22.3つの試練(2)

 ヒロユキもコハルもどこかへかって歩いている。

 その表情ひょうじょうはどこか決意けついちた表情ひょうじょうだ。

 女神めがみがうなづきながら、

 「どうやら二人とも、自分じぶんこころかげにさんざんにけなされたみたいね」

 その説明せつめいきながら、二人とも本当ほんとう大丈夫だいじょうぶ心配しんぱいになる。

 女神めがみわらいながら、

 「あら? しんじられない? ふふふ」

 そうじゃないけど……。いや。やっぱりそうなのかな? 心配しんぱいよねぇ。

 「さすがは神獣しんじゅう正直しょうじきね。……まあ見ていなさいな」

――――

 ヒロユキが歩いて行く先には一枚いちまいとびらがあり、その前でかげヒロユキがっていた。

 かげヒロユキはニヤリとわらい、

 「もう行くところなんだが、はなしがあるならさっさとしてくれ」

 ヒロユキはいきを一つつき、かおを上げた。その目にはつよ意志いしかんじられる。

 「おまえうとおりだ。……おれ無力むりょくさ」

 かげヒロユキはせせらわらう。

 「ほらな。だから――」

 しかし、ヒロユキは一歩いっぽふみだすと同時どうじに、かげヒロユキのこえをさえぎって、

 「だけど、おまえとは交代こうたいしない」

断言だんげんした。

 「ふうん」

 「今は無力むりょくでも、おれは。おれおれのままでつよくなる。コハルや、みんなをまもれるくらい!」

 かげヒロユキは面白おもしろそうにヒロユキの言葉ことばいている。

 ヒロユキはかげヒロユキに手をさしのべた。かげヒロユキはその手を怪訝けげんそうに見つめる。

 「だからよ……。一緒いっしょに行こうぜ。おまえおれなんだろ?」

 「ふ、ふふふふ。はははは! そうさ。おれはおまえさ。……だからよ。いつもおまえの中で見てるぜ。失望しつぼうさせんなよ」

 かげヒロユキはひとしきりわらうと、そのままヒロユキの体の中にまれるようにえた。

 一人になったヒロユキは、こぶしつよにぎる。

 「わかってるさ。まかせてくれ」

 そうつぶやくと、とびらに手をかけた。

――――

 一方、コハルの方のスクリーンでも、かげコハルがとびらの前でたたずんでいた。

 「あら? 何の御用ごようかしら?」

 コハルは、かげコハルの前まで行き、正面しょうめんから相手あいてかおをじっと見つめている。

 「あなたのうとおりよ。……わたしは一人じゃなんにもできなかった。それに、そんな自分じぶんいやだったわ」

 「ふうん。ようやく自覚じかくしたわけね」

 コハルは決意けついめた目で、かげコハルを見る。

 「でもね。あなたとは交代こうたいしないわ。わたしは一人じゃない。だれかのためにわたしができることをする。……みんなでつよくなる。それがわたしだもの!」

 かげコハルは面白おもしろそうにコハルを見つめた。

 「なるほどねぇ」

 コハルはかげコハルにちかより、両手りょうてひろげてかたりかける。

 「だから、あなたもわたし協力きょうりょくして。……もっとわたしもしっかりするし、一緒いっしょに行こうよ」

 それをいたかげコハルはニヤリとわらった。

 「それがあなたの結論けつろんね。……いこと? 協力きょうりょくすることと依存いぞんすることはちがうのよ? ちゃんとあなたの中で見ているからね。ダメだと思ったら、すぐにあなたをるからね」

 コハルがにっこり微笑ほほえんだ。

 「もちろんよ。だって、あなたもわたしだもの」

 かげコハルは、

 「わかってればいいのよ」

と言いながら、両手りょうてひろげたコハルの中にまれていった。

 コハルがこぶしにぎる。

 「ええ。ちゃんと見ていてちょうだい。あなたがいるかぎり、わたしは一人じゃないんだから」

そうつぶやいたコハルがとびらひらいた。

――――

 月の女神めがみが、ぱちぱちと小さく拍手はくしゅした。

 「お見事みごとね。二人とも勇気ゆうき試練しれんはクリアしたわ」

 わたしもスクリーンで見ていて、思わずそっといきをはいた。よかったわ。とくにコハルなんてどうなるかと……。

 ふと気がつくと女神めがみ面白おもしろそうにわたしを見ている。

 「そろそろ、あなたも行かなきゃいけないでしょ?」

 あっ。そうだわ。……でもどうすればいいのかしら?

 「安心あんしんして。……だってあなた、もう半分はんぶんくらいわたしたち神様かみさまみたいになってるから、ただねんじればいいのよ」

 ねんじれば?

