13.王都への帰還

 王都おうと帰還きかんしたキョウコやエドワードたちをけていたのは、ワイバーン部隊ぶたい襲撃しゅうげきであちこちの建物たてもの破壊はかいされたまちだった。

 南部街道なんぶかいどうとりでたたかいを勝利しょうりでかざり、よろこびの帰還きかんとなるはずだったが、王都の悲惨ひさんなすがたにだれしもが絶句ぜっくしている。

 「そ、そんな……。せっかく魔族軍まぞくぐんかえしたのに」

 こぶしつよくにぎりしめるキョウコだったが、騎士団長きしだんちょうらにうながされておしろかった。

 エドワードたちはギルドで報告ほうこくませ、そして家路いえじにつく。

 がれきが道路どうろのはしにせてあり、ワイバーンのブレスを受けてくろこげになった木材もくざいがあちこちにらばっている。

 王都の人々がつかれきった表情ひょうじょうで、がれきをかたづけている。

 エドワードはしぶかおをしながら、

 「ひどいな……。ヒロユキたちは無事ぶじだろうか」

とつぶやいた。

 リリーが、

 「心配しんぱいだわ。はやもどりましょう」

物憂ものうげな表情ひょうじょうまちつめている。

 目のいソアラが、

 「ほら。家は無事ぶじみたいよ」

と指をさし、

 「あれ? あのおばさんは……」

といぶかしげな声を上げた。

 エドワードたちが家にたどりくと、そこには錬金術師れんきんじゅつしのマリーが立っていた。

 エドワードが、

 「ばばあじゃないか! いまかえったよ。……でもどうした? ヒロユキたちはお使つかいか?」

とたずねる。

 マリーは悲痛ひつう表情ひょうじょうで、

 「すまない。二人は……、ワイバーンにさらわれた」

げる。

 絶句ぜっくするエドワードたち。エドワードが苦笑にがわらいしながら、

 「う、うそだろ? あいかわらず冗談じょうだんきついよなぁ」

と言うが、マリーはだまったままだ。

 エドワードがマリーにかけよって、そのかたをつかんだ。

 「な、なんだよ。だまったままじゃわかんないって」

と言う。

 マリーが、

 「本当ほんとうのことだ。

 私の家からかえったあと、ワイバーンどもがおそいかかってきたのさ。

 あわててまちして、あんたらの家に向かったんだけど、……もう少しでいつけるってところでさらわれちまった」

と、くやしそうに言う。

 目元めもと何度なんどもこすっていて、疲労困憊ひろうこんぱい様子ようすだ。

 リリーがドアをけて、

 「と、とにかく中に入りましょう。ね、マリーも一緒いっしょに」

と言うと、みんなが順番じゅんばんに家に入っていった。

 最後さいごにリリーはマリーのかたきながら入っていく。

 そのまましずんだ重苦おもくるしい空気くうきが、エドワードたちをつつむ。

 マリーのはなしきながら、いつしか夕闇ゆうやみせまってきていた。

 不意ふいに家のドアがノックされる。

 ソアラが開けに行くと、そこには一人の少女しょうじょがいた。そのこうに賢者けんじゃマーロンの姿すがたもある。

 そのかおを見て、ソアラがおどろき、

 「ゆ、勇者ゆうしゃさま?」

と言うと、少女しょうじょがうなづいて、

 「キョウコってんでください。わたしほう年下とししただし。……ヒロユキくんとコハルちゃんはいます?」

ときいてくる。

 しかし、だれもそれにこたえない。

 沈黙ちんもくがただよい、キョウコが、

 「そ、そんな……」

絶句ぜっくした。

 マーロンがやってきて、

 「どうしたのじゃ?」

ときくと、ソアラが、

 「二人はワイバーンにれさらわれたわ」

 マーロンが、

 「なぬ? さらわれた?」

と言うと、マリーが、

 「そのこえはマーロンのじじいか?」

そとに出てきた。

 マーロンがマリーを見て、

 「おぬしだって、わしよりわかいが充分じゅうぶんにばばあじゃないか。……それよりさらわれたのは本当ほんとうなんじゃな?」

 「そうさ。あのきつねっ子も一緒いっしょじゃ」

 それを聞いたマーロンが少しかんがんでから、

 「そうか……、ちょっと中に入ってええか?」

と言い、エドワードたちの家に入っていった。

 「け、賢者けんじゃさま? ……あいつらいつのまに」

とヒロユキとコハルが、いつのまにか勇者ゆうしゃキョウコ、賢者けんじゃマーロンといになっていることに、エドワードたちがおどろいている。

 魔法使まほうつかいのおじいさんとは聞いていたが、まさかそれが賢者けんじゃマーロンだとは知らなかったらしい。

 マーロンは、

 「おぬしら、あきらめるのはまだはやいぞ。あのきつねっ子が一緒いっしょなんじゃろ? ちょっとまっとれ」

と言って、リリーにいって大きめの深皿ふかざらに水をためてってこさせた。

 水の入ったさらまえに、マーロンがつえかまえてつ。

 「水鏡みずかがみよ、水鏡みずかがみさがしびとの姿すがたをうつしておくれ」

と言いつつ、つえから魔力まりょくを水にながんでいく。

