11.王都襲撃

 キャンドルランプのかりが室内しつないらしている。

 テーブルには夕飯ゆうはんのシチューとかためのパンがならんでいる。

 錬金術師れんきんじゅつしのマリーのいえで、ヒロユキとコハルがお夕飯ゆうはんをごちそうになっていた。

 わたしはテーブルのわきで、用意よういされたごはん、といっても木実ナッツるいだけど、をべている。

 正直しょうじきにいって、みんなと一緒いっしょのシチューが食べたいけれど、まあしょうがないよね。ガマンガマン。

 すでに食事しょくじえたおばさんのマリーが、やさしくヒロユキとコハルを見つめている。

 「おかわりもあるからね」

 「ああ。さんきゅ」「うん。おばさん、ありがとう」

 「マリーだよ! マリーっていいな!」

 「あ、うん。マリー」

 がつがつとべていたヒロユキが口元くちもとをぬぐいながら、カラになったおさらをマリーにした。

 「おかわり!」「はいよ」

 マリーがそれをって、台所だいどころのナベからシチューをりつけた。

 コハルはパンをちぎって、シチューをすくって口に入れる。

 「ん~、おいし」

 マリーは、ヒロユキにおかわりのシチューをわたしてふたたびイスにすわった。

 「マリーはいいの?」

とコハルがいうと、マリーはやさしく微笑ほほえんで、

 「ああ。もうおなかいっぱいさ」

と手をのばしてコハルのあたまをなでた。

 マリーが戸棚とだなをながめて、

 「いやあ。今日きょうはたすかったよ。おかげで随分ずいぶんとポーションもできたし、家の中もきれいになった」

としみじみと言い、二人にふりく。

 「二人とも、冒険者ぼうけんしゃ大変たいへんじゃないかい?」

ときくと、ヒロユキがフンッとはなをならして、

 「おれは、エドワードみたいにつよおとこになるんだ。だから弱音よわねなんて言ってられないんだ」

とえらそうに言った。

 マリーがわらいながら、

 「ははは。あのいたずら小僧こぞう目標もくひょうかい? あいつもえらくなったもんだ」

と言うと、コハルがくびをかしげて、

 「おばあちゃんはエディのことってるの?」

とたずねた。

 マリーは微笑ほほえみながら、

 「ああそうさ。あいつやリリーがまだまだ小僧こぞう小娘こむすめだったころからのつきあいさ」

といい、ゆったりとイスにもたれてかるをつぶり、

 「あるとき、薬草採取やくそうさいしゅ護衛ごえいをたのんでね。エディとリリーと、ここから3日ばかりはなれたところまで行ったんだ。……途中とちゅう野宿のじゅくすることになってね」

