30.帰るべき場所

 「ただいま~。おかえり~」

 一人でそんなことを言いながら、コハルが王都おうとにあるホームに入っていく。

 結局けっきょくわたしのことはよくわからないってことで、魔王まおうはキョウコがたおしたことになった。

 そのため、キョウコはロンド大陸たいりくのあちこちのくにで、おいわいのパレードをすることになり、大変たいへんそうだった。

 そのパレードにはエドワードたちも参加さんかすることになっているので、ヒロユキとコハルは先に王都おうともどることにしたのだ。

 ちなみに魔大陸またいりくダッコルトで、キョウコたちと、アスタロトをあらたなおうとする魔族まぞくたちと協定きょうていむすばれ、これ以上いじょうたたかいはしないことになっている。

 まあ、のこされた魔族まぞくももともとはダッコルトの住民じゅうみんなわけで、これからは貿易ぼうえき文化ぶんか交流こうりゅうはじまるだろう。

 ロンド大陸たいりく上層部じょうそうぶいやがるかもしれないけど、たがいのことをよくえば、きっと平和へいわ関係かんけいきずいていくことができるでしょうね。

――――

 今日きょうは、なつかしの錬金術師れんきんじゅつしマリーのいえかえってきた報告ほうこくをしてきたところ。

 おばあさんはいてうれしがって、ヒロユキとコハルをきしめ、なかなかはなしてくれなかった。

 とまあ、ひさしぶりのホームにもどってきて、最初さいしょにすることは大掃除おおそうじ

 ゴホゴホとほこりせきをしながら、二人で手分てわけして掃除そうじをする。

 わたしほこりいやなので、屋根やねの上でのんびりひなたぼっこをしている。

 あたたかかい光をびながら、そろそろこうの世界せかいにももどりたいなぁとかんがえている。

 さいわいにして異世界いせかい召喚しょうかん魔方陣まほうじん解読かいどくもすでにませているし、おそらく自分じぶん一人でこうの世界せかいもどることはできると思う。

 でも、いきなりいなくなったらおどろくでしょうしねぇ。

 ちなみにキョウコはいたら、地球ちきゅうとかいう世界せかいもどるかどうかかんがえるとっていた。

 あの子の場合ばあい、おしろ魔方陣まほうじん地球ちきゅう固定こていされているから、もどることはできるらしい。はできないけれどね。

 家の中からこえる掃除そうじおときながら、わたしはそっと目をじた。ふわぁぁぁ。おやすみなさい。

――――

 「おい! ユッコ! かえってきたんなら、かえってきたっていえよな!」

 ふふふ。銀狼ぎんろうのフェンがおこっている。

 ごめんごめん。いっつもふらっと出歩であるいているから、うのをわすれていたわ。

 「ったくよ。心配しんぱいかけさせんじゃねえっての」

 あら? わたし心配しんぱいなんて必要ひつようないのにね。

 「それは、そうだけどよ。……でも心配しんぱいなのは心配しんぱいなんだって」

 そう。ごめんね。今度こんどはちゃんとってから出かけるし、もどってきたらお土産みやげって行くわね。

 「お、おう。わかりゃあいいんだ。わかりゃあよ」

 そうだ! そういえば、アンタのところ、そろそろ子供こどもまれるんだったよね。

 「……もうまれたぜ? 三日前みっかまえだ」

 やったじゃん! 三日前みっかまえか。……よし、今から見に行こう!

 「お、おい。ちょっとてよ」

 や~だよ! たないよ! 名前なまえは?

 「名前なまえか? そ、そのよ。ユッコにつけてもらおうっておもってさ」

 えっ。わたしがつけていいの?

