16.魔王の真実

 ファミーユが案内あんないしてくれたさきは、大岩おおいわのそばの建物たてものだった。

 木でできた建物たてものなかはいると、木のいいかおりにつつまれる。もう何年なんねんっているような建物たてものだけれど、いまだに木のにおいがするのはすごいわね。

 中には祭壇さいだんつくられていて、その前の演説台えんぜつだいのところに、昨夜さくや女性じょせい神官しんかんが立っていた。

 「来たわね」

 そうつぶやくと、神官は私たちの方へと歩いてきた。

 「さ、すわってちょうだい。……ファミーユたちも一緒いっしょにね」

と言って、そばのゆかにみずからも座る。ファミーユにうながされて、ヒロユキもコハルも床に座り込んだ。

 ヒロユキが気まずそうに、

 「あ、あの。おれたちをたすけてくれてありがとうございます」

と言って、あたまを下げた。コハルもあわてて一緒いっしょに頭を下げる。

 神官しんかんわらいながら、

 「おれいなら私たちというより、そこのキツネちゃんに言った方がいいわね。私たちがむかえに行くまで、キツネちゃんがたった一匹いっぴきで、二人ふたりまもっていたのよ」

と言うと、ヒロユキとコハルがおどろいて私を見る。

 ……いいわよ。べつに。そんなたいしたことしてないし。

 そうおもったけど、コハルが、

 「本当ほんとう? ユッコ。ありがとう」

と言って私のあたまをなでてくれた。

 ほそめてそのをぺろっとなめると、コハルは微笑ほほえんだ。

 神官しんかんが、

 「私はここのむら長老ちょうろうでもあり神官をつとめているフローレンスよ。あなたたちをむかえにけっていう神託しんたくが下りてね。そこの二人に迎えに行ってもらったの」

というと、そこでヒロユキとコハルがあらためてお礼を言っていた。

 ふうん。神託しんたくねぇ。いったいどんなかみさまかしら? きっと私のことを知っていたのよねぇ?

 気になる言葉ことばが出てきたけれど、神官のフローレンスが説明せつめいをするのをつわ。

 「ひさしぶりに人間族にんげんぞくったわね。

 ……私ね。むかし仲間なかま一緒いっしょにロンド大陸たいりくたびしたことがあるのよ」

 ヒロユキがいぶかしげに、

 「もしかして……、ここはロンド大陸じゃないんですか?」

というと、フローレンスはうなづいて、

 「ここは魔大陸またいりくダッコルトよ。今は、魔王まおう復活ふっかつして支配しはいする魔族まぞう大陸たいりくになっているわ」

 コハルがおそろしそうに、

 「ま、魔王まおう復活ふっかつ?」

 「ええ。少しまえにね。

 ……ここはダークエルフのかく集落しゅうらくよ。

 ほかにも私たちみたいにかくんでいる種族しゅぞくがいるけれど、ここはむかしから不思議ふしぎ結界けっかいがあって、魔族まぞくも入って来れないの。

 それもあって、はるか昔には、私たちの先祖せんぞ魔王まおうたたかったのよ」

 ヒロユキが、

 「へぇ。ダッコルトは魔族まぞく魔物まもの魔獣まじゅう暗黒大陸あんこくたいりくってことしか知らなかったなぁ」

 フローレンスは微笑ほほえんで、

 「あらあら。それはみんなの前では言わない方がいいわね。私たちは魔族まぞくじゃなくても、実際じっさいんでいるんですもの」

 「あ、ごめんなさい」

 「いいわよ。ロンド大陸たいりくの人はそういう認識にんしきだってことはってるから。ちょうどいいから魔王まおうのこと説明せつめいしましょうか?」

 ヒロユキとコハルはうなづいて、

 「おねがいします」と言った。

 うん。私も興味きょうみがあるわ。この世界せかい魔王まおうのこと。

 フローレンスは、ファミーユにおちゃ用意ようい指示しじすると、ヒロユキとコハルにきなおる。

 「もともとダッコルトには、悪魔族あくまぞく鬼族おにぞく、ダークエルフ、獣人族じゅうじんぞくが住んでいたの。

 悪魔族あくまぞくって言っても、知恵ちえのあるスライムなんかもいて、色々いろいろなんだけどね。

 ……たくさんの種族しゅぞくが住んでいたの」

 「うんうん」

 「はるかむかしに、悪魔族あくまぞく一人ひとりおとこが、人々ひとびとす いかりとか うらみ などのわる感情かんじょうに、つよいエネルギーがあることに注目ちゅうもくしたのね。

 最強さいきょう存在そんざい目指めざしたそのおとこは、特殊とくしゅ魔方陣まほうじんつくりあげて、世界中せかいじゅうからそういうわる感情かんじょう自分じぶんあつめて吸収きゅうしゅうすることに成功せいこうしたのよ。

 ……そうしてまれたのが魔王まおう

 ……あちゃぁ。そいつ、やっちゃいけないことしてるよ。

 マイナスの感情かんじょうあつめたら 破滅はめつをもたらすだけでしょうに。

 つよくなりたいなら 地道じみち修業しゅぎょうしないとだめよ。

 「魔王まおうは、たちまちに魔族まぞく鬼族おにぞく獣人族じゅうじんぞく支配下しはいかにしたわ。

 そして、魔王まおうわたしたちダークエルフを支配しはいしようとすると同時どうじに、ロンド大陸たいりくんだのよ。

 たくさんの人たちがんで、おおくのながされたわ。

 ……だけど、あるとき、つき精霊せいれい降臨こうりんして、魔王まおうを三つのオーブに封印ふういんしたといわれているわ」

 コハルが、

 「三つのオーブに?」

とききかえす。フローレンスはうなづいて、

 「そう。太陽たいようのオーブ、つきのオーブ、そして、ほしのオーブよ」

 「じゃあ、その三つのオーブが無事ぶじなら魔王まおう復活ふっかつできないってことだよね?」

 コハルがそういうと、フローレンスは言いだしずらそうにして、

 「もうわってしまったはなしよ?

