウコは、「なんでもないよ」とゆずらない。

 とうとうコハルはあきらめて、

 「じゃあ、お姉ちゃんにおねがいします」

 「ん~! かわいい! 私もこんないもうとほしいかったぁ」

と笑った。

 ヒロユキはあかくなって緊張きんちょうしていたけれど、家まで荷物にもつはこんでくれたキョウコは、私の前にしゃがみこんで、

 「ねぇ。あなたはペットかしら?」

と言って、そっと手をばしてきた。

 私の首元くびもとをそっとなでてから、そっと背中せなかをなでる。私はなでられるままにしながら、キョウコの様子ようすをうかがった。

 ……キョウコは、にへらっとだらしない笑顔えがおを見せながら、

 「うんうん。いい毛なみ。けものくさくもないし。……むふふ。モフモフね」

 その笑顔と言葉ことばいた瞬間しゅんかん背筋せすじがぞぞぞっとふるえたのは仕方しかたがないと思う。

 思わずちょっと視線しせんをそらしたすきに、キョウコにつかまってしまった。

 「むふふふ。つ~か~ま~え~た~」

 キョウコの手が私の身体からだをなでる。って、あ、ちょっと! どこさわって……、だめだって!

 一生懸命いっしょうけんめいもがいて、キョウコのの手からげ出して、コハルのうしろにかくれる。

 コハルの背中ごしに、キョウコの、

 「あ~ん。もうにげられちゃった~」

という残念ざんねんそうなこえが聞こえる。

 そっとコハルの背中ごしに見ると、キョウコが猟師りょうしのように私を見つめていた。

 ……やだよ。そっちに行かないからね!

 するとキョウコはくちびるをとがらせて、

 「ちぇ~。きらわれちゃった」

とわざとすねたかおをする。コハルがあわてて、

 「お、お姉ちゃん。こんどユッコにさわらせてっておねがいしておくね」

となだめる。……勝手かって約束やくそくしないでほしいわ。

 でもそれを聞いたキョウコは、

 「お、本当ほんとう?」

とニヤリと笑った。

 ううぅ。いやがっても、私は召喚しょうかんされてるから、コハルにお願いされちゃうとガマンするしかないのよね。

 「ま、今日きょうはいきなりすぎたかな。ごめんね」

とキョウコは私の顔をのぞき込んだ。……まったくしょうが無いわね。

 私はぺろっとその顔をなめると、キョウコは笑って、

 「くすくす。よかった。ゆるしてくれたみたいね」

と言ってはなれる。

 そのままヒロユキに、

 「ねぇ? 二人だけでんでるの?」

と言う。

 きゅうはなしかけられたヒロユキが、れて目を見れないようで、そっぽを向いて、

 「みんなはとりでの方にたたかいに行ったんだ。……エドワードたちはつよいから、魔族まぞくなんかにけないよ。きっとかえってくるさ」

 キョウコは、ちょっと表情ひょうじょうをこわばらせたが、

 「……そっか。……そうだよね。大丈夫だいじょうぶだよ。きっと帰ってくるよ!」

はげますようにう。

 でも私には、それがから元気げんきのように見えた。キョウコの目がなにかにおびえるようにおよいでいる。……そうか。この子も戦場せんじょうに行くのね。

 なんだか急にこの子に何かしてあげないといけないがする。なんだろ? この気持きもち……。

 不思議ふしぎ焦燥感しょうそうかんとともに、尻尾しっぽの毛を一本抜いっぽんぬくとそこに魔力まろくを込めて、キョウコに気づかれないようにそっとキョウコのかみにまぎれこませた。

 無事ぶじ魔族まぞく撃退げきたいできますように。そうねがいを込めて。

――――。

 それから二日たって、王城おうじょうから勇者ゆうしゃひき騎士団きしだん本隊ほんたいが、南部街道なんぶかいどうとりでかって出発しゅっぱつすると発表はっぴょうがあった。

 人々ひとびと勇者ゆうしゃ登場とうじょうにおどろき、対魔族たいまぞくふだとしてさっそく出陣しゅつじんすると聞いて、まちのあちこちで歓喜かんきの声を上げてさわいでいた。

 大勢おおぜいの人々がその勇士ゆうし一目見ひとめみようと大通おおどおりのわきめかける。

 ヒロユキとコハルは、マリーとばれた錬金術師れんきんじゅつしのおばさんにれられて見送みおくりにている。

 うう。人ごみがすごくて、ここからじゃ見えないわ。……うん。私だって見たいんだもの。ここはちょっとズルをさせてもらおうかな。

 私はそっとコハルのそばをはなれると、ちかくの建物たてものと建物の隙間すきまに入り、かべにそっと前足まえあしをかけた。

 かべをけって、となりの建物のかべをけって、またかべをけって……。三角飛さんかくとびのようりょうで、建物のすき間で、りょうサイドのかべをけりながら上にのぼっていく。

 屋上おくじょうまでとどいたところで、一番いちばんはしっこから大通おおどおりを見下みおろした。

 大通りのわきあつまったたくさんの人々が歓声かんせいを上げている。その中を一人の騎士きし先導せんどうして4れつならんだ騎士きしたちがすすんでいく。

 歩兵ほへい弓兵きゅうへいつづき、騎兵きへいがつづいていくが、騎兵きへい集団しゅうだんの前に一人の少女しょうじょうまって先導せんどうしていた。

 遠目とおめにその女性じょせいを見つめる。黒髪くろかみのまだあどけない少女。白銀はくぎんうつくしいよろいにつけ、人々に手をっている。あれは……キョウコだわ。

 人々が、

 「勇者ゆうしゃさまぁ!」

とさかんに声をけている。

 キョウコの後ろには二列で馬に乗った騎士きしたちが続いている。馬上ばじょうのキョウコはりりしく、気がついたヒロユキとコハルが、ぶんぶんと手をっている。

 二人に気がついたキョウコが、二人にわかるようにニッコリわらう。そして、何かをさがすかのようにきょろきょろと……、あれって私を探しているわよね?

 私はここよ。

 そうねんじたとき、キョウコが私を見上みあげ、目がった。

 キョウコが私にかって笑顔えがおで手をる。私は尻尾しっぽりかえした。

 それを見たキョウコがわらいながら、正面しょうめんきなおって馬をすすめていった。

 いくさにおもむく少女。

 人々の希望きぼう一身いっしんけてとおざかっていく勇者ゆうしゃ背中せなかは、年相応としそうおうに小さく見えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です