29.怒りの鉄槌

――――

 閃光せんこうがおさまったとき、ヒロユキとコハルはそのくずちた。

 それを見た魔王まおう心底しんそこおどろきの表情ひょうじょうを見せる。

 「ば、バカな。ちりのこらぬはず……」

 たりまえよ。今の二人はわたしまもったんだから。

 ……それより魔王まおう。あんた。

 わたしのコハルに、な に し て く れ て ん の よ !

 いかりがこみ上げ、かくしていた尻尾しっぽがすべてあらわれる。

 全身ぜんしんからあふれる力が黄金色おうごんいろのオーラになって立ち上る。

 こんなにおこったのは、じつに1000ねんぶりね!

 たたかいやすいように、ミニサイズの和服わふく人間にんげん少女しょうじょ姿すがた変化へんげする。

 ……ぶっとばしてやる!

 魔王まおうかおまえ瞬間しゅんかん移動いどうし、そのでかい間抜まぬづら尻尾しっぽたたきつける。

 「ぐわあぁ!」

 つづいて、かおさえてうずくまる魔王まおうはら転移てんいし、右手にこれでもかっていうほど力をめ、魔王まおうはらを下から上になぐげた。

 「ふざけんな、この野郎やろう!」

 わたしの力が魔王まおうのなかで爆発ばくはつし、天地てんちひびかせながら巨大きょだい七色なないろの光のはしらとなった。魔王まおうは光につつまれて、

 「そ、そんなぶわぁかなぁぁぁ……」

というこえのこして消滅しょうめつしていく。

 わたし地面じめんにすたっとり立ち、うでんできっとそら見上みあげた。

 ふんっ! おもったか!

――――

 うん? なんだかみょうしずかね。

 そう思ってかえると、みんながポカンとしてわたしを見ている。

 ……ああ! そういえば変化へんげしたまんまだっけ。

 あわててもとのキツネの姿すがたもどる。尻尾しっぽもちゃんとかくして一本にする。

 てへへ。いやぁ。いっつも力をおさえていたからさ。ちょっとでも実力じつりょくを出すのは気持きもちがいね!

 上機嫌じょうきげんでコハルのところへ行くが、コハルもべたにすわんでわたし呆然ぼうぜんとみている。

 ちょ、な、なによ?

 わたしはコハルのひざの上に前足まえあしをのせて、かおをぺろぺろとなめた。

 「きゃっ。ちょ、ちょっと……、ユッコったら」

 そのこえに、うごきが止まっていたみんながわれかえる。

 キョウコが、

 「い、今のは……。魔王まおうは?」

とつぶやいた。

 あはは。ちょっと力入ちからいれすぎて、魔王まおうってば消滅しょうめつしちゃったのよね。ごめんね。お仕事しごとうばっちゃって。

 キツネのまま、素知そしらぬふうにしていると、突然とつぜん、コハルがわたし尻尾しっぽにぎった。

 っひゃあ! ちょっと何してるの?

 コハルがくびをかしげながら、

 「おかしいなぁ。さっきのはゆめかなぁ? 一本だよね」

とぶつぶつっている。

 フローレンスが大股おおまたあるいてきて、わたし見下みおろし、

 「神眼鑑定しんがんかんてい

最上級さいじょうきゅう鑑定かんてい魔法まほうわたしを見る。

 そして、おどろいたように、

 「きゅ、九尾きゅうびきつね? 最強さいきょう神獣しんじゅう?」

とつぶやいた。

 あらぁ……。バレちゃった?

――――

 それから大変たいへんだったわよ。

 みんなしてわたしをなで回すし、「おい。どういうことだ」とかめてくるしさ。

 ……ま、しゃべれないりしたけど。

 コハルもリリーから、最初さいしょ召喚しょうかん魔法まほうのことを、根掘ねほ葉掘はほかれているし。

 ようやく解放かいほうされたのは、もうあさになるころだった。

 とまあこんなわけで、この世界せかい魔王まおうは、あたまのぼったわたしが、うっかりたおしてしまいました。

 ちゃんちゃん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です