32 二重奏

 碧霞の家の庭に敷物を出し、その上で春香と碧霞が並んで七弦琴しちげんきんを弾いている。

 春香が弾いている琴はここに持って来た俺たちの琴。そして、碧霞の引いているのは彼女の成人のお祝いに贈った琴だった。

 気持ちよく晴れた空に、親娘2人の奏でるメロディーが響きわたっていく。

 その姿を見ながら、俺は豊邑に帰ってきた日のことを思い出していた。
 街の門をくぐり大通りをとおりぬけ、そして、碧霞の家が見えてきた時、彼女は玄関先でぼうっとしていた。

 きっと毎日帰りを待っていたのだろう。それが俺たちか子牙くんかわからないが。
 近づいていく俺たちに気がついて、目を見開いて立ち上がる。笑って手を振ると、必死の形相でこっちに走ってきた。

「お帰りなさい」

 息を切らせながらそう言う碧霞の頭を、右手でがしっと撫でる。髪がくしゃくしゃになろうと構わずに。「よしよし」と。

 春香がニコニコしながら、
「た~だいま。あなたの旦那さんも大丈夫よ」
と言うと、なされるがままだった碧霞が、ガバッと顔を上げた。乱れた髪をそのままに、その目尻にうっすらと涙を浮かべている。
「パーパ、マーマ。……ありがとう!」

 碧霞をぎゅっと抱きしめて、そのまま頭をぽんぽんと叩いた。
「気にするな」
「うん――」

 あの小さな碧霞がこんなにも大きくなった。恋をして、そして結婚して、人として成長して。……それでも甘えんぼうで。

 ――ゆったりとした曲調から、まるで嵐が来たかのように激しく弦をかき鳴らす2人。

 張りつめた弦の上を2人の指が動くたびに、ジャランジャランと繰り返し繰り返し、波に波が重なるように、次々に音が奔流となって俺の身体を通り抜けていく。

 激情に胸が焦がれるような、強い風に吹かれているような感覚。

 目を閉じると旅をしてきた大陸の景色が思い浮かぶ。連なる山々に、ゆったりと流れる大河。そして、一面に広がる田んぼ。
 強い風がその悠久の大地を、どこまでも吹き抜けて行く――。

 やがて曲調が一転してゆるやかになった。

 脳裏には、朝霧のただよう静かな湖畔で漁をしている人々が見える。黎明れいめいの薄闇に山に分け入る猟師が見える。
 晴れた青空の下で広大な田んぼで農作業をしている人々、緩やかな風に柳が揺れる河岸で憩いの時を過ごしている人々が。そして、出会ってきた人々の顔がよぎっては消えていった。

 なぜだろうか。目尻が潤んでくる。色々な感情が湧いてきてしまう。

 そして、そのまま曲は余韻を残して静かに終わった。
 弦を弾く音が、ビィィィンと響き、音が消えても耳に残り続ける。
 目を開けると、そのままの姿勢で動かない2人がいる。その余韻が消えてもなお、誰一人として動き出そうとはしない。
 何か音を出してしまうと、この完璧な世界が壊れてしまうような、それがとんでもなく無作法に思えた。

 そっと春香が碧霞の方を見る。同時に碧霞が春香を見た。
 にっこりと微笑み合う2人はとても美しかった。

 静かに拍手をすると、2人の奏者は俺を見て恥ずかしそうにうなずいた。
 丁が感極まったように立ち上がり、
「すごい! お祖母ちゃんワイポ―母さんニャンも!」
とパチパチと拍手を始めた。その隣では玉さんがウットリとした表情で手を叩いている。

 うれしそうな碧霞に春香が何かをいい、俺に向かっていたずらを仕掛けようとするあの笑みを浮かべた。

 そして、そのしわが刻まれた指が再び琴に沿えられた。その指先から紡ぎ出されたのは――、
 俺と春香の歌だった。

 ちらりとこっちを見る春香。
 その視線が言っている。あなた歌ってと。

 苦笑いをしながら俺は立ち上がった。

 ――辛い出来事を見て 悲しみに心痛め

 1番とも2番の歌詞とも違う言葉。
 春香が一瞬目を見開き、その意味に気がつくと、途端にうれしそうな表情になった。
 ……そう。この歌詞はひそかに考えていた3番の歌詞だ。

 涙ながれ 心細く なる時もそばにいて
 差し伸べられた手をとって
 あなたのぬくもりを感じよう

 私は一人じゃないよ となりにはあなたがいる だから

 いくつもの夜を越えて
 その先へ その先へと 2人で行こう
 風に吹かれ 朝日を浴び
 風に吹かれ 顔を上げ
 どこまでも 一緒に行こう

 若い姿の時のような声は出せない。どこか細く感じる声量だけれど、それでも春香は構わないと思うだろう。
 そして俺にとってこの歌は、春香さえ満足してくれたらそれでいいんだ。

 ふと気がつくと、初めて聴くメロディーを覚えようと碧霞はそっと目を閉じて、小さく口ずさんでいた。
 たった一番だけの歌をうたいおえると再び丁が拍手をしてくれる。

 碧霞が目を開いた。
「……そっか。この歌。パーパとマーマの」
とつぶやいた。そのつぶやきを春香が続ける。
「オリジナルよ」

 碧霞の前で神力を使ったことがある。そして、誰よりも俺たちと長い時を過ごしている。だからか、なんとくなく俺たちの招待が人ではないと感じているようだ。
 この歌も、俺と春香を歌ったものとわかったのだろう。

「2人とも相変わらず新婚さんみたいだよね」
 どこか遠くを見るような目をする碧霞に、
「そりゃそうだ」「ね」
と2人がかりで言うと、クスッと小さく笑っていた。
「はいはい。ご馳走さま」

 春香と碧霞を中心に、丁と玉さんとが混ざっておしゃべりが始まった。
 その楽しそうな光景を眺めながら、自然と碧霞が小さかった頃のことを思い出す。
 頬がゆるむのを自覚しながら、俺もみんなの輪の中に入っていった。

 親が子を育て、その子が親となり孫を育てる。
 人の歴史はこうして続いてきたのだ。
 家族と家族とが集まって社会を作り、村ができ、街や国ができる。平和な社会を目指しつつも、戦乱を繰り返す人々。
 この時代も大きな戦争の時代だった。

 けれど、その戦争の時代にあっても、こうして互いに思い合える家族を持つことは幸せだ。
 幸せの中心は家族。そして、その家族を作るのは夫婦なのだ。

 俺は窓の外を見た。空に浮かぶ白雲がゆっくりと動いている。
 雲を動かしている風は、やがて東へと吹いていくだろう。

 ……子牙くん。そっちはどうだい。君はいつ帰ってこれるんだい?

 空に問いかけるも、そこにはただ白い雲が浮かんでいるだけだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。