1 ファンタズマの終わり

 フルダイブ型VRMMORPG「ファンタズマ」
 様々な種族になり、幻想世界ファンタズマを冒険しようというキャッチコピーのもとで流行したゲームだ。
 どこかのデスゲームと化した小説と違って、安全が確立されていたことから普及が進み、一時期は80万人のプレイヤーが登録していたというこのゲームも、次々に開発される次世代ゲームに押され、遂にそのサービス最後の日を迎えた。

 久しぶりにログインした俺は、懐かしいギルドホームのホールを眺め、今は無き仲間の姿を思い浮かべる。
 石造りの室内には、深紅の絨毯が敷かれ、天井から吊り下げられたシャンデリアが煌々と輝いている。
 受付カウンターの奥の壁には、ギルド名である「血の盟約」と書かれたサインボードが掲げられていた。入団条件は吸血鬼種族であること。ギルド長はフェンリルという、ファンタズマ80万人のプレイヤーの中でもトッププライヤーに数えられるうちの1人だった。

 ソファに座ってステータスボードを開き、フレンドリストを開くと、ギルド長としての責任を感じてか、フェンリルさんはログインしているようだ。
 早速、フレンド通信を送る。
「フェンリルさん、お久しぶりです」
「デルモント君もログインしていたんだ。今はギルド?」
「ええ。最後の日なので……」
「そっか。知っていたら、ギルドに残っていたんだけど、今、ボス巡りをしててさ」
「そうですか。ちなみに今は?」
「天界」
「うわ~。さすがというか何というか」

 レベル制限が少しずつ解放されてきたこのゲームは、最終的に150が最高となっていた。天界は、適応レベル140の最高難度のステージじゃないか。
 ちなみに俺のキャラは途中からログインしなくなったこともあって、98で中堅といったところだ。合流は厳しい。

「せっかく最後の日だから、挨拶でもと思っていましたが」
「社会人も多かったから、途中から誰も来なくなったし、私もログインしなくなっていたからねぇ。でも、久しぶりにメンバーと話せて良かったよ」
「俺もです。また別のゲームで会えたらいいですね」
「うん。――ああっとゴメン。ちょうどデウスのところに来たから」
「わかりました。じゃあ、攻略、頑張ってください」
「うん。行ってくるよ。じゃあ」
「はい。それでは」

 プツリと声が途切れ、再び静かになる。
 時計を確認すると23:40になっていた。あと20分。1人かどうかわからないけれど、高難易度ボスのデウスを倒すにはギリギリだろうか。
「でもまあ、フェンリルさんならやるだろうな」
 そう独りごちて、俺はギルドホームから外に出た。

 始まりの町ファストシティの町並みは、ちょうどゲーム内時間も夜だからか、人通りが少なくなっていた。
 街灯に照らされた石畳の道を、ゲームのスタート地点である広場に向かって歩く。途中で見かけたプレイヤーが、懐かしそうに町を見ている。おそらく自分と同じように、最終日だからと久しぶりにログインをしているのだろう。

 社会人になって最初にはまったゲームだった。途中で、新しいゲームにのめり込んでいったけれど、このゲームも思い出がたくさんある。

 広場に到着し、ベンチに座って噴水を見る。視界に浮かぶナビゲーション・ウィンドウの時計を見ると、23:58になっていた。
 日々、社会が変化していくように、ゲームの世界も技術革新がめざましく、どんどん新しいゲームが出ていた。しかし、このファンタズマも古いとはいえ、ゲーム史上に残る名作だ。このゲームの終わりは、1つの時代の終わりでもある。

 23:59

 残り1分。
 明日も早い。ゲームが落ちたらすぐに寝ないといけない。

 そんなことを思いながら、時計表示を見ていると、24:00の表示に切り替わった瞬間、異変が起きた。
 アラームが鳴り響く、ぎょっとして立ち上がり掛けたところで、「システム・エラー」というウィンドウがいくつも表れて視界を埋め尽くす。あわててステータスボードを開いて、俺はログアウトを押した。

 視界がブラックアウトし、俺はログアウト特有の意識を引っ張られるように感じ……。
 気がつくと森にいた。

「――は?」

 新緑の季節のように木々の緑がまぶしい。
 木漏れ日が差し込んで、地面にまだら模様の影を作っていて、草の影からは、うさぎがとびだした。

 いつのまに、俺、寝落ちしていたか? っていうか、ここどこだ?
 森の中特有の湿気のある空気が、木や土の匂いを運んでくる。

 どう見ても森の中です。おかしいな。俺、さっきまで……。ファンタズマにログインしていたはず、だよな。