12.砦の戦い 2

 とりでたたかいはよるになってもつづいていた。

 とつぜん、夜空よぞら巨大きょだい魔方陣まほうじんかび上がる。

 あかい光のはしら魔方陣まほうじんと下の地面じめんをつなぐと、そこから一つ目の大巨人おおきょじん、サイクロプスがあらわれた。

 小学校しょうがっこう校舎こうしゃたかさほどもあるサイクロプスが、両手りょうてり上げて、雄叫おたけびを上げる。

 その雄叫おたけびに、魔物まもの騎士きしたちも身体からだがすくんで、うごきがまる。

 よわ魔物まもの騎士きし恐怖きょうふうごけない。

 おおまたであるいてきたサイクロプスは、とりで見下みおろして、こんぼう無造作むぞうさろした。

 そのこんぼう聖女せいじょ結界けっかいふせがれる。しかし、その衝撃しょうげき聖女せいじょが力つきてたおれ込んだ。

 戦場せんじょう指揮しきしていた騎士団長きしだんちょうのアルスが、

 「まずい!」

と言って、すぐさま騎士きし指示しじをして、聖女せいじょもとはしらせる。

 そのあいだに、ふたたびサイクロプスはこんぼうをふりあげた。

 騎士きしたちが恐怖きょうふに おののいた表情ひょうじょうになる。

 しかし、そこへキョウコが手にしたけんをサイクロプスにけて、

 「はなて!」

とさけんだ。

 その時、賢者けんじゃマーロンの魔法まほう完成かんせいする。

 サイクロプスの脳天のうてんに、夜空よぞらから大きなかみなりちた。

 バリバリバリというおとてて、かみなりひかりあたまからあしまでサイクロプスをつらぬき、地面じめんつたわってまわりの魔獣まじゅうにも おそいかかっていく。

 身体からげたサイクロプスがそのままの姿勢しせいかたまったようにうごかない。

 しばらくしてサイクロプスの上体じょうたいうしろにたおれかかった。

 「やったぞぉ!」

騎士きしたちがさけんだ。

 マーロンがはげしくいきらせながらまえる。

 「……うぬぬ。まだじゃ」

とうめくように つぶやいた。

 うしろにたおれかかったサイクロプスだったが、きゅうに力をもどしたようにった。

 大きながギョロリととりでの上の騎士きしをにらんだ。騎士きしたちは ぶるぶると ふるえている。

 サイクロプスの一つ目が赤くまり、

 「ぐおおおおおー!」

さけびながら、こんぼうりおろされる。

 「させない!」

 キョウコがとりでのはしから、サイクロプスにかって のように一直線いっちょくせんび込んでいった。

 こんぼうりおろそうというサイクロプスのむねに、キョウコのけんさる。そのけん中心ちゅうしんに、直径ちょっけい5メートルくらいの円形えんけいひかりはしり、サイクロプスが後ろにたおれていく。

