18.地下のダンジョン

 「うわあぁぁぁぁぁ」

 二人ふたりながい長いすべだいから広間ひろまして、そのままゴロゴロところがってとまった。

 わたしはすぅっとすべだいからち、すぐに広間ひろま見回みまわした。

 たかさはおよそ10メートル。ひろさはよくわからないけど、半径はんけい1キロメートルのほぼ円形えんけい

 地下ちかのはずだけど、天井てんじょう中央ちゅうおうにある巨大きょだいいし太陽たいようのようにひかかがやいている。

 そのおかげか、広間ひろまには植物しょくぶつしげってはやし形成けいせいしているところと、草原そうげんになっているところ、水場みずばになっているところの三つのエリアがあるようだ。

 もの気配けはいがいくつもかんじられる。

 一体いったいここはどういうところだろう?

 すべだい出口でぐち草原そうげんになっているところにめんしていて、二人はくさむらの中にころがっている。

 すぐに二人のもとにいくと、あんじょう。ヒロユキは目をまわしていて、コハルはうしなっているようだ。

 まわりを警戒けいかいしていると、もりぐちのそばに一軒いっけん小屋こやがあるのがえた。

 ここの環境かんきょうだと、たしかに生活せいかつできそうだけど、だれんでいるのかしら? それとも住んでいたのかしら?

