25.炎上する村

 転移てんいした先は、わたしたちがトラップに引っかかった神官しんかんさんのいえ裏手うらてだった。

 ちょうどよるだったようだが……。むらが火にえていて、赤いほのおいろ黒々くろぐろとしたけむりいろまっている。

 「な! これは」

 「きゃあ!」

 二人がおどろきのこえをあげた。

 聖剣せいけんがするどく、

 「気をつけよ! 魔族まぞく襲撃しゅうげきぞ!」

注意ちゅういをうながした。

 モクモクと黒煙こくえんが立ちこめ、家々いえいえが火にかれている。むらのあちこちで、ダークエルフたちとくろつばさ尻尾しっぽを持つ魔族まぞく魔物まものたたかっている。

 うん? 気配けはい感知かんちを広げると、むらの中に予想外よそうがいの人たちの気配けはいをひろうことができた。

 これはキョウコやエドワードたちね。

 「あなたたち! 無事ぶじだったの?」

 うしろを見ると、そこには結界けっかいっているファミーユがいた。結界けっかいの中には、まだ小さいダークエルフの子供こどもたちがいる。

 「はやくこっちへ!」

とファミーユがさけんだその時、くろけむりの中から何かにはじかれるようにゴンドーがんできた。

 「ぐおっ」

 ゴンドーは地面じめんころがりながら、ちょうどヒロユキたちのまえまり、すぐに立ち上がって大斧おおおのかまえる。

 その視線しせんの先からは、一人の筋肉質きんにくしつ魔族まぞくあらわれた。魔族まぞくは、ゴンドーのうしろにいるわたしたちやファミーユたちを見てニヤリとわらった。

 「ほう。こんなところに丁度ちょうどいいにえがたくさんいるじゃないか」

 そのこえに、ゴンドーは、いま、気がついたようにうしろを見る。

 「な! ヒロユキ! コハル!」

 そのすきいて魔族まぞくんできた。あぶない!

 わたしび出そうとした瞬間しゅんかん、ヒロユキの手の聖剣せいけんさやに入ったままんでいき、魔族まぞくをはじき返した。

 「ぐううぅぅ」

 聖剣せいけんふたたびヒロユキの手にもどる。

 それを見たコハルが思わず、

 「すごい……」

とつぶやく。ゴンドーも目をまるくして聖剣せいけんを見たが、すぐに気を取り直して魔族まぞくの方にきなおった。

 魔族まぞく忌々いまいましげに剣を見て、

 「なんだその剣は?」

警戒けいかいしながらいった。

 結界けっかいの中でファミーユが、「ま、まさか」とつぶやいているのがこえた。

 ……さて、状況じょうきょうがよくわからないけれど、あの魔族まぞく。やっちゃっていいよね?

 いつものごとく、ばれないように。――爆発エクスプロージョン

 突然とつぜん爆音ばくおんとともにゴンドーの正面しょうめんにいた魔族まぞく爆発ばくはつまれた。

 「ぐおおおおー」

 ボロボロになった魔族まぞくがそこにうずくまる。

 それを見たゴンドーがおどろきながら、「ダークエルフの魔法まほうか……」とつぶやいた。

――――

 「ええ! エドワードたちがきてるの?」

 「おねえちゃんも一緒いっしょなの?」

 ゴンドーからはなしいたヒロユキとコハルがおどろきのこえを挙げる。

 ゴンドーが手短てみじかにはなしてくれた内容ないようによると、

 勇者ゆうしゃキョウコと一緒いっしょに、エドワードたちもこの魔大陸またいりくダッコルトにやってきたらしい。

 けれど、このもりちかくで、魔王まおう四天王してんのうせにあってたたかうも敗戦はいせん。森にんだ。

 四天王してんのう追撃ついげきによってダークエルフの村の結界けっかい破壊はかいされ、今、村の中でダークエルフたちと協力きょうりょくしながら四天王してんのうたたかっている最中さいちゅうというわけ。

 感知かんち能力のうりょくで村の中をさぐる。

 ……なるほど。たしかに大きな力を持つ魔族まぞく反応はんのうが四つ。それとたたかっている人たちは一箇所いっかしょにあつまっている。これがキョウコやエドワードたちだろう。

 ゴンドーはいそいでみんなの所ヘはしっていった。

 ファミーユが結界けっかいに入れとっているけど、ヒロユキもコハルもそれをことわった。

 「おれたちも一緒いっしょたたかう!」

 「それにこの剣をおねえちゃんにとどけないとね」

 ファミーユがおこったように、

 「何をってるの! あなたたちまだ子供こどもなのよ!」

うが、二人とも絶対ぜったいがらない。

 聖剣せいけんフラガラッハが、

 「おぬし気持きもち、ありがたけれど、われ勇者ゆうしゃもとへ行かねばならぬ。……そなたらは下の聖剣せいけん避難ひなんするがよい」

うと、

 「ちょ、ちょっとぉぉ――」

というファミーユのこえ無視むしして転移てんいさせてしまった。

――――

 さて、ではわたしたちもゴンドーのあとって、合流ごうりゅうしましょう。

 こっそりと二人に隠密おんみつ魔法まほうをかけ、村の中に入りんだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。