31.エピローグ

 「ただいま! フェン。元気げんきにしてた?」

 わたし異世界いせかい転移てんい魔法まほうで元の世界せかいもどると、ちょうどそこに銀狼ぎんろうのフェンがいた。

 「ユッコ! ユッコユッコユッコ」

 おどろいたフェンがわたし名前なまえ連呼れんこしながら突進とっしんしてくる。

 ちょ、ちょっといて、ね?

 「心配しんぱいし……、いや心配しんぱいはしてなかったけど。どこ行ってたんだ?」

 「ちょっと異世界いせかいまでね」

 「はあ? 異世界いせかい? ……ユッコならありうるか?」

 すっとんきょうなこえを上げたフェンだったが、みょう納得なっとくしたようだった。

 「でね。フェン。ちゃんといてね。……わたしね。こうの世界せかいでもお友達ともだちできたから、これからこっちとこうとして生活せいかつすることにしたの」

 「え? ちょ、ちょっとまてよ? じゃあ、ここのユッコのいえはどうすんの?」

 「いないあいだはあんたが管理かんりしなさい。みんなのリーダーもよ。いい?」

 フェンはいやそうに、

 「えー! めんどくさい。……けどわかったよ」

う。

 「だってよ。古代竜エイシェント・ドラゴンのじいさんがんじゃってから、いなくしたみたいに、ユッコんでたもんな。……おれはそんなユッコも見たくないし。今はきしているみたいだ」

 そっか。フェンのくせにわたしを見ているじゃないの。

 ちょっとずかしくなったわたしは、かくしで、

 「というわけで、すぐにこうに行くから、あんたの子供こどもを見せなさい。……もうまれたんでしょ?」

 「……なぜってる?」

 「こたえはわかってるでしょ?」

 するとわたしとフェンのこえかさなった。

 「「わたし(ユッコ)だから!」」

 さあ、フェンのかわいい子供こどもにつける名前なまえ。何にしようかなぁ。

 わたしは、行ったり来たりするこれからの生活せいかつを思って、心がウキウキしながら、フェンの家にかった。

 おわり


これでユッコの大冒険は終わりです。
最後まで、お読みいただき、ありがとうございました。

夜野うさぎ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です