 ズズズン。

 地面じめんったキョウコは、ぜえぜえといきあらげながら まわりを見回みまわした。

 キョウコは魔獣まじゅうや がいこつへいのどなかにいた。

 とりで大扉おおとびらひらき、うまった騎士団きしだんしてくる。その先頭せんとうはアルス騎士団長きしだんちょうだ。

 「勇者ゆうしゃまもれ!」

 馬上槍ランスをかかげたアルスのこえ騎士きしたちが、「「「おう!」」」と気合きあいを入れる。

 しかし、騎士きしたちのに、あかい大きなオーガ―が立ちふさがった。

 巨大きょだいなハンマーをったオーガ―だ。

 「ふしゅるぅぅ。ここはぁ、通行止つうこうどめだ。……ってか、つぶれてにやがれ!」

 そうさけんだオーガ―はハンマーをり下ろした。

 アルスはうまたくみにあやつって、そのハンマーをよけて、とおぎざまに、ランスでオーガ―の脇腹わきばらをねらう。

 しかし、アルスにつづいていた騎士きしたちのうち、何人なんにんかはハンマーをよけられずに、うまごとばされた。

 アルスのランスの表面ひょうめんあかひかっている。オーガ―にさったところから、ジュウウゥゥとけるにおいがする。オーガ―がのけぞって、

 「ぐおおおぉぉ」

くるしそうにうめいて、脇腹わきばらにささったランスをこうと手をえた。

 そこへ背後はいごからアルスがりかかった。

 「火炎十字剣かえんじゅうじけん!」

 オーガ―の背中せなかに大きな十字じゅうじきずきざまれる。

 前向まえむきにたおんだオーガ―に向かって、とりでから魔法まほうはなたれる。オーガ―のいたところに大きな火柱ひばしらが立った。

 その火柱ひばしらけるように騎士きしたちが勇者ゆうしゃ目指めざしてすすんでいく。

 火柱ひばしらえたあとにはオーガ―がんでいた。

――――。

 そのころ、とりで右手みぎてやまの中では、巨大きょだいなクモのもの冒険者ぼうけんしゃたちがたたかっている。

 「ちぃ! よりによってネクロマンチュラかよ!」

 おおグモともばれるネクロマンチュラは、あしひろげたおおきさが約30メートルほどもあり、その背中せなかにはドクロのように見えるアザがある。

 あしさきにある大きなツメと、するどいキバ。おしりから出すいと獲物えものらえる危険きけん魔獣まじゅうだ。

 四方八方しほうはっぽうから火の魔法まほうがネクロマンチュラにんでいく。

 しかし、ほとんどの魔法まほう針金はりがねのようにふとふせがれて、ダメージをあたえることができない。

 冒険者ぼうけんしゃかって、頭上ずじょうからクモのいとあみのようにんできた。

 何人なんにんかの冒険者ぼうけんしゃがそれにつかまり、地面じめんたおむ。

 ネクロマンチュラがその冒険者ぼうけんしゃめがけて突進とっしんしてきた。

 その背中せなか大剣たいけんったエドワードがち、大剣たいけん背中せなかからした。

 ネクロマンチュラがいたみにはげしくうごく。

 エドワードが必死ひっしになって大剣たいけんささえにとされないようにふんばっている。

 そこへゴンドーが大斧おおおのりかかり、ネクロマンチュラのあし一本切いっぽんきばした。

 次の瞬間しゅんかんやっつある大きなの一つに、ソアラのげた短剣たんけんさる。

 そのいたみに一瞬動いっしゅんうごきがとまるネクロマンチュラ。

 そこへリリーがこおり魔法まほうはなった。ネクロマンチュラの目がこおりざされていく。

 「いまだ! みんなかかれ!」

 だれかのごえで、冒険者ぼうけんしゃがネクロマンチュラにおそいかかった。

 めちゃくちゃにあばれるネクロマンチュラに何人なんにんかがばされるが、次々つぎつぎんでいく冒険者ぼうけんしゃに、ネクロマンチュラがすこしずつよわまっていく。

 エドワードがふたた背中せなかからべつ場所ばしょ大剣たいけんき下ろした。

 「こいつでおしまいだ!」

 ――こうして山中さんちゅうたたかいでは冒険者ぼうけんしゃ無事ぶじ勝利しょうりをおさめた。

 キョウコは油断ゆだんすることなくまわりを見回みまわしている。

 不思議ふしぎと がいこつへいやオークなどは、キョウコと一定いってい距離きょりをたもっている。

 キョウコの正面しょうめんのがいこつ兵の集団しゅうだんが、左右さゆうかれていく。

 その中から、くろよろいたオークをれた黒騎士くろきしあらわれた。

 黒騎士くろきしがキョウコのまえ仁王立におうだちになり、

 「ふははは。きさまが勇者ゆうしゃか! おれ黒騎士くろきしカロン。魔王様まおうさま四天王してんのうの一人にして最強さいきょう騎士きしだ」

 黒騎士くろきしにした大剣たいけんをキョウコに向ける。

 「きさまに一騎打いっきうちをもうし込もう。……おれたのしませろ!」

 そういっていきなりキョウコに向かってつっこんで来た。

 り下ろしの一撃いちげきをキョウコはサイドステップでよけ、そのまま黒騎士くろきしりかかった。

 すばやく大剣たいけんきりかえした黒騎士くろきしと、キョウコのけんがぶつかって火花ひばならす。

