21.3つの試練(1)

 無事ぶじ階段かいだんを見つけ、その途中とちゅう休憩きゅうけいった。

 ダンジョンって階層かいそうごとに雰囲気ふんいきや、出てくる魔物まものわながガラッとわったりするから、その境目さかいめ休憩きゅうけいを取るのが大事だいじなことなのよ。

 まあ、わたしくらい、いろんなものを感知かんちできるようになれば、どうってことないけどね。

 折角せっかくだから、二人にこっそりと体力たいりょく回復かいふく支援しえん魔法まほうをそっとかけておきましょう。

 というわけで、とうとうやってきましたダンジョンの最下層さいかそう

 階段かいだんを下りきったまえ装飾そうしょくほどこされた大きなとびらがある。

 わたし感知かんち能力のうりょくによれば、このこうには二つの小部屋こべやがつづいたのちに、大きなひろ空間くうかんがある。普通ふつうに考えれば、ダンジョンボスの部屋へやでしょうね。

 そしてボスルームのこうに小部屋こべやが一つある。この部屋へやがくせもので、ちょっと不思議ふしぎ波動はどうかんじる。

 ちなみにボスは巨大きょだいなヒュドラのようね。あれって再生さいせい能力のうりょくたかいから、めんどくさいのよね。

 ヒロユキとコハルがとびら見上みあげている。

 コハルが、

 「ここって……」

 「ボスの部屋へやだろうな」

 「わたしたちで大丈夫だいじょうぶかな?」

 「見るだけ見てみようぜ」

 「うん……」

 りっぱなとびらにコハルはびびっているみたい。予想よそうがついていたことなので、二人に勇気ゆうきを出させるために、やる気の出る気分きぶん高揚こうよう精神せいしん魔法まほうをかけておこう。

 ヒロユキがけっして、とびらに手をそえてコハルとわたしを見る。

 「じゃあ、行くぞ!」

 「うん!」

 ギギィィとおとを立てて、よりスムーズにとびらひらいていく。そのすきから光があふれ出して――。わたしたちはバラバラに転移てんいされた。

――――

 ヒロユキが気がつくと、一人でほそ洞窟どうくつ通路つうろにいた。

 「む?」

 自分じぶん一人だけが転送てんそうされたと気がつき、すぐにこしけんに手をそえてまわりを見回みまわした。

 ヒロユキのうしろはすぐにまりのかべ通路つうろまえびる一本いっぽんのみ。

 そのまえ通路つうろおくから、足音あしおとこえる。

 「ちっ。てきか」

 ヒロユキはけんこうとした。そのとき、通路つうろおくから、

 「まて! おまえけんたたかうつもりはない」

と、どこかでいたことのあるようなおとこの子のこえこえた。

 その言葉ことばわるやいなや、あらわれたのは――、まさにもう一人のヒロユキだった。

 「お前!」

 「ははは。そうやって、いきりつなって。おれはおまえだぜ?」

 ヒロユキは、

 「ふざけんな! おれおれだ!」

うが、もう一人のヒロユキはうなづいて、

 「ああ。そうさ。おまえはおまえ。……まあ、言ってみれば、おれはおまえこころかげのようなもんだ」

 そういってかげヒロユキは、にやりとわらった。

――――

 そのころ、コハルも一人でいけのそばにたたずんでいた。

 正面しょうめんにはもう一人のコハル、――かげコハルが意地悪いじわるそうなみをかべている。

 「ねえ。あなた。いつまでほかひとたよっているつもり?」

 あざけるようなかげコハルの言葉ことばに、コハルはにぎりしめてえている。

 そこへ容赦ようしゃなくしんらつな言葉ことばがかけられる。

 「なにかえせないの? そうよね。だっていま、あなた一人だもの。一人じゃ何もできないもんね」

 「そ、そんな……。そんなことない……」

 「え? なあに? 今、なにか言った?」

 コハルは必死ひっしかおを上げた。

 「わ、わたしだって! 一人でだって」

 「何ができた?」

 「………………」

 コハルはだまってうつむいてしまう。

 「何もできないわよね。いっつも、ヒロユキやリリーがやってくれたものね」

 「……で、でも」

 かげコハルがぴしゃりとう。

 「無理むりね。自信じしんもやるもないあなたには、何にもできない。いっつもながされてばかり。……だからね。ここから先は、わたしがあなたのわりになってあげる」

 「え?」

 「わたしはずっとあなたのこころの中で我慢がまんしてたの。わたしならもっと上手うまくやれるって。だから、これからはあなたがわたしの心の中で我慢がまん……。いや、その方があなたにとってはらくよね。見てればいいんだから」