 「そう。……二人のところへってね」

 なるほど。……女神めがみさま。二人はこの試練しれんで一つつよくなったわ。ありがとう。

 女神めがみは手をって、

 「おれいなんていいって。……二人が自分じぶんえたんだから」

 ふふふ。でもありがとう。そろそろわたし、行くわ。

 「ちょっとのあいだだったけど、異世界いせかいからきたひと? とおはなしできてよかったわ。たのしんでいってね」

 ええ! じゃあ、またいずれ。

 わたし女神めがみにそう言うかけると、そっとねんじた。――二人のところヘ!

――――

 女神めがみ転移てんいしていったユッコを見送みおくると、ふたたことに手をそえた。

 「異世界いせかい神獣しんじゅうユッコか。……ふふふ。今度こんど会ったときには、是非ぜひ、あのつややかな毛をモフらせてもらわないとね」

 そして、ことをかきらし、うたうたした。

――――

 すっと転移てんいした先は洞窟どうくつのなかの小部屋へや。どうやらあの大きな門をくぐった先の小部屋へやみたいね。

 ヒロユキとコハルも同時どうじ転移てんいしてきて、慌ててキョロキョロとまわりを見まわしている。

 おや? こうして二人を見ると、まるでレベルが上がったかのように存在感そんざいかんつよくなっているのがわかる。

 やっぱり勇気ゆうき試練しれんえたからだろうね。

 「コハルもユッコも無事ぶじだったか?」

 「ええ。ヒロユキも?」

 ――それから二人はどんな試練しれんがあったかをはなし合っていた。

 この部屋へやてきもいなくて安全あんぜんなようだけど、なにやらつぎとびらのところに水場みずばがある。

 ……どうやら知恵ちえ試練しれんみたいね。

 次の部屋へやとびらに行くと、そのとびらにはこういてあった。

 かわべりに小舟こぶねが一つおいてある。

 そこへ、オオカミとひつじれ、リンゴのはいったふくろった男がやってきた。

 小舟こぶねちいさく、一度いちどに、おとこともう一つの荷物にもつしかはこぶことができない。しかも、オオカミとひつじだけにすれば、ひつじはオオカミにべられてしまう。ひつじとリンゴだけを一緒いっしょにしておけば、リンゴはべられてしまう。

 おとこ無事ぶじ荷物にもつをうしなうことなく、むこうぎしわたるためには、何回なんかいかわ横断おうだんしなければいけないだろうか。

 このさきすすもうとおもうものは、その回数分かいすうぶんだけノックせよ。

 もし間違まちがえたならば、たちまちにこの部屋へやは水にざされるであろう。」

 リドルだ。見ると、問題もんだいぶんよこにドアノッカーがついている。

 ……厄介やっかいね。

 整理せいりしてみましょうか。

 1.一度いちど小舟こぶねれるのは、おとこ荷物にもつ一つ。

 2.オオカミとひつじだけにしてはいけない。

 3.ひつじとリンゴだけにしてはいけない。

 ヒロユキとコハルはリドルをんでうなっている。

 えっと。多分たぶんあたまの中だけでかんがえてると無理むりっぽいわよ?

 そうおもって二人を見ていると、ヒロユキが、

 「わからん……。コハルは?」

 「さっぱりね。どうしよっか」

 ……全然ぜんぜん、ダメってかんじね。仕方しかたない。ちょっと手伝てつだいましょうか。

 わたしは足のツメを出して、地面じめん二本にほんせんを引いた。

 するとヒロユキとコハルがこっちを見る。

 らんぷりして、ゆかにころがっている石を四つくわえて、はしっこにいた。

 それを見たコハルが、「あっ」と何かひらめいたようだ。

 「そっか。せん一番いちばん左側ひだりがわがこっちのきし一番いちばん右側みぎがわこうぎしせんせんあいだかわってことね」

 ヒロユキもわたしが何をしたいのかわかったようで。

 「なるほど。で、この石が、男とオオカミと羊とリンゴってわけか」

 「実際じっさいうごかしてかんがえてみましょ?」

 それから二人はああでもないこうでもないと言いながら、石をうごかしている。

 わたしすわりながら、二人がこたえを出すのをじっとつことにした。

 これも二人の試練しれんだからね。

 ちなみにこたえは7よ。わかるかしら?

 まず男が羊をはこぶ(1)。

 一人でもどってくる(2)。

 次にオオカミをはこぶ(3)。

 羊をれてもどってくる(4)。

 リンゴをはこぶ(5)。

 一人でもどってくる。(6)

 羊をつれれてわたる(7)。

 ね? 簡単かんたんでしょ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。