19.安全地帯の探索

 つぎの日は、この小屋こやのある広間ひろま探索たんさくをおこなった。

 魔物まものおもったほど多くはないようで、わたし一緒いっしょなら向こうからたたかいを仕掛しかけてくることもないようだった。

 草原区画そうげんくかくにはオオカミのれと、モグラとかの小動物しょうどうぶつがいて、森林区画しんりんくかくにはリスやさるとり、イノシシがいるようだ。

 いけはきちんと水が循環じゅんかんしているようで、淡水たんすいさかなかいなどがいる。

 手帳てちょうにあった出口でぐちへの洞窟どうくつも見つけたし、脱出だっしゅつするのにどれくらいかかるかわからないから、ここの安全あんぜん確保かくほするのは大切たいせつなことよね。

 というわけで、二人はさっそくもりに入ってわな設置せっちをはじめた。

 コハルが一生懸命いっしょうけんめいロープをっぱっている。

 「んしょ、んしょ」

 ふふふ。かわいいわね。……おっと、むこうに小さいイノシシがいるみたい。

 こっそりと二人からはなれて、イノシシの方へとちかよって、手ごろな木にのぼった。

 えだの上から、下にいるイノシシの様子ようすをうかがうと、一心不乱いっしんふらんあなっていた。

 おそらく木のっこをべようというのだろう。体長たいちょう1メートルくらいで、わたしにはがついていない。

 わたしはすっとえだからジャンプして、空気くうきをけってイノシシに突撃とつげきした。

 一気いっきにのどもとにくいついて、尻尾しっぽあしをはらってイノシシを横倒よこだおしにする。

 あばれるイノシシだったが、あごに力を入れて、がさないようにしていると、だんだんと抵抗ていこうする力がうしなわれていった。

 二人にいいお土産みやげができたわ。

 わたし魔法まほうでイノシシの血抜ちぬきをすると、のどもとにかみついたまま、イノシシをきづって 二人のもとへと もどった。

 がさごそとしげみをゆらしながらもどると、二人ともおどろいた表情ひょうじょうで、

 「なんだそれ!」

 「すごい、ユッコ!」

とさけんだ。

 ふふん。気持きもむねをはって、二人のところへ行くと、運悪うんわるくコハルの左足ひだりあしにしてあるロープにっかかった。

 「あ、……きゃあああ!」

 途端とたんわな発動はつどうして、コハルはロープにつりあげられて、空中くうちゅうさかさまにぶら下がった。

 おどろいたヒロユキだったが、あっというにコハルがちゅうづりになって、あわててロープをりはなそうと木にのぼる。

 まったくもう。コハルったらドジねぇ。

 さわいでいるコハルを見て、わらいがこみ上げてきた。

 「行くぞ」

というヒロユキのかけごえとともに、コハルがドサッとっこちた。

 おしりをぶつけたみたいで、コハルがお尻をなでている。

 「いたたた」

 ヒロユキがえだの上からわらした。

 「ははははは」

 コハルがずかしそうに見上みあげて、

 「ちょっと、そんなにわらわないでよ!」

あかくなって抗議こうぎこえを上げる。

 それを見て、ますますヒロユキが、

 「まったくドジだなぁ。はははは。……は?」

わらいまくっていたけど、きゅうにバランスをくずしたみたいで、

 「と、ととと……。おわー!」

と言いながらえだからっこちた。

 コハルとおなじようにおしりをぶつけたみたいで、

 「いたたた」といながらおしりをなでている。

 今度こんどはコハルがそれを見て、

 「あははは」

わらった。ヒロユキがち上がって、

 「くそっ。失敗しっぱいした」

くやしそうにえだ見上みあげた。

 ……なんだかんだいって、この二人ってなかがいいよね。

 二人はイノシシをきづりながら小屋こやもどる。

 そのみちすがら、わたしは食べられる野草やそうを見つけるたびにコハルにおしえる。

 小屋こやもどったころには、二人ともつかれたみたいで、裏手うらてのわき水でかおあらってすわりこんだ。

 ふふふ。おつかれさま。ふたりとも。

 そう思いながら、コハルのとなりにこしを下ろした。

 コハルがやさしくわたし背中せなかでる。尻尾しっぽをゆっくりとふりながら目をじた。

 ……うん? なにかちかづいてくるわね。これはオオカミたちかしら?