 月のオーブはこの神殿しんでんにあったの。したのは……、私のおさなじみのバアルなの。

 かれは……、彼は人間族にんげんぞくうらんでいる。

 きっとほかのオーブをあつめたのもバアルだと思う」

 「え? じゃ、じゃあ……」

 「確証かくしょうはないけれど、バアルが魔王まおう復活ふっかつさせたのよ。人間族にんげんぞくほろぼすために」

 フローレンスはかなしげな表情ひょうじょうでうつむいた。

 う~ん。一体何いったいなにがあったのかしら? 

 ヒロユキが、

 「あのさ。そいつは、なんで人間族にんげんぞくうらんでいるんだ?」

とたずねた。

 フローレンスはしばらく沈黙ちんもくしてから、かおげる。

 「さっきったわよね?

 仲間なかま一緒いっしょにロンド大陸たいりくったことがあるって。

 ……その時の仲間なかまがバアルと、ミニーだったのよ」

 フローレンスは、なつかしそうに天井てんじょう見上みあげた。

 「いろんなところへ行ったわ。

 ヒルズとかいう村で、太陽たいようのオーブのある ほこらも見つけたし。

 ……ただ、とあるまちに行ったとき、ちょうどちかくのモンスターが大きなれがおそってくるところだったのよ」

 ヒロユキが、

 「魔獣大暴走スタンピートか?」

 それにフローレンスはうなづいた。

 「私たちは、そこの騎士団きしだん冒険者ぼうけんしゃ協力きょうりょくしてたたかった。

 想像以上そうぞういじょうの大きさのれで何人なんにんもの騎士きし冒険者ぼうけんしゃたおれ、とうとうまちててげるしかない状況じょうきょうになったのよ。

 あれは本当ほんとう地獄じごくかまのふたがいたのかと思った。

 ……そこらじゅうに死体したいころがり、腐臭ふしゅうがただよってどこもかしこもぼろぼろだった」

 その光景こうけいおもい出したフローレンスがおびえたような表情ひょうじょうになり、

 「最後さいごにミニーが大魔法だいまほうをつかったのよ。……もう体力たいりょくも 魔力まりょくも 限界げんかいむかえていたのに。生命力せいめいりょくえにね。

 あのったら、小さなおとこの子がおくれたのを見つけて、必死ひっしになったのよ」

 あぁ、そうか。生命力せいめいりょく使つかってしまったのね……。

 それもかなりのレベルの魔法まほうのために。

 「その大魔法だいまほうは、高熱こうねつほのおが じゅうたんのようにひろがっていく魔法まほうで、モンスターの大群たいぐんほのおみ込んでいった。

 ……そして、そのまちすくわれたの」

 コハルが、

 「よかったわ。すごいのね。そのミニーって人」

というと、フローレンスは小さくわらった。

 「ふふふ。そうよ。私たちの中で、ミニーが一番魔法いちばんまほう得意とくいだったのよ。

 ……でもね、ミニーは生命力せいめいりょくらして寝込ねこんじゃったのよ。

 なおすのに特殊とくしゅ薬草やくそう必要ひつようだったから、感謝かんしゃしている人たちを信用しんようして、まち宿やどにミニーをかせて、私とバアルとでさがしに行ったわ。

 けれど、それが間違まちがいだった」

 うん。はなし状況じょうきょう場合ばあい普通ふつう魔法薬ポーションじゃりないわ。

 その時は、よりレベルのたかいハイポーションとか、万能ばんのう魔法薬まほうやくエリクサーとかじゃないとダメなのよ。 

魔物まもの大群たいぐんは、一人の人間族にんげんぞくわる魔法使まほうつかいがこしたものだった。

 私たちが留守るすにしているあいだに、ふたたび魔物まもの大群たいぐんれてきて、ミニーの身柄みがら要求ようきゅうしたのよ」

 そこまでいたヒロユキとコハルが、はっといきをのんだ。

 さびしげにフローレンスが、

 「私とバアルがもどったときには、ミニーがまちかべから魔物まものれにほうげられたところだった。

 さけびながらはしった私たちの目の前で、ミニーはころされたわ」

 なんてこと! じゃあ、そのまちの人たちって、まもってくれたミニーをし出したの?

 「バアルはミニーと恋人同士こいびとだったから、いかくるって、魔法まほうで、魔物まものも、魔法使まほうつかいも、まちの人も、すべてほのおくした……。

 なみだながしながら」

 「……」

 「すべてわったあと、バアルはミニーの遺体いたいをいつまでもきかかえていたわ。

 ……それからここにもどってたんだけど、ある日、かれ姿すがたしたわ。月のオーブとともに。

 もう500年もまえはなしよ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。