 ヒロユキに回復魔法かいふくまほう、コハルにつけの魔法まほう使つかうと、しばらくして「ううぅん」といいながら、二人はがった。

 コハルが、

 「こ、ここは?」

とまわりを見回みまわす。

 ヒロユキが天井てんじょう見上みあげて、

 「洞窟どうくつなかみたいだな……。っこちたのか?」

むずかしいかおをした。

 そこへ草原そうげんのオオカミが数匹近すうひきちかづいてきた。

 そのごえがついたヒロユキは、こしをやって、そこにけんがないことに気がついた。

 「やばい! ……あそこの小屋こやげるぞ!」

 そういってコハルの手をとってけだした。

 私は二人のあといかける。

 途中とちゅうびかかってきそうなオオカミがいたので、ギロっとにらんでおどすと、ビビッて尻尾しっぽかくしながらげていった。

 そのあいだに二人は小屋こやの中にんだので、私もそのあとにつづく。

 ヒロユキがあわてて小屋こやのドアをめた。さいわいにして、小屋こやの中にはだれもいなかった。

 二人はあわてて内側うちがわのかんぬきをかけ、ヒロユキが、そうっとまど雨戸あまどのすきからそとをのぞく。

 私にはえないけれど、気配けはいから、オオカミたちは私のひとにらみで、みんなげかえっているわ。

 「い、いないな……」

 「本当ほんとう? よかったぁ」

 そういってへたりむ二人を横目よこめに、わたし小屋こやの中をながめる。

 ひとつのベッドにテーブル。かべには、けんゆみおのなどの武器ぶき道具どおうぐけられている。

 すみには水瓶みずがめがあるけれど、中はとっくにからになっている。

 ……たところ、んでいたのは一人ひとり。それもおとこね。

 くわしくはわからないけど、100年はだれんでいなかったような気がする。

 へたりんで、いまだにいきあら二人ふたりに気がつかれないように、そうっと浄化クリーン魔法まほう小屋こやの中をきれいにする。

 ちょっとつよめに魔力まりょくめたから、水瓶みずがめ武具ぶぐもすぐに使つかえるように清潔せいけつになっているわ。

 さすがに寝具しんぐ一度洗いちどあらったほうがいいだろうけど。

 ようやくいきをととのえたコハルががって、

 「結界けっかいかなにかあるのかな?」

 ヒロユキがかべ武器ぶきながら、

 「そうかもな。……あの武器ぶき使つかえるかな?」

という。

 それから二人ふたり小屋こやの中のものを調しらべはじめた。

 そのあいだに、私は小屋こやまわり100メートルに結界けっかいっておく。

 そのときに気がついたけど、うらに小さながけがあり、そこにわき水があるようだ。

 ……どうやら新鮮しんせんみずにはこまらないですみそうね。

 安心あんしんしたところでくと、ヒロユキがけんにとってさやからくところだった。

 きれいな刀身とうしんにはこまかいキズこそあるけれど、まだまだ使つかえそう。

 ヒロユキはけんにぎると、まわりにぶつけないように2回ほどる。

 「うん。どうやら使つかえるみたいだな」

 そういってけんさやおさめ、こしにくくりつけた。

 コハルはゆみ矢筒やづつってきて、ゆみつる調しらべている。

 ヒロユキとおなじように、三度さんどはじいてみると、ビイィィンとおとった。

 ついで矢筒やづつのこった調しらべて、

 「こっちも大丈夫だいじょうぶそうよ」

といい、矢筒やづつ背中せなか背負せおった。

 「じゃあ、ちょっとまわりを確認かくにんしよう。……ユッコ。警戒けいかいたのむぜ」

 わたしはヒロユキのこえにうなづいた。

 ヒロユキがかんぬきをはずして、そっとドアをそとをのぞく。

 慎重しんちょうなのはいいけど、大丈夫だいじょうぶよ。

 私はそのすきからそとて、二人をかえった。

 それを二人ふたりはおそるおそるそとてくる。

 あるはじめた私のうしろを、二人はまわりを警戒けいかいしながらついてくる。

 小屋こや一周いっしゅうすると、ヒロユキが、

 「やっぱり結界けっかいでもあるのかな? オオカミが一匹いっぴきもいないや」

といって、ようやくかたちからいた。

 コハルが、

 「わきみずもあるね。よかったわ」

といい、さっそくわき水を手ですくってかおあらった。

 「うひゃぁ。つめたい!」

 それをいたヒロユキもやってきて、わき水をくちふくんでんだ。

 「……うん。めるみたいだな」

 そうやってみずんでから、私たちは小屋こやもどった。

 二人はこの小屋のぬしだれなのか、なにかがかりがないかどうかさがしている。

 「あっ。これ!」

 道具袋どうぐぶくろさがしていたコハルが手帳てちょう発見はっけんした。

 ヒロユキが、

 「でかしたぞ!」

といってやってくる。

 二人はベッドにならんですわって、手帳てちょうをのぞきんだ。

 わたしもベッドにがって、二人ふたり背中越せなかごしに手帳てちょうんだ。

――――

 この手帳てちょうぬしは、オブライエンというダークエルフのおとこだったようだ。

 ここの大陸たいりく使つかわれている年号ねんごうがわからないから、何年前なんねんまえひとなのかはわからないけど。

 たまたま私たちとおなじように、ひかいしつけてさわったところ、れいとしあなというかすべだいちたようだ。

 

 オブライエンは狩人かりうどだったので、武器ぶきっていたことがさいわいし、さらにもりたみであるダークエルフだったので、ここで生活せいかつするぶんにはそれほどこまることはなかった。

 手帳てちょう内容ないようのほとんどが、ここから脱出だっしゅつするための出口でぐちにチャレンジした記録きろくだった。

 ――ここにきて1143日がぎた。チャレンジも325回になる。

 れいかれみちひだりくと、こうばいうえかっていることがわかった。出口でぐちはこちらだろう。

 前回ぜんかいみぎったが、こうはしたつづいていた。最深部さいしんぶには立派りっぱとびらがあったが、そのこうからは普通ふつうじゃない気配けはいがしたから、あそこはこの洞窟どうくつのボスがいるのだろう。扉越とびらごしでもかんじる強大きょうだいちからに、とても私一人わたしひとりではたたかえるとはおもえない。

 ダンジョンによっては、一番奥いちばんおくのボスをたおすと、そのこうに出口でぐちにつながる転移魔方陣てんいまほうじんがあるという。もっと私に力があればそれも可能かのうだったろうに。

 ――1256日目。

 前回ぜんかい広場ひろばでゴーレムとたたか羽目はめになった。相手あいてうごきはおそいが、武器ぶきこわれないか心配しんぱいしながらたたかったので、うっかりと攻撃こうげきをまともにくらってしまった。

 雷魔法かみなりまほうでやっつけたが、身体しんたい回復かいふくするまで時間じかんがかかってしまった。

 洞窟どうくつにはわながないようだが、予想外よそうがいつよてきあらわれるのでけない。

 今回こんかいは、ゴーレムとたたかった小部屋こべやからさらにうえ目指めざす。……ああ、はや地上ちじょうもどりたい。

 ――1543日目。

 途中とちゅうおおきな部屋へやがあり、そこにでててくる部屋へやぬしをたおすことができない。くそっ。

 今度こんどこそ。……今度こんどこそ、あのキメラをたおして、そのこうへってやる。

 だがやつつよい。ねんのため、予備よび装備そうびをここにいておく。

 はや地上ちじょう生命力せいめいりょくちたかぜを、全身ぜんしんかんじたい。

――――

 「……」

 「……」

 なるほどね。このオブライエンさんが無事ぶじ地上ちじょうられているといいけどね。……でも、そうか。ダンジョンね。その可能性かのうせいたかいわね。ただ、そうなると……。

 最悪さいあく場合ばあい地上ちじょうのあのいしもダンジョンの一部いちぶわなだとすると、脱出不可能だっしゅつふかのうのトラップだという場合ばあいもあるわけ。そんでもって、そうなると……、出口でぐち一番奥いちばんおくのボスのこうにある転移魔方陣てんいまほうじんだけ、という可能性かのうせいたかい。

 私が本当ほんとうの力を出せば余裕よゆうだとおもうけど。……う~ん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です