 気配けはい感知かんちにしたがって、わたしち上がって二人のまえに出た。状況じょうきょうがわかっていないコハルが、

 「ユッコ?」と背後はいごでつぶやいた。

 「コハル! をつけろ」

 どうやらヒロユキもオオカミたちがるのがわかったのだろう。コハルをかばいながらけんかまえた。

 まったくあのオオカミたちったら、しょうこりもなくなにしにやってきたのだろう。

 不思議ふしぎわたしたちをつけねらっているというような雰囲気ふんいきでもないし……。

 そうおもってちかづいてくるのを見ていると、オオカミたちはわたしたちの前にずらっとならんだ。

 じっと見ていると、その中央ちゅうおうのリーダーとおもわれるオオカミがおそおそすすてきた。

 くちにくわえているのはウサギかな?

 リーダーはそのウサギをわたしの前にゆっくりとき、あたまを下げながらうしろにもどっていく。

 ……えっと。もしかしてわたしみつぎもの?

 そっとリーダーの方を見るが、ひたすらあたまを下げている。

 まあ、いいのかな?

 一声ひとこえいてウサギを口にくわえると、オオカミたちは安心あんしんしたようにうしろをいてってく。

 「今のは……」

 背後はいごでヒロユキとコハルがぼうぜんとしているけど、わたし、しーらない。

 コハルの前にウサギを下ろすと、コハルは微妙びみょう笑顔えがおかべながらウサギをち上げた。

 「まあ、とにかく血抜ちぬきしないとね」

――――

 次の日、ヒロユキとコハルと一緒いっしょ草原そうげんの方へ行くと、わたしたちのまわりにオオカミがやってきた。

 おそってくる様子ようすはなく、どっちかというとまわりをガードしてくれているみたい。

 コハルが持参じさんしたイノシシのにくかたまりをオオカミたちの方へほうげた。

 「昨日きのうのおれいだよ」

 オオカミは器用きようんでくるおにくをくわえると、うれしそうにあつまってはじめた。

 ……ふふふ。これであの子たちも仲間なかまってわけね。

 わたしたちはオオカミをれながら、いけかう。

 いけのほとりにあるいしの上にヒロユキとコハルがならんですわる。

 お手製てせいのつり竿ざおして、いと先端せんたん小屋こやにあったはりをくくりつけ、いけはなった。

 どうやら今日はりをするらしい。

 そのあいだ、オオカミたちはりにらばっていった。

 わたしひまなので、二人がいとらしているところからはなれた。

 ちょっとになることがあるのよね。

 昨日きのうもここにたんだけど、ここの水って不自然ふしぜんなほど綺麗きれいで、どうも魔力まりょくをおびているみたいなの。

 水際みずぎわにちかよって、ひとくち 水をむ。

 ……うん。やっぱり魔力まりょくかんじる。このいけ全体ぜんたいがマジックポーションになっている。

 でも、なんでだろう?

 じっといけを見ながら、意識いしきひろげていく。水の中へ、いけおくへ。

 あれれ。なにかある?

 確認かくにんしてこよっと。

 りをしている二人の方を見ると、二人とも竿さお集中しゅうちゅうしている。

 すわっている石のそばには警護役けいごやくのオオカミが二匹にひきいた。……はなれても大丈夫だいじょうぶそうね。

 二人にがつかれないように水の中に入った。

 んだ水の中には、流木りゅうぼくらしきものとか、いわころがっていて、そこかしこにさかなたちがいる。

 場所ばしょによっては、水草みずくさが まるでみどりのじゅうたんのようになっているところもあった。

 うまでもないことだけど、わたし空気くうきがあろうとなかろうと活動かつどうができる。

 だから、長時間ちょうじかん、もぐっていても平気へいきよ。

 そのまま、水中すいちゅう風景ふうけいをながめながらおよいでいくと、まえほうに小さなほこらがあるのが見えてきた。

 なにやらうっすらと水色みずいろひかりびている。

 そっとほこらのまわりを一周いっしゅうしてみる。……ふむふむ。

 どうやら、このほこらは、大地だいちながれる魔力まりょくながれ、――竜脈りゅうみゃくからすこしずつエネルギーをし、魔力まりょくえて水の中に放出ほうしゅつしているようだ。

 一種いっしゅ装置そうちね。

 納得なっとくしたところで、ほこらに一つのシンボルマークがあることに気がついた。

 ……う~ん。これは、つきのマーク?

 そういえば、わたしたちはトラップでたけど、このダンジョンってなんなのかしらね?

 ともあれ、なぞがとけたわたしはそこからはなれ、もとの水辺みずべもどる。

 たぶん、このダンジョンで怪我けがをした人ばかりだけでなく、動物どうぶつたちにとっても、ここの水はいやしの水になっているはず。

 下手へたさわらない方がみんなのためになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。