10.砦の戦い 1

 まえで、コハルがせんたくものをたらいでもみ洗いしている。

 そのとなりではヒロユキが洗いわった洗たく物を順番じゅんばんにのばしてしている。

 錬金術師れんきんじゅつしのおばさんは、それを横目よこめながら調合用ちょうごうようのナベに水とすりつぶした薬草やくそうを入れ、魔力まりょくをこめながらかきぜている。

 ナベの中の水がぼんやりとあおひかり、おばさんのかおをしたかららしている。

 あれはポーションをつくっているのだろう。……そういえば騎士団きしだんから大量たいりょうのポーションの注文ちゅうもんていたっけ。きっと南部なんぶとりで必要ひつようなのだろう。

 私は、よこすわりながら、とおくを見る魔法まほうとりで様子ようすを見ている。

――――。

 上空じょうくうから見ると、石造いしづくりのとりでといっても、あれはひとつのおしろと言っていいくらい大きさなことがわかるわ。

 ちょうど街道かいどうが山と山のあいだせまいところをとおるところに、それをふさぐようにとりでができている。

 両側りょうがわの山にも石壁いしかべやトンネルがられているから、とりでの一部になっているみたい。

 見たところ、魔族軍まぞくぐんは、がいこつへい、オーク、オーガ―、トロールにくわえ、ゴリラやトラの魔獣まじゅうなどで、おおよそ10万といったところね。

 たいするサウスフィールぐん冒険者ぼうけんしゃもあわせれ7万人。

 このは大きいけれど、とりでがあるから充分じゅうぶんたたえるでしょう。

 それより魔族軍まぞくぐんには、とくつよい力の反応はんのうが5つ、サウスフィール軍の方は4つ。うち一つはキョウコのものね。

 あっ。魔族軍まぞくぐんめてきたわ。

 魔獣まじゅうたちが土ぼこりを立てながらとりでにせまっていく。

 その上空じょうくうは、そらべる魔獣まじゅうとそれに魔族まぞくっている。

 とりでからがいっせいにられて、ゆみなりに魔獣まじゅうたちにおそいかかった。

 矢をけた魔獣まじゅうたちがそのたおれるが、後ろの魔獣まじゅうたちはそれをえてとりで目指めざしていく。

 とりで防壁ぼうへきにむかって、そら魔獣まじゅうたちが急降下きゅうこうかしていく。

 魔族まぞくたちの手からさまざまないろこうげき魔法まほうひかりがほとばしって、とりでをおそう。

 どうやらとりでそのものに、なにかの魔法まほうがかかっているみたいで、うっすらと虹色にじいろの光のまくがみえるわ。

 魔族まぞく魔法まほうはそのまくにさえぎられている。

 とりで石壁いしかべのそばにきた魔獣まじゅうたちは、石壁いしかべのデコボコに手をけてのぼりはじめた。

 うえにいるサウスフィールの騎士きしたちは上からったり、魔法まほうこうげきしたり、ふっとうした激熱げきあつあぶらけたりしている。

 こうげきをけた魔獣まじゅうは下にちるが、ゴリラがた魔獣まじゅうなどは器用きようによけながら上にのぼってく。

 そのすきに、魔族まぞく第二陣だいにじんとしてがいこつへいや、よろいたオークなどのぐんぜいがおしよせた。

 ひときわおおきい、赤い色のオーガ―が巨大きょだいなハンマーをって、ズシンズシンと歩いている。目指めざすはとりで石壁いしかべ

 ゴブリンの中には魔法使まほうつかいもいて、石壁いしかべの上の騎士きしたちにけて魔法まほうはなっている。

 巨大きょだいなサイのような魔物まものが、まわりの魔物まものをけちららしながらとりでの入り口の大扉おおとびらっ込んでいこうとしている。

 ゴオォォォン。

 にぶいおとがして、大扉おおとびら巨大きょだいなサイの突進とっしんめた。

 サイはそのに足をみしめて、何度なんどとびらこうげきしている。

 ……あれはまずいわね。

 そこへ、大扉おおとびらの上の石壁いしかべからしろひかりがほとばしって、魔族軍まぞくぐんをなぎはらった。