 かげコハルはわらいながら、いけからどこかへつづいていくみちあるいてく。

 「ふふふふ。そと世界せかいたのしみだわ。何にもできないコハルちゃん。もし勇気ゆうきがあるんなら、はやいかけてこないと わなくなるわよ?」

 一人、とりのこされたコハルは、うつむいて、

 「わたしは……」

とつぶやいていた。

――――

 かげヒロユキは、ヒロユキを見下みくだすように、

 「で、いつまでつよがってんだ? もうわかってんだろ?」

 「……なにがだ?」

 「おいおい。とぼけんなよ。おまえおれの仲だろ? わかってんだぜ。自分じぶんちからがないってことくらいよ」

 「はあ? なにを言ってる?」

 「だからとぼけんなって。つよがってるのも、コハルがいるってのもあるけどよ。そうしないとおまえうすっぺらだもんな。……くっくっく」

 ヒロユキはおこってかげヒロユキをにらみつけた。

 「おー。こわこわい。……本当ほんとうはエドワードみたいにつよおとこでいたいんだろ? だけど、いい加減かげんあきらめろよ。おまえにゃ無理むりだ」

 ヒロユキはこぶしにぎるとかげヒロユキになぐりかかった。

 「ふざけんな!」

 しかし、こぶしかげヒロユキをとおりぬけた。

 「ぷっ。なに一人ひとり相撲ずもうしてんだ? バカみたいによ。……理由りゆうおしえてやろうか?」

 「勝手かってってろ!」

 かげヒロユキはおもしろそうに満面まんめんみで、

 「おう。わせてもらうぜ。おまえにはエドワードにはなれねぇ。フランクやゴンドーみたいにもな。……どだい無理むりなんだよ。自分じぶんよささや無力むりょくさをれられねえやつに、つよくなる資格しかくなんてねぇ。ましてや英雄英雄なんてゆめのまたゆめだ」

 「きっさま!」

 ヒロユキはふたたなぐりかかるが、ふっとかげヒロユキの姿すがたえた。

 たたらをんだヒロユキがまわりを見まわす。

 「どこだ! かくれやがって!」

 すると通路つうろおくに、かげヒロユキがポッと姿すがたあらわす。

 「わるいけどよ。わらせてもらうぜ。……もううんざりなんだよ。おまえの心の中でおまえを見てるのがよ。おれならもっと上手うまくやれるぜ? だからおれに任せて、おまえは心の中から見てろよ。……おれ英雄潭えいゆうたんをな」

 そういってやみおくへと歩いて姿すがたえていく。

 「おまえには、そのまりがお似合にあいだ。……文句もんくならいつでもけてつぜ。えばいいけどな」

 そういって気配けはいとおざかっていく。

 ヒロユキはこぶしにぎりしめ、キッとかげヒロユキのえた通路つうろさきをにらんでいる。

 「くそ! ……おれはこんなところで……」

――――

 あれれ? ヒロユキとコハルは?

 わたし転移てんいしてきたのは、星空ほしぞらうつくしいおかの上だった。

 一本の木がえだばしていて、その木の下にあるいわの上で、一人のうつくしい女性じょせいこといている。

 月光げっこうがスポットライトのようにその女性じょせいらし、幻想的げんそうてき光景こうけいだ。

 わたしちかづいていくと、女性じょせいわたしを見てこといていた手をめた。

 「あらら? 異世界いせかい神獣しんじゅうさん? どうしてここに?」

 う~ん。説明せつめいがめんどうだわ。

 そう思ったら、女性じょせいがクスクスとわらい出した。

 「説明せつめいがめんどう? ちょっとまってね」

 女性じょせい瞑想めいそうするようにそっと目をじた。

 ……っていうか、わたしの心の声がこえたのね? 聖気せいきちているし、もしかして精霊せいれい女神めがみさまかしら。

 女性じょせいは目をじたままでうれしそうに微笑ほほえんで、

 「両方りょうほう正解せいかいよ。……わたしは月の女神めがみイシュルナ。っと、見えてきたわ」

 女神めがみイシュルナはうんうんと言いながらうなづいて、

 「なるほど。あなたは召喚しょうかんされたのね。で、今は魔王まおうがいて、あなたは召喚しょうかんぬしとともにわたしのダンジョンに来てるってわけね」

 え? ここって月の女神めがみのダンジョンだったの?

 すると女神めがみは口をとがらせて、

 「ぶー! らないできたの? まったく上の連中れんちゅうは何してるのかしら?」

不満ふまんそうにった。けれど、すぐに目をひらいて微笑ほほえんで、

 「でもまあ、よくこの世界せかいに来たわね。歓迎かんげいするわ」

 それはどうも。……ところでヒロユキとコハルはどこかしら?

 「そうよね。召喚しょうかんぬしのことが気になるわよね。……ええっと、二人とも勇気ゆうき試練しれんのところにいるみたいね」

 勇気ゆうき試練しれん

 「そ。聖剣せいけんたくすにふさわしいかどうかをためす三つの試練しれんの一つ。……ちなみにアナタは規格外きかくがいすぎるから、わたしの所へ転送てんそうされたってわけ」

 ふうん。なるほどね。状況じょうきょうがようやくわかったけど……。二人とも大丈夫だいじょうぶかしら。

 「心配しんぱいよね。でもこれは自分じぶんえないといけないのよ。……心配しんぱいなら見てみましょうか」

 女神めがみがそううと、虚空こくうにスクリーンが二つあらわれた。一つはヒロユキ、もう一つにはコハルがうつっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です