 「うぬ。剣筋けんすじだ。……それにそのけん聖銀せいぎんけんか? がダーインスレイブとえるとはおどろきだ」

 いったん距離きょり二人ふたり。キョウコは、

 「このとりで絶対ぜったいまもってみせる。あなたをたおして!」

さけび、全身ぜんしん魔力まりょくをまとわせると、さきほどよりも数段階上すうだんかいうえのスピードでカロンにりかかった。

 「ぬお?」

 カロンはおどろきながらも、キョウコのけんけ止める。ギリギリと つばぜりいをする二人。

 カロンはキョウコを見下みおろしながら、

 「ふははは。ならばおれ本気ほんきせてやろう。……をすすれ! ダーインスレイブ」

 そうさけぶと、カロンのけん不気味ぶきみあかひかり、ギチギチとおとてながらかたちわっていく。

 より大きく、そして赤く光る大剣たいけん変化へんかしたダーインスレイブは、まるでしんぞうの鼓動こどうのように、ドクンドクンと明滅めいめつして光っている。

 無造作むぞうさよこなぎにはらったカロンのけんちからながして、キョウコもうしろにがる。

 カロンが、

 「ふはははは。きさまのが欲しいとけんがいっているぜ!」

とキョウコにりかかった。

 キョウコの聖銀せいぎんけんしろひかった。

 キョウコは、カロンのけんながしながらも、上手じょうずにステップをんでカロンとたたかう。

 ちからはカロン、スピードはキョウコがうえだ。

 二人ふたりたたかいが きっこうしているあいだに、騎士団きしだんがキョウコをまもろうとやってきた。

 しかし、そのまえに がいこつへいやオークが立ちふさがり、くろよろいのオークが騎士団長きしだんちょうのアルスにりかかった。

 その間にも、キョウコとカロンのたたかいははげしさをしていく。

 しかし、ながたたかつづけているキョウコの体力たいりょく限界げんかいをむかえていた。

 とうとうカロンの強烈きょうれつろしを、キョウコがながしに失敗しっぱいする。

 キョウコの手から聖銀せいぎんけんばされる。

 しかも戦いつづけたキョウコの手は、ブルブルとふるえて力が入らない状態じょうたいだ。

 カロンを見上げるキョウコは絶望ぜつぼう表情ひょうじょうをうかべた。

 カロンはニヤリとわらうと、

 「さらばだ。勇者ゆうしゃよ! このけんとなり、そのいのち魔王まおうさまにささげるがよい!」

とキョウコの頭上ずじょうからダーインスレイブをり下ろした。

 くろよろいのオークとたたかっているアルスが、

 「キョウコぉぉ!」とさけぶ。

 キョウコがおもわず目をつぶった。……そのときだ。

 キョウコのかみなかから、一本の黄金色こがねいろが、キョウコとカロンのあいだび出した。

 ユッコのしっぽの毛だ。

 ダーインスレイブの一撃いちげきがたった一本の毛にふせがれる。

 そして、目を見開みひらいたカロンの前で、黄金おうごんの毛が まばゆい光をはなった。

 

 その光にみ込まれたカロンの全身ぜんしん白銀はくぎんほのおつつまれる。

 「ぐ、ぐわあぁぁぁぁ」

と、のたうちまわるカロン。

 まばゆい光は、そこを中心に広がっていき、戦場せんじょうのすべてをおおくす。

 光につつまれた魔獣まじゅうや がいこつ兵などの魔族軍まぞくぐんが、ことごとく白銀はくぎんほのおつつまれて地面じめんたおれていった。

 キョウコが目をひらくと、すべてのてきほのおつつまれ、目の前ではカロンがころまわっている。

 広がった光があつまってきて、キョウコにい込まれるようにえていく。

 「今の光は? ……身体からだがかるい?」

 キョウコの全身ぜんしん不思議ふしぎな力が充満じゅうまんする。

 今まで以上いじょうの力が身体からだおくから わいてくるようだ。

 両手りょうてにぎりしめているキョウコの目の前で、ぼろぼろになったカロンがよろよろと立ち上がった。

 「き、きざまぁ」

と、うめきごえをあげるカロン。

 その目の前の空間くうかんらぎ、ローブを銀髪ぎんぱつおとこあらわれた。

 おとこはカロンを見下みおろし、

 「カロン。お前は先にかえれ」

と手をり上げると、カロンのすがたが すうっとえていった。

 男はキョウコにり向くと、

 「さすがは勇者ゆうしゃだ。はバアル。いずれ会うこともあろう。

 ……ここはわれらのけだ。いさぎよく退しりぞくとしよう。さらばだ」

げ、カロンと同じようにえていく。

 キョウコは何もできずに、それを見ていた。そこへ、ようやく騎士団長きしだんちょうのアルスがやってきた。

 「キョウコ。大丈夫だいじょうぶか!」

 キョウコはうなづく。

 「ええ」

 アルスはうなづきかえすと、騎士きしたちの方へとかえって、

 「我々われわれ勝利しょうりだぁぁ!」

と、けん高々たかだかかかげてちどきをあげた。

 騎士きしたちがおなじようにけんをかかげて、「おおお!」とこえを上げる。

 とりでまもりぬいた。

 ――そうおもった瞬間しゅんかん、キョウコはつかれが出てきて、その意識いしきうしなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。