20.ダンジョン探索

 ダンジョン生活せいかつ、3日目。

 今日きょうからいよいよオブライエンさんの手記しゅき参考さんこうにしながら、脱出だっしゅつかって洞窟どうくつに入るようだ。

 洞窟どうくつの入り口でオオカミたちがさびしそうにている。

 わかってる。あなたたちもそとたいわよね。……無事に脱出だっしゅつしたら、転移てんいでやってくるから、それまでってて。

 わたしはそうおもいながら、オオカミたちの見送みおくりをけて、ヒロユキとコハルと一緒いっしょ洞窟どうくつに足をれた。

――――

 不思議ふしぎ洞窟どうくつのなかは、ところどころのかべがうっすらと発光はっこうしていて、まったくのくらというわけじゃなかった。

 わたしくらくてもえるけど、ヒロユキとコハルもだんだんと目がなれれてきたようだ。

 コハルが緊張きんちょうしながら、

 「かべひかっていると、かえって不気味ぶきみだね」

 するとヒロユキが、

 「ふん。……たいまつがいらないから、かえってよかったさ」

つよがっている。

 ふふふ。二人とも今から緊張きんちょうしっぱなしだと、出口でぐちまでもたないわよ?

 まわりの気配けはいさぐりながら、二人のまえあるいていると、目のまえ洞窟どうくつ二手ふたてかれている。

 その手前てまえでコハルがカバンから手帳てちょうした。

 魔法まほうで小さなひかり照明しょうめいして手帳てちょう確認かくにんしている。

 「ひだりだね」

 うん。そうだね。手帳てちょうだと。……でもね。コハル。ここはみぎに行きましょう。

 わたしは、一人でさっさと右の方へとあるき出した。

 「あっ。ユッコ! そっちじゃないって!」

 あわててコハルがいかけてきて、そのうしろをヒロユキが、

 「おい! てよ!」

と言いながらついてくる。

 オブライエンさんは、みぎ通路つうろが少ししたらまりっていているでしょ?

 でもね。そのまりにかく通路つうろかんじられるわよ。

 わたし感知かんち能力のうりょくなら土中どちゅう空洞くうどうも、この洞窟どうくつのすべての通路つうろもわかる。

 さっきのかれみちは、ひだりに行くと上に行く通路つうろみぎに行くと下に行く通路つうろ。……そして、下にはあと一階層いっかいそうしかないわ。

 オブライエンさんはわからなくて左に行っちゃって苦労くろうした。左に行くと、ここから地上ちじょうに行くまで二〇階分にじゅっかいぶんあがっていかないといけないし、途中とちゅうちゅうボスの部屋へやみっつもある。

 右? 右はね。ここの下の階層かいそうがボスのいる階層かいそう。たぶん、さっきまでいた草原そうげん森林しんりんのある広間ひろまは、ボス戦前せんまえ回復かいふくポイントなのよ。

 ボスって言ったって、わたしがいれば問題もんだいないし。そのおくに行けば、地上ちじょうへの転移てんい魔方陣まほうじんがあるはず。

 「ちょ、ちょっとまってって。ユッコ! そっちはまりよ」

 ふふふ。わかっているわよ~。

 そうやっていそあしすすんでいくと、すぐにまりが見えてきた。

 うしろからヒロユキとコハルがやってきて、

 「ほらね? まりでしょ?」

 すこいきをあらげながらコハルがそういうと、ヒロユキが、

 「まったく。なにやってるんだよ。おまえは」

どくづいている。

 わたしは二人を見上みあげ、くびをかしげると、かべちかづいていく。……見つけた!

 わからないように設置せっちされている小さなボタンを、前足まえあしでポチッとした。

 ガコンっ。

 なにかがうごおとがする。

 ヒロユキとコハルがあわてたように、

 「な、なんだ?」

 「トラップ?」

 少しずつ振動しんどうが大きくなり、天井てんじょうからつちほこりがちてきて……。

 「「な!」」

 二人がおどろいたこえを上げる。まえまりのかべぐすきができると、左右さゆうひらいていった。

 わたしは どやがおかえり、二人を見上みあげると、二人ともおどろいたかおのままでかたまっていた。

――――

 「すっごーい! ユッコ」

 きをもどしたコハルが、わたしげてほおずりしている。

 ヒロユキも感心かんしんしたように、あたらしい通路つうろさきをのぞき込んでいる。

 「本当ほんとうだな。よくやったぞ!」

 

 興奮こうふんしている二人だけど、そろそろちついた方がいいわよ。……ほら、おくからアイアン・ゴーレムがちかづいているわ。

 残念ざんねんだけど、あれは二人にはおもすぎるわね。訓練くんれんにもならないから、わたしがやっちゃおう。

 二人に気がつかれる前に、気配けはい感知かんちをたよりにゴーレムに灼熱しゃくねつ魔法まほう仕掛しかける。

 熱風ねっぷうがここまでせてきて、ヒロユキが、

 「なんだ? ……もしかしてこのおくって火山かざんか何かか」

いながら、めた。

 ううん。大丈夫だいじょうぶよ。ただゴーレムをかしちゃっただけだから。

 つづいて、こっそり冷却れいきゃく魔法まほうはなち、もとゴーレムだったはずのけてドロドロした液体状えきたいじょうてつ急激きゅうげきやす。そうしないととおるときあぶないもんね。

 今度こんど冷気れいきがここまでいてきた。

 コハルがぶるっとふるえながら、

 「なんかつめたいかぜいてきたよ。なんだろう?」

 なにも状況じょうきょうらない二人は、くびをかしげている。

 素知そしらぬふうをよそおいながら、わたしはさっさと通路つうろんだ。

 それから500メートルほどすすんだところで、見た目が泥沼どろぬまのようにひろがっててつかたまっていた。そのその真上まうえにはゴーレムのコアだったらしきあかい石がある。

 ヒロユキが、

 「気をつけろ。わながあるかもしれない」

といいながら、けたてつかたまりを見つめている。

 大丈夫だいじょうぶなのにね。

 わたしはトトトッとえたてつの上をあるき、前足まえあし無造作むぞうさに赤い石をみつぶした。

 ベキッというおとを立てて、あっけなく石はくだけちった。

 「……大丈夫だいじょうぶそうね」

 コハルはそういいながら、足をすべらせないように、おっかなびっくりでてつの上をあるきはじめた。

 ヒロユキもそれにつづき、5メートルほどのてつゆかわたりきる。

 それを見届みとどけると、わたしはふたたび二人を先導せんどうするようにまえあるく。下におりる階段かいだんはもうすぐそこよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。