14.くらやみの森

 真夜中まよなか、どんよりとした くもりぞらしたで、わたしそらんでいる。

 王都おうとをおそったワイバーンの足につかまえられているヒロユキとコハルは気をうしなっているようだ。

 私はコハルをつかまえている足の上で、まわりの状況じょうきょう確認かくにんしていた。

 へん転移てんいゲートをくぐりけた先は、あきらかに気候きこうちがうからべつ大陸たいりくちかくだとおもう。

 さっきまではくらうみの上だったが、今はもりの上をんでいる。

 ワイバーンをあやつっているのは、その背中せなかっている みみのとがった魔族まぞくの男だ。

 王都でつかままったときに、ヒロユキとコハルを「けにえ」とっていたから、ろくでもないことのためにつれさったのだろう。

 そんなことはさせないけどね。

 かぜつよさに目をほそめながら、もう少し先にみずうみがあるのが見えた。

 よし。勝負しょうぶ一瞬いっしゅんよ!

 いつもはかくしている尻尾しっぽをすべてして、そのうち二本にほんをのばしてヒロユキとコハルにきつけ、そのまま二人にまもりの魔法まほうをかけた。

 だんだんちかづいてくるみずうみを見て、タイミングをはかる。

 5、4、3、2、1。今だ!

 私はワイバーンの足に電撃でんげきながした。

 ギャガガガガガアアァ!

 電撃でんげきがワイバーンをつうじて、背中せなかっている魔族まぞくの男におそいかかった。

 ワイバーンの足のゆびがゆるんだのを見て、ヒロユキとコハルと一緒いっしょに空にび出した。

 自分の足のうらに魔力まりょくをこめて、空中くうちゅうりる。

 ワイバーンと男は感電かんでんしながら森に墜落ついらくしていった。

 尻尾しっぽで二人をつつみ、みずうみ目指めざして空中くうちゅうはしる。

 ねんのため、くらましの魔法まほうまわりにっているから、だれにもられないはず。

 そうして5分ほど空中くうちゅうはしって、無事ぶじみずうみのほとりに着地ちゃくちした。

 湖畔こはん水面みなもかぜれるおときながら、周囲しゅうい安全あんぜん確認かくにんする。

 ……うん。大丈夫だいじょうぶ気配けはいさぐってみると、すくなくとも半径はんけい1キロメートルの範囲はんい危険きけんものはいないわ。

 そばにある大きな木の根元ねもと土魔法つちまほう地面じめんかためた。

 そして、私がいつも自分の荷物にもつ整理せいりするのに使つかっている魔法倉庫マジック・ガレージから毛布もうふり出して、地面じめんき、二人をかせる。

 この魔法倉庫マジック・ガレージって、魔法まほう不思議ふしぎ空間くうかんつくって、ものを入れたり出したりできるすぐれものの魔法まほうよ。

 私はふだんから、自分の物やあまった食料しょくりょうなどを入れていたから、今みたいに突然とつぜんどこかにほうり出されても、まったく問題もんだいないわ。

 自分たちのまわりにまる魔法まほうかべをつくって結界けっかいにする。これでモンスターがおそってきても大丈夫だいじょうぶ

 かせた二人にケガがないかどうか確認かくにんしたけれど、たんうしなっているだけみたい。

 ほっとしながら、睡眠すいみん魔法まほうをかけてあさまで目がめないようにする。

 ようやくいたところで、コハルのそばにすわる。ゆっくり気配感知けはいかんちをした範囲はんいひろげていく。

 さすがにふかもりなかだけあって、ところどころに危険きけん動物どうぶつがいるみたいね。

 クマ、オオカミのれ、巨大きょだいむしのモンスター、そして、墜落ついらくしたワイバーン……。

 どれも今のヒロユキとコハルには危険きけんすぎるわ。いずれにしろ結界けっかいなかだから安全あんぜんだけどね。

 少しつかれた私は、ゆっくりと目をつぶった。

――そのまま二時間にじかんほどしたとき、私の気配感知けはいかんちなにかがっかかった。

 だれかがみずうみおくからちかづいてくるわね。

 私はがってみずうみほうをながめた。

 ちょうどそのときそらめていたくもからがのぞいて、つきひかりがスポットライトのように湖面こめんらしている。

 その光の中、小舟こぶねっているのは二人のダークエルフだ。

 どうやら私たちに気がついているようで、まっすぐにこっちにかってきている。

 てきか。味方みかたか。警戒けいかいしながら近づいてくるのをつ。

 小舟こぶねみずうみきしにつき、二人が近づいてくる。

 どうやら二人とも女性じょせいのようね。きれいな銀色ぎんいろかみつきひかりらされてかがやいている。

 ……武器ぶきをかまえる様子ようすはないし、敵意てきいかんじないわ。

 二人のダークエルフは私のまえすわると、

 「私たちはこの森にむダークエルフよ。てきではないわ。……うちのむら神官様しんかんさまがあなたたちをたすけてくるようにって」

 もう一人のダークエルフの女性じょせいも、

 「安心あんしんして。私たちは魔族まぞくはいってこられない聖域せいいきんでいるの。だから一緒いっしょきましょ?」

 聖域せいいき? そんなところがこのもりに……、あるわね。

 私の気配感知けはいかんちだと、ここから5キロメートルほどのところに、ぽっかりとまわりとちが空気くうき場所ばしょがあるわ。

 たしかにみずうみわたったほうはやいしちかいわね。

 ダークエルフか……。

 どっちにしろ森をさまようより、聖域せいいきったほうがよさそうだわ。

 私はくるっと二人にけてヒロユキとコハルのそばにいく。

 尻尾しっぽから一本ずついて、二人のかみんだ。

 これでなにかあっても二人をまもれるはず。

 そこでダークエルフのほういてうなづいた。

 さささっとやってきたダークエルフの女性じょせいは、慎重しんちょうにヒロユキとコハルをかかえた。

 「さ、魔物まもの魔族まぞくまえ聖域せいいきもどりましょう。あなたも一緒いっしょにね」

 ひょいっと小舟こぶねった私をて、ダークエルフの女性じょせいがにっこりわらった。

 「あなた。本当ほんとうにふつうのキツネ? ずいぶんとかしこいのね」

 ……いいえ。普通ふつうのキツネではありませんよ。かくしてるけどね。

 小舟こぶねつきひかりまもられながら、湖面こめんしずかにすすんでいく。

 森の聖域せいいき。これも運命うんめいなのかしらね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。