 まるで巨大きょだいけんでなぎはらったように、大扉おおとびらこうげきしていたサイもそのくずちた。

 あれはキョウコのこうげきのようだ。とりで右壁みぎかべからは、巨大きょだいたまあらわれて魔族軍まぞくぐんはなたれた。

 火の玉がたったところを中心ちゅうしんに、直径ちょっけい300メートルにもなる巨大きょだい竜巻たつまきそらに立ち上った。

 魔物まぞくたちが竜巻たつまきい込まれ、くされ、そらき上がっていく。

 すごい魔法まほう

 あれは……コハルたちがお世話せわになった魔法使まほうつかいのおじいさんじゃない。

 やっぱり賢者けんじゃばれるだけあって、強力きょうろくこうげき魔法まほうっているわね。

 そこへ魔族軍まぞくぐんからも強烈きょうろく青白あおじろい光がとりでかっていく。

 こおりこうげき魔法まほうだ。はなったのは強力きょうりょくな力を持つローブを魔族まぞくだ。

 こうげき魔法まほうとりでまえあらわれた光のかべふせがれた。

 あれは……。

 とりでに一人の白いローブの少女しょうじょ両手りょうてをかかげている。この少女の結界魔法けっかいまほうだ。

 右手みぎての山の中でもたたかいがつづいている。

 山の中をすすんでいる魔獣まじゅうたちと対峙たいじしているのは、冒険者ぼうけんしゃたちだ。

 その中にはエドワードたちの姿すがたも見えるわ。

 たくさんのへびあたまを持つヒュドラが、火をきながらまわりの木々や、魔物まもの冒険者ぼうけんしゃたちにおそいかかる。

 そこへ地面じめんからいくつものツタがび出してヒュドラにき付いていく。リリーの魔法まほうだ。

 うごきを拘束こうそくされたヒュドラがもがくが、そこへエドワードが魔力まりょくをまとわせた大剣たいけんりかかる。

 エドワードのりょうサイドには、大斧おおおのを持ったゴンドーや、大盾おおたてを手にしたフランクがいる。

 くるしまぎれにヒュドラがほのおくが、フランクが大盾おおたてふせいだ。

 ……激戦げきせんつづけられているわ。

 そうやってたたかいをながめていると、コハルがやってきた。

 「ユッコ。そろそろごはんにしよっ!」

 その声にわれもどして、私はち上がった。見上みあげるとコハルが笑顔えがおで見ている。

 この笑顔えがおまもるために、今、とりでではげしいはげいがつづけられているんだ。

――――。

 キョウコは、じっと目の前の魔族まぞく大軍たいぐんをにらみつけている。

 たたかいがはじまって、や10時間じかんった。

 サウスフィールぐんは、交替こうたいしながらもよくたたかってくれている。

 今のところ、戦いは一進一退いっしんいったいそらくらく、夜戦やせんに入っている。

 戦場せんじょうをながめて、注意ちゅういすべきてきは、大きなレッドオーガに強力きょうりょく魔法使まほうつかい、そして、目の前の魔族軍まぞくぐんおくにいるくろよろい人物じんぶつだ。

 このほか、伝令でんれいつたえるところによれば、山中さんちゅうには巨大きょだいなクモの魔物まものあらわれて、冒険者ぼうけんしゃたちとはげしいたたかいをり広げているらしい。

 さっきまで、もう一人のつよ魔力まりょくを持つ魔法使まほうつかいの気配けはいがあったが、いつの間にかいなくなっているようだ。

 たいするサウスフィールぐんは、勇者ゆうしゃであるキョウコ、賢者けんじゃマーロン、聖女せいじょリリア、そして騎士団長きしだんちょうアルスが人々の希望きぼうとなっている。

 きっこうしている戦況せんきょう。このままだと泥沼どろぬまとなるだろう。

 両軍りょうぐんともに、そろそろ戦況せんきょうえる一手いってしいところだろう。

 

しかし、その一手は魔族軍まぞくぐんからはなたれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。