 「お。おうよ。よめともはなしついてんだ。これも親孝行おやこうこうってやつだ」

 ぷっ。くすくす。親孝行おやこうこう? にしなくてもいいのに。

 「うっさい。わらうなよな。こっちは真剣しんけんだっつうのによ」

 ああ、ごめんごめん。

 ――――

 ―――

 ――

「ユッコ! 掃除そうじわったよ!」

 軒下のきしたからコハルがこえで、わたしは目をました。

 へんゆめを見たせいか、みょうさびしい。

 ……そうね。今度こんど、やっぱりもどろう。

――――

 それから一ヶ月いっかげつった。

 ワイバーンの襲撃しゅうげきけた王都おうと復興ふっこうも、順調じゅんちょうすすんでいて、人々のらしももともどりつつある。

 今日きょう、ようやくエドワードたちがかえってきた。

 さっそく帰還きかんのおいわいのパーティーをすることにしたら、なぜか勇者ゆうしゃパーティーの人たちもやってきた。

 王都おうとでの祝勝しゅくしょうパレードは明後日あさって予定よていらしいが、こんなところにいていのかしら?

 みんなでたのしくいし、さわいでいる。

 わたしはころ合いを見て、そっと裏口うらぐちからそとに出て、ほしかがや夜空よぞら見上みあげた。

 すると、キョウコが裏口うらぐちから出てきて、わたしのとなりにすわった。

 「ねえ。ありがとうね。おかげ無事ぶじ魔王まおう退治たいじすることができたわ」

 そういってキョウコがわたし背中せなかでる。

 しばらく沈黙ちんもくがつづき、キョウコがけっしたように、

 「……わたしね。あと一週間位いっしゅうかんくらいしたら、地球ちきゅうもどることにしたわ」

告白こくはくした。

 「こうにはおとうさんもおかあさんもいるし、友達ともだちも。学校がっこうもあるしね」

 うんうん。気持きもちはわかるわ。わたしだってたようなものだもん。

 キョウコは体育座たいいくすわりになった。

 「こっちにもお友達ともだちはできたんだよ。それがさびしいけど。やっぱりこっちはわたし世界せかいじゃないから……」

 キョウコはわたし見下みおろし、

 「だから、ほかひとがいないところでおれいが言いたかったんだ。ありがとうね」

 ふふふ。この子もい子よね。

 わたしはそっと、おまもりがわりに尻尾しっぽの毛をいて、キョウコのかみまぎませた。

 あのが、きっと地球ちきゅうもどっても、キョウコを守ってくれるわ。そうねがいをこめて。

 それに、いつか地球ちきゅうへもあそびに行ってもいいわね。

 わたしとキョウコはそのまましばらくりそって、星空ほしぞら見上みあげていた。

――――

 そらにはけるような青空あおぞらが広がっている。

 けるかぜ気持きもちいい。

 おかの上の大きな木の下に敷物しきものをひいて、コハルが、はなれたところで訓練くんれんしているエドワードとヒロユキの姿すがたをのんびりとながめている。

 ……じつはここ。コハルのゆめのなか。

 わたしはのんびりすわっているコハルの正面しょうめんすわる。

 「ユッコ? どうしたの?」

 コハルのひざの上に前足まえあしせて、

 「あのね。コハル。わたしね。こっちの世界せかいきだけど。もといた世界せかいきなの。……だから、――――してもいい?」

 コハルは突然とつぜんしゃべりだしたわたしを見てびっくりするけど、

 「――――しても、か。……ふふふ。ユッコったら何でもありだよね。うん。わかった。いない間はさびしいけど我慢がまんする」

といって、わたしの体をち上げてぎゅっときしめた。

 「ありがとう。コハル」

 「ううん。いいのよ。もとはわたし召喚しょうかんしちゃったんだし。……それにユッコがいたおかげ平和へいわになったものね」

 そういうコハルのくびもと鼻先はなさきめると、コハルはスリスリとわたしにほおずりをしてきた。

 「ユッコってお日様ひさまにおいがするよね。ふふふ。大好だいすきよ」

 「わたしもよ。コハル。大好だいすき」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。