むかしなつかしむようにいい、目をひらくといたずらっぽくわらい、

 「まあ、危険きけんなところでもないから、リリーと二人で川に水浴みずあびに行ってね。

 ……まだリリーもようやくむねがふくらみかけたころで、どうしたらむねが大きくなるかなとかかれてねぇ。言ってやったんだよ」

 ヒロユキもコハルもおばあちゃんのはなしまれて、じっとかおている。

 マリーはおかしそうに、

 「そこからのぞいている小僧こぞうはそんなことにしないだろうから、どうでもいいだろってさ!」

 その光景こうけい想像そうぞうしたのだろう。ヒロユキもコハルもすこあからんでいる。

 マリーはその様子ようす横目よこめたしかめながら、

 「そしたらあわてた小僧こぞうが、木のっこにつまづいて川にあたまからちてきてね。

 それを見たリリーが、きゃあぁぁとさけびながら小僧こぞうをけり上げたんだよ。

 ……ちょうど小僧こぞうのあごにヒットしてね。そのまま小僧こぞうはおねんねってわけ。

 リリーはそれを見て、またあわててね」

 コハルが「うわぁ」とつぶやいた。マリーが、

 「はははは。それがどうだい。ちゃんとカップルになってるじゃないか。まあ、私は安心あんしんしたけどね」

と笑った。

 ……ふうん。でも、このおばあさんの愛情あいじょうかんじるわね。

 さっきからの雰囲気ふんいきもおばあちゃんとまごって雰囲気ふんいき

 口はわるいときがあるけれど、愛情あいじょうふかひとなんだろうね。

 賢者けんじゃのおじいさんもそんな雰囲気ふんいきだったし、二人はめぐまれているわ。

 夕食ゆうしょくわると、ヒロユキとコハルはいえかえ準備じゅんびをする。

 それを見たマリーが、二人にポーションのビンを一本ずつ手渡てわたした。

 「これっていきな。なにかあったときの保険ほけんさ」

 コハルが、

 「ありがとう。おばあちゃん」とおれいう。

 ヒロユキは、手にしたポーションをしばらく見つめている。マリーはその頭をがしがしとなでて、

 「にすんじゃないよ。いくらでもつくれるんだから、だまってっていきな」

と言うと、ヒロユキはうなづいてカバンにしまった。

 「ありがとう」

 マリーはニッコリわらって、

 「いいってことさ。……また明日あしたまってるからね」

と言う。

 マリーに見送みおくられながら、玄関げんかんからよる王都おうとに出る。

 手をふって、「またあした」と言いながら、ヒロユキとコハルがあるき出す。私はそのとなり。

 路地ろじから大通おおどおりに出ると、ところどころの居酒屋いざかやからかりがもれ、人々ひとびとのにぎやかなこえが聞こえる。

 そら見上みあげると、今日きょうあつくもそらをおおっていてほしは見えなかった。

 コハルがヒロユキに、

 「いいおばさんだったね」

というと、ヒロユキは言葉少ことばすくなく、

 「ああ。そうだな」

返事へんじをした。

 そのとき、私のみみに、何かのごえこえた。頭上ずじょうだ。

 空に意識いしき集中しゅうちゅうすると、どうやら空高そらたかいところをなにかが集団しゅうだんんでいるみたいだ。

 まあ、ここは王都おうと多少たしょう魔物まものならおそってくることはないだろう。

 気にせずに二人のうしろあるいて行く。……えっ?

 そのとき、そらんでいる魔物まもの集団しゅうだんが、ここ王都おうと目指めざして急降下きゅうこうかしはじめた。

 ……ちょ、ちょっとこれはまずいわよ!

 すぐに見えてきた魔物まものは……、フレイムワイバーン。火炎かえんのブレスを空飛そらと蜥蜴とかげだ。

 漆黒しっこく夜空よぞらに、ワイバーンのブレスがあかかがやく。

 それに気がついた騎士きしによる警報けいほうかねが、カンカンカンカンっとりひびいた。

 あわてて居酒屋いざかやから冒険者ぼうけんしゃたちがころげでて、まわりを見回みまわした。

 次々つぎつぎにワイバーンのブレスで建物たてものおそわれる。

 そのワイバーンをたおそうと、外側そとがわ防壁ぼうへきから魔法使まほうつかいの魔法まほういろとりどりの光線こうせんえがきながらんでいった。

 ヒロユキがコハルをしながら、ちかくの建物たてものかげかくれる。

 私はその手前てまえで二人をまもるように身構みがまえた。

 建物たてものったワイバーンが、まわりにブレスをきつける。

 さけびながら建物たてものからた人々が、我先われさきにとげまどっている。

 その人々に向かってワイバーンがブレスをこうとしたとき、一条いちじょう光芒こうぼうがきらめき、力をうしなったワイバーンの巨体きょたい屋根やねからちてくる。

 そのこうには、あっというまにワイバーンを仕留しとめた剣士けんし姿すがたがあった。

 ……なかなかのつよさ。きっとランクのたか冒険者ぼうけんしゃだろう。

 けれど、そらたかいところから次々つぎつぎはなたれるブレスに、王都おうとのあちこちの建物たてものえている。

 まるで地獄じごくのような光景こうけいに、ヒロユキは蒼白そうはくになり、そのうしろでコハルがブルブルとふるえていた。

 ……大丈夫だいじょうぶよ。二人は私がまもるわ。

 そのとき、大通おおどおりを錬金術師れんきんじゅつしのマリーが二人をさがしながらはしってきた。

 「ヒロユキ! コハル!」

 それをたヒロユキが、「ここだ!」とさけんだとき、二人の背後はいごくろがりから、

 「……ケヒヒ。子供こども、みっけ!」

不気味ぶきみこえとともに、おどろおどろしい気配けはいしょうじた。――転移てんい! まずい!

 私は二人にけよった。

 そのとき、建物たてものかべをぶちやぶって二本の巨大きょだいなワイバーンのあしび出して、二人をつかまえる。

 私が即座そくざにコハルにると、二人をつかまえたワイバーンがそらがった。

 ぶわっと身体からだき上がる感覚かんかく

 したからは、マリーの絶望ぜつぼうするようなさけごえこえた。

 つよかぜつつまれながら、二人をつかまえたワイバーンはすごいスピードで王都おうとをはなれていく。

 その背中せなかにはあかい目をした一人の魔族まぞくわらっていた。

 「ケヒヒヒ! けにえだ! 生けにえだ!」

 前方ぜんぽう空中くうちゅうくろ円形えんけいのゲートがあらわれ、まようことなくワイバーンがそこにんでいく。

 転移てんいする独特どくとく感覚かんかくつつまれながら、ゲートからび出ると、そこは黒々くろぐろとした大陸たいりく上空じょうくうだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。