27.聖剣の力

 カロンが、

 「はははは。剣を失って終わりかと思ったが、まだまだ楽しめそうだな」

とうれしそうに魔剣まけんかまえた。

 「行くぞ。をすすれ! ダーインスレイブ!」

 コマンドワードを唱えると、魔剣まけんが赤く脈動みゃくどうして形状けいじょうがおどろおどろしく変化へんかする。

 たいするキョウコは自然体しぜんたいで、

 「行くわよ。フラガラッハ!」

聖剣せいけんかまえた。

 二人が同時どうじに走り出し、中央ちゅうおう激突げきとつする。カロンの袈裟斬けさぎりの一撃いちげきを、キョウコはげできりかえす。

 ダーインスレイブとフラガラッハがち合った瞬間しゅんかん、光の爆発ばくはつしょうじた。

 「グワアアァァァァァ」

うらみのこえを上げながら、れたダーインスレイブの刀身とうしんがくるくると回転かいてんしながらんでいった。

 カロンが呆然ぼうぜんと手にのこった魔剣まけん一部いちぶを見る。

 「ば、バカな……」

 次の瞬間しゅんかん、カロンの体にななめのせんはしり、そこからした。

 カロンはそのままくずちる。

 キョウコもおどろきの表情ひょうじょう聖剣せいけんを見つめた。「こ、これが聖剣せいけんフラガラッハ……」

 カロンがたおされたのを見たアスタロトとテリトリは、すぐに戦闘態勢せんとうたいせいに入った。

 アスタロトのムチがキョウコにおそいかかる。

 しかし、その見えないほどはや一撃いちげきをフラガラッハが自動的じどうてきうごいてふせぐ。

 テリトリの瘴気しょうきだんもフラガラッハが容易たやすてた。

 聖剣せいけんがキョウコに、

 「勇者ゆうしゃよ。われ魔力まりょくを」

 「わかったわ!」

 キョウコが魔力まりょく聖剣せいけんに注ぐと、聖剣せいけんびる光がつよくなっていく。

 その光が臨界点りんかいてんえたとき、フラガラッハから神聖しんせい光弾こうだんはなたれ、アスタロトとテリトリにおそいかかった。

 アスタロトはひょいっと空にんでけたが、テリトリは瘴気しょうきかべでふせごうとする。

 しかし、聖剣せいけん光弾こうだんはその瘴気しょうきかべ容易たやすくけちらし、テリトリをつつんだ。

 「お、おのれぇぇ」

怨嗟えんさこえを上げながら、テリトリが消滅しょうめつしていく。

 それを見たアスタロトのひたいからあせながれた。

 「ちょ、なによ? あれは」

――――

 一方、勇者ゆうしゃがわ聖剣せいけんの力に希望きぼうもどしていた。

 みんな立ち上がって体制たいせいととのえ、キョウコのうしろで隊列たいれつむ。

 アルス、リリア、マーロン。そして、エドワードたちがアスタロトを見上みあげている。

 その時、漆黒しっこく夜空よぞらを何かがクルクルと回転かいてんしながらアスタロトの背中せなかからおそいかかった。

 「な、きゃあぁぁぁぁ」

 地面じめんちてきたアスタロトのつばさには、ゴンドーの大きなおのさささっていて、もはやべそうにない。

 アスタロトのかおいたみといかりでみにくくゆがむ。

 「わたしつばさをよくもきずつけてくれたなぁ!」

――――

 わたしはヒロユキとコハルとともに、たたかいの場所ばしょへとはしっていた。

 もう少しで到着とうちゃくというときに、突然とつぜん聖剣せいけんがひとりでにんでいく。ヒロユキとコハルは一瞬いっしゅんおどろいたものの、とにかくはしりつづけた。

 戦場せんじょうでは、キョウコたちが四天王してんのうめられているようだった。そして、そこにはなつかしいエドワードたちの姿すがたもある。

 ヒロユキとコハルは、うれしそうにいそいでエドワードたちのところへ走りっていく。

 わたし戦況せんきょうをみながらついていく。

 ……おお、すごいじゃん! 聖剣せいけん一撃いちげき魔剣まけん破壊はかいし、四天王してんのうも切り捨てたわ!

 コハルが回復かいふく魔法まほうでエドワードたちのきずをいやすと、リリーがぎゅっと華奢きゃしゃなコハルをきしめた。

 エドワードも立ち上がり、ヒロユキのあたまをぐりぐりとでる。

 「よくぞ。無事ぶじだったな。二人とも……。むかえに来たぞ」

 それをいて、強がっていたヒロユキが、かおをくしゃくしゃにして、うんっとうなづいた。

 フランクがそのかたをぽんっとたたいて、

 「今はそれどころじゃない。わってから、色々いろいろかせてもらうよ」

って、たてかまえた。

 まあ、今、四天王してんのうはそれどころじゃなさそうだけどね。

 ……うん? なにかものすごくつよいものが、ここにちかづいているわね。

 きた方角ほうがくから、すさまじいスピードで何かが接近せっきんしている。なんだろう?

――――

 キョウコがアスタロトにりかかろうとしたとき、二人の間に何かがちてきた。

 ドバアアァァン

すさまじい地響じひびきを立てて、何かがり立つ。

 その姿すがたを見たアスタロトが、

 「ま、魔王まおうさま!」

とうれしそうに名前なまえんだ。

 ……へぇ。あれが魔王まおう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です