24.聖剣の間

 二人におくれてわたし部屋へやに入ると、うしろでとびら勝手かってまった。

 最後さいご部屋へやは、今までの岩をくりぬいた洞窟どうくつふうではなく、おごそかな神殿しんでんのような白い大理石だいりせき部屋へやだった。

 先に入った二人は部屋へや中央ちゅうおう鎮座ちんざしている一本のけんに目が釘付くぎづけになっている。その剣はさやに入っているけれど、あわい光をはなっている。

 あれが女神めがみっていた聖剣せいけんね。

 見たところ装飾そうしょくがないシンプルなけんのよう。たしかに不思議ふしぎな力の波動はどうかんじる。……前にかんじた波動はどう正体しょうたい聖剣せいけんだったみたい。

 ヒロユキが、

 「なあ、あれってこのダンジョンのおたからだよな?」

とコハルにたしかめる。コハルも聖剣せいけんに心をうばわれたように、

 「うん。そうだよ。たぶん」

った。

 ヒロユキがおそるおそる聖剣せいけんちかづき、そっと手をばす。

 その時、ヒロユキの手が何かにはじかれた。

 どこからともなく、男性だんせい女性じょせいかわからないこえこえてくる。

 「試練しれんえしものよ。われ聖剣せいけんフラガラッハなり」

 へぇ。意思いしのある聖武器せいぶきなわけね。

 わたしはそれをきながら、のんきにかんがえていたが、ヒロユキとコハルがものすごくおどろいている。

 「も、もしかしてけんがしゃべっているのか?」

 そういうヒロユキに、聖剣せいけんフラガラッハは、

 「なり。されどなんじら二人は、われをふるうにいまだ力およばざる。……ねがわくば、われ使つかいこなしうる勇者ゆうしゃのもとへ」

 そうか。この剣は聖剣せいけんはら希望きぼう武器ぶきだものね。たしかに、魔族まぞくたたかうあの勇者ゆうしゃの女の子が使つかうべきでしょうね。

 二人とも同じことを思ったようで、コハルがヒロユキに、

 「ねえ。キョウコおねえちゃんにとどけてあげようよ」

うと、ヒロユキもうなづいて、聖剣せいけんに、

 「間違まちがいなく、キョウコおねえちゃんのところまでれて行くよ」

かたりかけた。

 「ならば、そなたらにも力をあたえよう」

 聖剣せいけんはそういうとまぶしく光った。……うん。聖剣せいけんうように、二人の身体しんたい能力のうりょくが上がったみたい。

 その光がおさまり、ヒロユキがふたたび手をばす。今度こんどはじかれずにささげるように両手りょうてち上げた。

 「……すごいな」

 コハルもヒロユキのとなりに立って、剣を見ている。

 「ねえ。ヒロユキ。いてみて」

 コハルに言われてヒロユキが、「ああ」とうなづいた。

 おそるおそるつかに手をそえて、そっと引き――けなかった。

 「え?」

 いぶかしげなこえをあげるヒロユキに、コハルが、

 「どうしたの?」

 「けないんだ。このけん

 ヒロユキが何とか剣を抜こうと力をめるが、どうやらビクともしないようだ。

 「資格無しかくなものわれけぬ」

 ふたた聖剣せいけんこえがした。

 ……まあ、そうね。まだまだ力不足ちからぶそくだもんね。

 わたしはそうおもいながら、みょうにかしこまる二人を見ていた。

――――

 二人は他にこの部屋へやに何かないか見て回ったが、残念ざんねんながら何も見つけられなかったようだ。

 わたしは、二人がいたころを見計みはかららってちかよると、そのまま二人をみちびくように、おくかべかった。

 そこには、地上ちじょうへの転移てんい魔方陣まほうじんえがかれているから。

 コハルがうしろをついてきながら、

 「あ。それってもしかして……」

とつぶやく。

 「地上ちじょうへの転移てんい魔方陣まほうじんだな」

 ヒロユキがそういうと、二人は次第しだいあしになっていく。

 ふふふ。これでようやくかえれるもんね。

 魔方陣まほうじん手前てまえでコハルが、

 「でもこれって、どうやればいいのかな?」

としゃがんだ。

 すると聖剣せいけんが、

 「魔方陣まほうじんの上にるがいい。われ起動きどうしよう」

った。

 わたし起動きどうしても良かったけど、まあ、ここはまかせようか。

 二人と並んでわたし魔方陣まほうじんの上に立つと、自然しぜん魔方陣まほうじんが光りはじめ、ぶううぅぅんという音がしはじめた。

 コハルが片手でわたしげ、もう片方の手でヒロユキと手をつなぐ。

 ヒロユキがわらった。

 「よし。かえろう!」

 わたしたちは光につつまれて転移てんいした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。