23.3つの試練(3)

――――

 それからしばらくして、ヒロユキが立ち上がり、

 「よし! わかった!」

 コハルもつかれた様子ようすかくさずに立ち上がって、

 「そうね」

 どうやらこたえが出たみたいね。

 ヒロユキがドアノッカーのところに行き、コハルをかえる。

 「いいな?」

かえすと、コハルがうなづいた。

 ヒロユキがゆっくりとノッカーでドアをたたく。

 1、2、3……。

 「6と。これでよし!」

 ちょっとったぁ! よしじゃなーい!

 わたしはすぐにびかかって、最後さいご一回いっかいのドアノックを尻尾しっぽ無理むり矢理やりたたいた。

 それを見たヒロユキとコハルがあおざめる。

 「おい!」「ちょ、ちょっと! ユッコ、ダメ!」

 それはこっちのセリフ! なにかぞ間違まちがいしてるのよ!

 部屋へや全体ぜんたい震動しんどうはじめ、二人がっておびえている。

 とびらつよい光をはなち、どこからともなく女性じょせいこえこえてくる。

 「せ、正解せいかいよ」

 女神めがみこえだ。気のせいかわらいをこらえているようにこえる。……見ていたわね。きっと。

 それをいたヒロユキとコハルはほっとむねをなでろし、あわててたがいからはなれた。

 そして、微妙びみょう表情ひょうじょうかお見合みあわせ、

 「もしかしておれたちの方がまちがってた?」

 「……みたいね。ユッコの方があたまがいいってことよね……」

 はあ。もっと勉強べんきょうをしっかりしてよね。あやうくぬところだったじゃないの!

――――

 二人は気持きもちをえるために、少し休憩きゅうけいするようだ。

 さっきの問題もんだい間違まちがえたけど、判断はんだん間違まちがっていないと思う。だって次は……、多分たぶんちから試練しれん、ボスルーム。ヒュドラが相手あいて

 わたし前足まえあしでそっととびらをさわる。

 むこうの部屋へやには、たしかに体長たいちょう15メートルもの巨大きょだいなヒュドラが中央ちゅうおうかまえている。

 っていうか、二人じゃ無理むりね。ちょっとズルをするようでわるいけど、女神めがみさま期待きたいするなら将来しょうらいの二人におねがい。

 わたしは心の中でそうねんじて、とびらしに石化せきか魔法まほうでヒュドラの心臓しんぞういしにした。

 ヒュドラは巨体きょたいだけに、すぐには気がつかなかったようだけど、血流けつりゅうってねむるように目をじて地面じめんそべっていく。

 ……はい。退治終了たいじしゅうりょう耳元みみもと女神めがみが、「もう。しょうがないな」っていうこえこえた気がするけど。多分たぶん、気のせい。

 二人が気合きあいを入れて、そばにやってきた。

 「コハル。行くぞ!」

 「うん」

 そして、ゆっくりととびらひらいてなか瞬間しゅんかん

 「「ヒッ」」

いきをのんでかたまった。そのあし恐怖きょうふふるえている。

 あれ? もう退治たいじしちゃったけど。もしかしててるって思っている?

 ヒロユキが小さなこえでコハルにささやく、

 「どうやらてるみたいだ。絶対ぜったいこすなよ」

 「うん。……ねぇ。ヒロユキ。あっちの出口でぐちとびらいてない?」

 「え? 本当ほんとうだ。開いてる」

 「だからさ。そっとしずかにとおけて、行っちゃおうよ」

 ……あのう。もうんでるんだけど。

 そう二人に言いたいけど、言えない。

 二人はヒュドラがているうちにと、そろりそろりと部屋へや壁伝かべづたいに反対側はんたいがわにある出口でぐちかっていく。

 しょうがないから、わたしもそれについてあるいて行く。なんだか釈然しゃくぜんとしないけどね。

 さいわいにというより、たり前だけど。無事ぶじ出口でぐちにたどりいた二人は、そっと最後さいご部屋へやに入っていく。

 わたしうしろをいて、ヒュドラを見て、もったいないから魔法倉庫マジック・ガレージにヒュドラの死体したい収納しゅうのうした。

 一瞬いっしゅんでヒュドラの巨体きょたいがかきえる。……これでよし。ヒュドラのにくってあぶるとおいしいのよね。二人はいらないみたいだし、わたし食料庫しょくりょうこのストックに入れておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。