 水がぼうっとあおひかりかがやき、中央ちゅうおうにぼんやりと何かのぞううつされた。

 少しずつピントがあっていくと、そこにはどこかのもりの中にいるヒロユキとコハル、ユッコの姿すがたがあらわれた。

 「ヒロユキにコハルだ!」

 それをたみんながよろこびのこえを上げる。

 リリーが、

 「よかった。生きていてくれた」

なみだぐんでいる。ソアラもフランクもそのとなりで、うんうんとうなづいている。

 キョウコがそれを見て、

 「……ここはどこ?」

とたずねると、マーロンはひたいにあせかべてむずかしい表情ひょうじょうをしている。

 マーロンがゆっくりと口をひらいた。

 「魔大陸またいりくダッコルトじゃ……」

 その返事へんじに、みんなはふたたび言葉ことばうしなった。

 ゴクリとだれかが、つばを飲み込み、「魔大陸またいりくだと」とつぶやいた。

 キョウコが自分じぶんのほっぺたを、ぱあんっとたたいた。

 「よし! わかった! ちょうどいい。私が二人をさがしにくよ!」

 エドワードたちがかおを上げて、キョウコを見つめる。

 マーロンが、

 「そうじゃな。たしかにちょうどいいかもしれん」

とつぶやいた。

 ドワーフのゴンドーが、

 「どういうことだ?」

とたずねると、マーロンが、

 「じつはの。南部なんぶとりでたたかいのあとで、調査ちょうさしてみたところ、このロンド大陸たいりく侵攻しんこうしてきていた魔族まぞくがきれいさっぱりいなくなっておるようでな」

と言いながら、となりのキョウコを見つめた。

 「おそらく、あの最後さいごのキョウコの魔法まほうおそれをいだいたと考えられる。

 勇者ゆうしゃの力を脅威きょうい判断はんだんして、警戒けいかいしておるんじゃろう」

 キョウコはくびよこって、

 「最後さいごのは魔法まほうじゃないよ。私だってもうられるっておもって覚悟かくごしたんだもん。なんであんな光で魔族まぞくをやっつけられたのかわからないわ」

と言う。

 マーロンが、

 「おそらく土壇場どたんば勇者ゆうしゃの力がかくせいしたんじゃろうさ」

というがキョウコは納得なっとくしていないようだ。

 エドワードが、

 「それで?」

と言うと、キョウコが、

 「私たちで精鋭部隊せいえいぶたいをつれて、魔大陸またいりくむことになったのよ」

 マーロンが補足ほそくする。

 「各国かっこく軍隊ぐんたい陽動ようどうとして、魔大陸またいりく沿岸部えんがんんぶ大規模だいきぼ戦闘せんとうをしかける。

 そのうら精鋭せいえい魔王まおうたお計画けいかくじゃ」

 はなしいたエドワードがどんっとテーブルをたたいた。

 「おれたちもく。あんたらの偵察役ていさつやくとしてついていくぜ」

 その宣言せんげんに、リリーたちは一瞬いっしゅんおどろいたようだが、すぐにうなづいてキョウコとマーロンにいた。

 キョウコは、

 「だ、だめだって。危険きけんだから。それに……ヒロユキたちがかえってきても、このいえくなってるとかなしむよ」

と言うが、マーロンはしばしかんがんで、

 「いや。キョウコ。これはいいかもしれん。こやつらはすごうで冒険者ぼうけんしゃじゃ。

 山の中での戦闘せんとうたたかいて、れいのネクロマンチュラにとどめをしたのもこいつらじゃぞ」

 錬金術師れんきんじゅつしのマリーもうなづいて、

 「それにこの家ならば、わたしが留守るすまもってやろう。このはなたれエドワードの家なんぞ、わが家も同然どうぜんさ」

 エドワードがあたまをわしゃわしゃとしながら、

 「うっせえ! ばばあ! いつまでもはなたれってぶんじゃねぇ!」

 「はなたれは、はなたれさ。……まったく。むかしは、わたしの入浴にゅうよくをのぞいていたくせに。いくら私が美魔女びまじょだからってねえ」

 「だから、そのはなしはやめろって!」

 キョウコがどきまぎしながら、

 「ちょっと、私のはのぞかないでよね。のぞいたら……、ぶっとばす」

 エドワードがあかくなりながら、

 「のぞかねえよ! ったく、これもばばあのせいだ」

 リリーがわらいをこらえながら、

 「大丈夫だいじょうぶよ。キョウコさん。エドワードは私がちゃんと見張みはってるから」

と言った。

 キョウコたちが魔大陸またいりくダッコルトに潜入せんにゅうするのは、約一ヶ月後やくいっかげつごらしい。

 その間に、各国は軍勢ぐんぜいととのえて、魔大陸またいりくに向けて軍用船ぐんようせん出発しゅっぱつする予定よてい

 撤退てったいした魔族まぞくに、対抗策たいこうさくを見つけられるまえたおすのが目的もくてきだから、スピードせんだ。

 それからエドワードたちも一ヶ月後いっかげつご魔大陸潜入またいりくせんにゅうけて、いそがしい日々をおくることになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。